30歳の貯金額って?30歳男女の貯金額の平均と貯金ゼロの理由

30歳の貯金額っていくらくらいなのでしょうか? 20代のうちはお給料も上がりにくいため、なかなか貯金まで回らないという人も多いでしょう。しかし、きっちり貯めている30歳もいますよね。そこで今回は、気になる30歳の貯金事情に迫ります。また30歳の中でも割と多い「貯金ゼロ」という人についても調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:30歳の貯金額は?

30歳の貯金額ってどのくらいなのでしょうか?

社会人になってから、それなりの年数が経った30歳。大学院卒業だと現役で6年程度ですが、高卒から働けば12年、4大卒でも8年程度は働いているわけです。その中で、みんなどのくらいお金を貯めているのでしょう。

知りたいけど、なかなか友達などには聞きづらいお金のこと。ちょっと覗いてみましょう。

 

2:30歳女性一人暮らしの貯金額5例

30歳女性の一人暮らしだと、どれくらい貯金があるのでしょうか。30歳女性にその赤裸々な事情を聞いてみると、さまざまな貯金事情が見えてきました。

(1)10万円

「実家が熊本県なので、親などに何かあったときに飛行機で実家に帰れるお金は死守しておかなきゃ……ってことで、10万円。つまりチケット代です。

もっと貯めたほうがいいのかもしれないけど、本当にピンチになったら絶対両親が助けてくれるって思っていて、実際、つい甘えちゃいます。この前も洗濯機が壊れたって泣き付いたら、すぐに最新型ドラム式洗濯機が届きました(笑)」(Sさん・30歳女性)

(2)0円

「東京で生活しているんですけど、何かとお金が本当にかかるんですよ。家賃や光熱費を支払うだけで軽く10万円は飛びますし。ランチや飲み会も高いし……。普通に一人暮らしするだけで、なぜこんなにお金がかかるのか、いつも疑問。

給料日前は”あと3000円で4日だから、今月も生き延びられそう!”って感じでギリギリなんです」(Mさん・30歳女性)

(3)300万円

「社会人になってから貯めたお金です。月2万円の財形貯蓄しているものと、ボーナス時に先取貯金していたものなどです。でも貯金してる!って感じではなく、とくに節約したわけでもないです。自然にですよ」(Eさん・30歳女性)

(4)1000万円以上

「自分でいくつかビジネスをやっていて、収入が多いぶん、貯金もあります。投資で増やして、貯金1億円を目指しています。

私は結婚して男性に養ってもらうみたいな感覚がないので、一生一人でも優雅に生きていきたいんです。だって人に頼って生きていたら、もしフラれたらどうするの? こわくないの?って思っちゃう。

お金は絶対に必要。男は裏切るけど、お金は裏切らないから(笑)」(Kさん・30歳女性)

(5)700万円

「結婚したいけど、いい相手がなかなか見つからなりません。だから、もしも一生独身ってことになっても生きていける老後資金を貯めなきゃって思っています!

もし結婚できたとしても、お金は邪魔になんてならないし。年間に少なくても100万円は貯めるのが目標です」(Mさん・30歳女性)

 

3:30歳貯金ゼロぼ男女の理由3つ

30歳で貯金がゼロの男女に、その理由を聞いてみました!

(1)今を楽しみたい

「将来のことを考えて、貯金をしなきゃいけないなぁと何となくは思うんですよ。でも、そんな不確定な将来よりも、今を全力で楽しみたいっていう気持ちが勝っちゃいます。

会社に着ていく洋服もいっぱい欲しいし、旅行もしたいし、ご飯会や飲み会も大好きで断りたくないんです。そんな欲求を満たすにはお金がどうしても必要なので、貯金できなくても仕方ないかぁって」(Hさん・30歳女性)

(2)結婚資金に使いすぎた

「結婚にはお金がかかるって聞いてたし、それなりに準備をしていたんですが、予想以上にお金がかかったんです。結果、貯金はゼロになるし、それでも足りなくて親に借金までしてる状態です……。

結婚生活は幸せだけど、もっと削れる部分はあったんじゃないかって、ちょっと後悔しています」(Sさん・30歳男性)

(3)失恋

「学生時代から付き合っていて、結婚の約束もしていた彼女にまさかの30歳直前でフラれたんです。今までは、その子との結婚や家庭を持つことを人生計画として貯金してきたんです。

だから、もうそんな生活が絶対に来ないんだと思ったら、今まで貯めていた300万円はもういらないものにみえて……。傷心をいやす意味も込めて、パーッと使っちゃいました。車、自転車、海外旅行、引っ越し、なんていう具合に。なくなるのは一瞬ですよ。

そして今、貯金ゼロ! でもすっきりしたし、彼女に対する未練もなくなったので後悔はありません。また次に幸せにしたい子ができたら全力で貯めます(笑)」(Sさん・30歳男性)

 

4:500万?1,000万?30歳から目標額まで貯金する方法3選

貯金がなかなかできない……という場合、まずはいつまでにいくら、という目標を決めるところからはじめましょう。それが決まったら、月にいくら、年にいくら貯めれば実現するを割り算。その目標を達成する方法を3つご紹介します。

(1)財形貯蓄

月にいくら貯めないと目標を達成できない、となったら、とにもかくにも、そのお金を残さなければいけません。それには先取り貯金が確実! お給料が入った時点で貯めるお金をプールし、それをなかったものとして1か月生活するのです。

会社員で、勤めている会社に財形貯蓄の制度があるなら、絶対使うべき! これは自動積立預金と同じ仕組みで、月々の貯蓄額を設定したら、お給料が振り込まれる前に差し引いてくれるもの。先取り貯金が半強制的にできるので、お金があると結局使っちゃう……という人にはとくにおすすめです。

しかも、一部税金も優遇され、元本の合計550万円までは非課税に。所得税分もお得に貯められるというわけです。

(2)ボーナス丸々貯金

毎年ボーナスが出ると、「やったー! 自分へのご褒美に贅沢しちゃおう♡」なんて浮かれていませんか? でもボーナスは貯金の大きな味方。一気に貯金が増える快感も味わえちゃいます。

ただし昨今の不景気で、ボーナスは絶対に出るとはz限りません。金額も多少の誤差が出てしまう可能性も。そのあたりをしっかりと考慮し、余裕のある期間を定めてみましょう。

(3)貯蓄型保険

30歳になると、そろそろ保険もしっかり考えないと……なんて思う方も多いのではないでしょうか。そんなときに、貯蓄と保険が一体型になった貯蓄型保険もおすすめ。

一定の条件を満たすとお金が戻って来たり、万が一のときには保険がおりたりとメリットも多いんです。さまざまなタイプがありますので、自分のライフスタイルに合わせてチョイスを!

 

5:まとめ

30歳の貯金額には、ゼロな人から1000万円の人まで、大きな開きができていますね。でも、まだま人生これからの30歳! 今後の努力で貯金を増やすことも可能です。貯金をしたい、老後が心配という人は、目標を決めて、コツコツ貯金を続けましょう。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!