つけまつげのつけ方まとめ!一重の目につけまつげを上手につけるポイント

ブームを超えて、もはや定番アイテムとなったつけまつげ。でもまだまだ「うまくつけられない」「不自然になってしまう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。慣れればマスカラを塗るよりも簡単で、時短にもなるつけまつげ。今回は、その基本のポイントをまとめました。難しいと思われがちな、一重の目につけまつげを上手につけるポイントもお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:つけまつげの付け方は動画がわかりやすいの?

慣れている人にとっては簡単だというけれど、初心者にとって、つけまつげを上手につけることは難しいもの。プロセスを知るために便利なのが、動画ですよね。

しかしつけまつげのノウハウ動画は、一連の流れはわかりやすいのですが、「動画だとさらっと簡単につけてるけど、細かいところがよく分からない」「動画の通りに自分でやると、同じようにできない……」なんていう声も聞こえてきます。

実は文章のほうが、具体的に説明されている場合が多いので、動画と文字による記事の両方を、併用するのがおすすめです。

 

2:つけまつげのつけ方の基本のき!5つ

(1)自然なデザインを選ぶ

最も大切なのが、デザイン。つけまつげにはさまざまなタイプがありますが、初心者なら、もっともベーシックなデザインを選ぶのがポイントです。

例えば、太さや長さのあるデザインはボリュームアップが狙えために人気ですが、目につけるときにコツがいるため、初心者には難しい面もあります。

初心者は、自まつげとなじみやすい、ナチュラルなデザインをチョイスしましょう。

(2)自分の目の大きさ、形に合わせてカットする

つけまつげをそのまま使わず、カットすることも大切です。買ってきたつけまつげを、そのまま目に付けようとすると、長さやカーブが自分の目の幅に合わずに苦戦してしまうことも……。

つける前に、つけまつげをまぶたに置いて、目の幅からはみ出ている部分がないか確認しましょう。余分な部分は、眉毛ばさみなどでカットしましょう。

(3)使いやすいグルーをチョイス

つけまつげ用の接着剤である「グルー」の選び方も、意外と重要です。

市販のつけまつげにはグルーがセットになっている製品も多いのですが、付属のグルーだと、粘着力や持続力がイマイチ……というケースも。そのため、グルー単体で売られているものを持っておくほうがベター。

グルーにもさまざまなタイプがありますが、塗りやすい筆タイプや、速乾性に優れたものがおすすめ。また、色は透明でなく黒色のものを選ぶと、つけた部分がアイライン風になるのできれいに仕上がります。

(4)ピンセットなどで挟んでつける

つけまつげを指で挟んでまぶたにつけようとすると、つける部分が指で隠れてしまい、つけにくいと感じることも。

初心者や不器用な人は、ピンセットなどで挟んでつけるのがおすすめ。つけまつげを挟む専用のメイク雑貨もあります。

(5)つけるときにはちょっと押す

つけまつげをつける場所は、自分のまつげが生えている根元の部分です。乗せるようにつけたら、ちょっとだけ押し付けるようにしてみましょう。グルーの接着力が高まります。

そして、グルーが完全に乾いたら、まつ毛コームでとかして、自まつげとなじませましょう。このひと手間を入れることで、仕上がりが格段に美しくなります。

 

3:つけまつげの外し方のコツ5つ

つけまつげを外すときにもコツがあります。そこで続いては、つけまつげを上手に外すためのコツを5つご紹介します。

(1)リムーバーを使う

つけまつげを外すとき、ついそのままペリッと剥がしたくなるのですが、肌への負担が大きいのでやめましょう。専用リムーバーを使って外しましょうね。

(2)一気に剥がそうとしない

一気にはがすのも肌へ負担をかけてしまいます。専用リムーバーでグルーをふやかし、端からゆっくりと剥がしていきましょう。

(3)ピンセットなどを使う

指でつけまつげを持って剥がしてしまうと、つけまつげが変なところで折れ曲がってしまい、再利用できなくなることも多いです。

外すときにも、ピンセットや専用のメイク道具をつかったほうがベターです。

(4)まぶたに残ったリムーバーをオフ

つけまつげを外したら、まぶたに残っているグルーはきちんと拭き取っておきましょう。グルーが残っているとまぶたに違和感が残り、肌荒れの原因にもなります。

(5)保湿ケアを欠かさない

つけまつげを日常的に使う場合、土台となるまぶたをケアしておくことも大切です。

つけまつげを使っているぶん、まぶた付近の肌には、多くの負担がかかっています。外したあとにはしっかりと保湿ケアをしておきましょう。

 

