プレゼントの渡し方!彼氏・彼女が喜ぶサプライズプレゼントの渡し方5選

サプライズ的なプレゼントやイベントごとが得意な人もいれば、思わず憂鬱な気分になってしまうほど苦手な人もいるでしょう。憂鬱な気分になる人は、喜んでほしいけど、どうしていいのかわからないということも……。そこで今回は、プレゼントの渡し方を特集!彼氏・彼女が喜ぶサプライズプレゼントの渡し方をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:誕生日やクリスマスのプレゼントは渡し方も重要!

些細なものであっても、プレゼントというものは、渡し方を工夫するだけで相手の気持ちも変わってきます。

せっかくなら、相手の思い出として残ってほしいと思いませんか? プレゼントを気に入ってくれるかももちろん大事ですが、それに加えて渡し方にも気を配ってみましょう。

 

2:彼氏彼女へ!サプライズプレゼントの渡し方5つ

ではサプライズプレゼントを渡す場合、どんな渡し方があるのでしょうか。5人の男女に話を聞いてみました。

(1)お決まり!ホテルディナーで

「彼女の誕生日には、都内のホテルのフレンチレストランを予約。眼下に広がる夜景を見ながら、お祝いしました。そしてデザートがくるタイミングで、用意しておいたネックレスを渡すことができました。

奮発して買ったネックレスだったので、演出も豪華に頑張りたいと思って。彼女の喜んだ顔が見られて、僕もうれしかったです」(Mさん・29歳男性/会社員)

(2)ドライブデートと見せかけて

「彼女が大きなダッフィーのぬいぐるみをほしいと言っていたので、1年記念日の手前でひとりでディズニーシーまで行って購入してきました。いざ、記念日当日には、車でドライブデートをしようと誘い出して、トランクにディズニーチケットを持ったダッフィーを仕込んでおきました。トランクを開けた彼女は、予想以上に大喜び! サプライズは大成功でした」(Uさん・26歳男性/アパレル店員)

(3)男旅サプライズ

「たいして物欲のない彼。誕生日に何をあげようか迷ったのですが、彼の仲いい友達たちに話をつけて、男友達と行く旅をプレゼント。もちろん、私ナシで行くツアーです。きっと、男子だけで楽しみたいときもあると思って!」(Kさん・28歳女性/会社員)

(4)彼のお家でお祝い準備

「彼氏の家を留守の間に掃除するという理由で、鍵をゲット。そして、手料理をつくって、ケーキを用意して、プレゼントはベッドの上に置いて準備完了。帰ってきた彼を盛大にお祝いすることができました。

外でお祝いするのもいいけど、お家でゆっくりお祝いするほうがなんか家族っぽくていいかなと。今の彼と結婚したいので、家庭的な女をアピールするいい機会になりました!」(Hさん・24歳女性/美容関係)

(5)遠距離サプライズ

「彼氏とは遠距離恋愛で、普段3か月に1回程度しか会えません。彼氏の誕生日は7月だったのですが、6月に都合がついたので、そこでまずディナーだけをしてお祝いを。それで、もう誕生祝いは終わったと見せかけて彼氏がずっとほしがってたバッグを購入して、7月の誕生日当日にサプライズで会いに行きました! 泣いて喜んでましたね(笑)」(Sさん・26歳女性/飲食業)

 

3:袋は?同棲している相手へのプレゼントの渡し方

同棲している相手へのプレゼントの渡し方を聞いてみると、こんな意見が。

「同棲してるので、袋なんて気にしません(笑)。そのまま渡します」(Aさん・22歳)

「買ったショップの袋のままだとブランド名ですぐバレるので、100円ショップで無地の大きめの袋を買って、その中にいれて隠しておきました」(Mさん・25歳)

「とりあえず、ベッドの中に隠しました!」(Jさん・28歳)

同棲していると、そのプレゼントをバレないようにするのが問題。いろいろ工夫している人も多かったですが、中には上記で紹介したように、家族のような存在だから渡せればいいという意見も多数。どうせなら相手をびっくりさせたいという人もいれば、とりあえず気持ちを伝えることができればオッケーという人もいました。

 

4:片思いの相手へのプレゼントの渡し方

片思いの相手の場合、変にかしこまってプレゼントを渡すと、向こうも重く感じてしまう可能性があります。なので、今後の関係を考慮して、日常的な雰囲気の中でさらっと渡すのが安全でしょう。

しかし、プレゼントを渡す際に告白をして決着をつけたい場合は、念入りなプランを練る必要があります。相手の喜ぶシチュエーションを入念にリサーチするのがいいのではないでしょうか。

 

5:子供のクリスマスプレゼントの渡し方は?

子供にクリスマスプレゼントを渡すときは、どんな方法があるのでしょうか。起きたときにベッドの横にあったり、隠してあるプレゼントを子供たちが探したり、クリスマスケーキを食べるときにプレゼントをもらったり、その家庭によっていろんな渡し方がありますよね。

 

6:まとめ

誕生日や記念日などのイベントごとは、記憶に残るもの。準備をする側もより一層気合がはいりますよね。筆者が大事だと思うのは、そこで自己満足にならないようにすることです。

相手が何を望み、どんな時間を過ごしたいと思っていのか? しっかり考えて、プレゼントを渡せるといいですね。