お酒が強いかどうかわかる診断!お酒強い女子と弱い女子、どっちがモテる?

自分、あるいは相手が「お酒が強いか弱いか」が気になったことありませんか? そもそも、どこからがお酒が強いと言えるのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートをもとに、お酒に対する強さをテーマにお送りします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:何杯飲めるとお酒が強い人?みんなの基準を聞いてきた

「お酒が強いかどうか」談義になると、必ず出てくるのが「〇〇を何杯飲めるかどうか」ということですよね。

そこで『Menjoy!』では、お酒に対する強さに関するアンケート調査を、20代以上の女性500人を対象に行ってみました。「ビールやサワーを何杯以上飲めれば、“お酒が強い人”だと思いますか?」という質問に対する回答は、以下になります。

 

1杯・・・37人(7.4%)
2杯・・・17人(3.4%)
3杯・・・71人(14.2%)
4杯・・・34人(6.8%)
5杯・・・205人(41.0%)
6杯・・・27人(5.4%)
7杯・・・16人(3.2%)
8杯・・・15人(3.0%)
9杯・・・2人(0.4%)
10杯・・・59人(11.8%)
15杯・・・3人(0.6%)
20杯・・・6人(1.2%)
それ以上・・・8人(1.6%)

いちばん多かった回答は5杯以上というもの。ここをひとまずの基準と設定しておきましょう。

 

2:赤くなる人は弱いの?お酒が強いかどうかわかる診断

お酒に強いかどうかがわかる診断になる基準を、看護師の大木アンヌさんに聞きました。

(1)5杯以上飲んでも大丈夫か

大木:先ほどのアンケート結果では、ビールやサワーを5杯以上飲める人がお酒に強い基準としていましたよね。それに即して、自分は普段どれくらい飲んでいるかを思い返してみてください。5杯以上というのは、あくまで全体の平均の意見ですが、一般的にいっても、お酒が強いといえるのではないでしょうか。

(2)男性か女性か

大木:アルコールの分解スピードには個人差があることがあることは多くの人が知っていることでしょう。それに加えて、男女差があるのを知っていますか? 厚生労働省の「e-ヘルスネット」によれば、1時間あたりのアルコール分解量の平均は、男性が9gなのに対して、女性が6.5g程度なのだとか。

つまり、相対的に見ると、女性よりも男性のほうがアルコールに強いということができますね。

(3)筋肉質かどうか

大木:体が筋肉質かどうかも、お酒の強さと関わっています。アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに酸分されたあと、酢酸によって酸化されます。

その酢酸は血液によって筋肉に運ばれ、炭酸ガスと水に分解されます。つまり、筋肉量が多ければ、アルコールが分解されやすいということ。体育会系の人に大酒飲みが多いのは、このためかもしれません。

(4)顔が赤くなるかどうか

大木:お酒を飲むと顔が赤くなり、飲みすぎると動悸や頭痛が襲ってきたりします。これは「フラッシング反応」とよばれるもの。お酒に弱い人はこういった症状が起こりやすいです。この症状になったら、その時点で飲むのはやめるべきでしょう。

(5)お酒を飲む習慣があるか

大木:お酒を飲む習慣があるかどうかも、お酒の強さに関係があります。お酒を飲ことを習慣的にしている人は、比較的アルコールの分解速度が速くなります。また脳においても、アルコールに対して耐性を持つようになるので、お酒を飲んでも酔いづらくなるというわけ。

そのため、普段お酒を飲まない人よりも、お酒を飲む習慣がある人のほうが、お酒に強いといえるでしょう。逆に言えば、飲みすぎになりやすいということ。注意が必要です。

 

3:トイレによく行くなど…お酒に強くなりたいならマネしたい!お酒が強い人の習慣5つ

今度は街の人に聞いた、お酒が強くなった理由を紹介します。

(1)まめにトイレに行く

「昔は全然飲めなかったんですけど、トイレに頻繁にいくことを意識してから、ちょっとずつ飲めるようになってきました。ポイントはお水をたくさん飲むことと、濃いめのお酒はやめて、水割りとかソーダ割りとかの、希釈されたものを飲むこと。

で、そんなに行きたくないときでも、定期的にトイレに立つんです。そうすると、酔っ払わないで飲み続けられるようになりました」(Mさん・30歳女性)

(2)筋トレ

「筋トレして筋肉がついたら、お酒に強くなった実感がありますね。体を鍛えることでお酒に強くなるっていうのは、一石二鳥な感じがして良かったです」(Kさん・31歳男性)

(3)ウコンドリンク

「飲み会の前にうこん配合のドリンクを飲むと調子がいいですね。だから、接待とかで、今日はたくさん飲みそうだなぁって思うような飲み会の前は、絶対にドリンクは欠かせませんね。まあ、もしかしすると“これを飲んだから大丈夫だろう”っていう気の持ちようなのかもしれませんが」(Uさん・25歳男性)

(4)規則正しい生活

「規則正しい生活をすることじゃないですかね。うちの会社は保養施設で合宿させられるんですよ。朝は6時に起きてラジオ体操して、9時からビジネスマナーの講習を受けて、午後は運動。食事もバランスが考えられていて、健康的で薄味なんですよ。で、普段は荒れた生活をしているヤツも、全員すごく規則正しい生活を送るんです。

その合宿終わりに飲み会をやったんですが、全員がまったく悪酔いしなくて驚いた経験がありますね」(Nさん・31歳男性)

(5)悪い飲み方をしない

「大学生のころとかコールで無茶な飲み方をしてましたけど、僕はあれを絶対にしないようにしてますね。怪しい雰囲気があったら、話題をそらしたり、トイレに逃げたりするんですよ。だから、酔い潰れたことはないですね」(Sさん・26歳男性)

 

4:お酒が強い女とお酒弱い女子、どっちがモテる?男の本音

女性の場合、お酒に強いとモテるのでしょうか。そこのところを男性に聞いてみました。

(1)お酒に弱いほうがいい

「僕はお酒に弱い人のほうが好きですね。ちょっと飲んだだけで顔が赤くなっちゃったり、ふわふわしているのって、見ていてすっごいかわいいじゃないですか。酔った姿も色っぽいというか、いい感じだし。逆に“全然飲んでないじゃん! ちゃんと飲めよ!”とか言う人は苦手です」(Yさん・27歳男性)

(2)お酒好きが好き

「僕はある程度はお酒が強いほうがいいですね。レストランとかバーとかで一緒にお酒を嗜みたいなって思うので。できれば日本酒とか、強いお酒もいける人がいいですね」(Aさん・32歳男性)

(3)どちらでもない

「そもそもそれほどお酒を飲みたいと思わないので、お酒に強いとか弱いとかは、あんまり考えたことないですね。正直、どっちでもいいです。お酒が強ければ一緒に飲みに行ったりもするかもですけど、お酒が弱いなら、一緒にできる別の楽しみを見つけます」(Nさん・30歳男性)

 

5:まとめ

社会人になると、「飲みにケーション」だとかいって、仕事関係でも飲み会がよく開かれますよね。また合コンなどの出会いの場も、大抵は酒がある場所です。

お酒が飲めたほうが楽しいということもあるかもしれませんが、飲みすぎは体によくありませんし、飲んだせいでのトラブルも少なくありません。ちょっと酔ったなー、楽しいなー、という程度にしておきましょうね。

 

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。

 

【参考】

アルコールの吸収と分解