3:一重の人も安心!一重の目につけまつげを上手につけるポイント5つ

一重まぶたさんの中には「どうしても上手に付けられない!」と悩んでいるHとも多いかもしれません。

でも、コツさえつかんでしまえば大丈夫! そこで、一重でも上手につけまつげを付けるためのポイントを5つご紹介します。

(1)不自然なカールのものは避ける

一重の目の人は、まつげの目元が目立ちやすいこともあり、二重の人に比べると、まつげの存在感が出やすいです。

そのため、カール力の強いつけまつげを選んでしまうと、仕上がりが人工的に見えてしまい、違和感を感じさせしまうというデメリットがあります。カールの角度があまりないものを選ぶといいでしょう。

(2)ハーフないし目尻のみにつける

一重の目の人が目もと全体につけまつげをつけると、つけまつげが目立ちすぎてしまうので、部分的につけるのがおすすめ。

目を縦に大きく見せたい場合には、目頭と目尻にはかからないよう、つけまつげを短めにカット。黒目の上にだけ、つけまつげを盛るといいでしょう。

また、横に目を大きく見せたい場合には、黒目の端あたりから目尻までの長さにカットして、目尻にのみつけましょう。

いずれの場合も、つけまつげをつけた部分が黒目と重なるので、根元が目立ちにくくなります。

(3)まぶたの形に沿ったカーブにこだわる

一重まぶたに自然につけまつげを装着するためには、つけまつげのカーブがまぶたの形に合っていることも大事です。

装着前のつけまつげの根元を、自分のまぶたに沿った角度に微調整しておきましょう。メイクブラシのスティック部分に巻き付けてちょっと時間をおくと、カーブをつけることができます。

(4)透明グルーを使う

つけまつげの根元が目立ちやすい一重まぶたへの装着では、乾いたあとに透明になるグルーを使うこともポイントです。

つけまつげにグルーをつけたら、必ず透明になるまで待ちましょう。

(5)つけまつげの根元にアイラインを加える

つけまつげをのせた根元を目立たせないために、仕上げに上からアイラインを加えて、根元を自然になじませることも大切です。

こうすることで、根元を目立ちにくくし、より自然で美しい仕上がりが狙えます。

 

4:100均でも!初心者におすすめなつけまつげ5選と選び方

(1)「内緒のつけまつげ 01 ネコ目ナチュラル」(セリア)

極細繊維を使って作られているので、初心者でも自然な仕上がりになるなると人気のアイテム。

名前のとおり、セクシーなモテアイとして人気の「キャットアイ」を目指しやすいデザインも魅力です。

(2)「mon secret ナチュラルヌードeyes」(セリア)

柔らかく短めの毛質で作られているので、初心者がチャレンジしやすいつけまつげといえます。

目尻に向かって毛が長くなるデザインなので、横に目が大きく見え、流し目も魅惑的に。仕上がりはナチュラルなので、デートのときにもおすすめです。

(3)「ミッシュブルーミン コラボアイラッシュ」(ダイソー)

つけまつげのバリエーションが多いことでも知られている100円ショップ「ダイソー」。

中でも「ミッシュブルーミン コラボアイラッシュ」は、つけまつげの軸の柔らかさに定評があり、初心者でも扱いやすいアイテムとして人気です。

まつげ部分の毛質も柔らかいので、自まつげになじみやすいというのもポイントです。

(4)「ガールズシークレット 4」(エリザベス)

プチプラながらも、エアリー感が秀逸な「ガールズシークレット 4」は、約1000円という価格で2ペア入っています。

とにかく自然なので、つけまつげを装着していることを知られたくない“こっそりつけま派”の女性たちにも大人気のアイテムです。

(5)「アイラッシュ ナチュラル」(スプリングハート

1ペア入りで500円でお釣りがくるプチプラ価格ながら、「太めの軸にアイライン効果がある」「デカ目に見える」と、ファンの多いアイテムです。

軸が細いつけまつげだと、目に装着する際に「軸が折れちゃった……」という失敗もよくありますが、その点でもこのアイテムは心配なし!

「まずは軸のしっかりしたもので練習したい!」という人にとっても、便利なつけまつげです。

 

5:つけまつげを上手に使ってモテeyeに♡

つけまつげは、つけ方のコツさえ掴んでしまえば、まつエクよりも手軽に、魅力的な目もとをつくりやすいアイテムです。

グルーで着脱できることから、毎日自由につけ替えできる便利さがありますし、職場での華美なメイクを控えたい方にとっても、アフター7のデートの強い味方になってくれるはず!