どきっとするのはどんなとき?男性がどきっとする言葉・瞬間14選

恋愛のスイッチが入るとのに、どきっとすることは欠かせません。気になる男性がいるのなら、気を引くために、上手にどきっとさせられたらいいですよね。では、どうしたら男性はどきっとするのでしょう? そこで今回は、男性がどきっとする言葉やどきっとする瞬間を、リアルなメンズの意見をもとにご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:男性をドキッとさせたい

「気になる男性をどきっとさせたい! でもどうしたらいいかわからない……」と、悩む人も多いのではないでしょうか。相手に気を持たせるような発言をすればいいのか、それともセクシーな服を着ればいいのか……。どんな仕草や行動が効果的なのでしょうか。

 

2:男性がドキッとする言葉7つ

ここからは、思わず男性がどきっとしてしまう言葉をご紹介します。

(1)会いたい

「LINEグループで、仲間内の飲み会の約束をしていたときに、その中のひとりの女の子から”早く会いたいね”と個人LINEが来たんです。これは脈ありかもと、一気にテンションが上がりました」(Tさん・33歳男性/スポーツインストラクター)

「”会いたい”って頻繁に言ってくる女の子がいて、完全に俺のこと好きなんだなと思っていたら、実は別の男と付き合ってた。その気もないのに気を持たせるようなことはしないでほしい!」(Kさん・29歳男性/自営業)

(2)〇〇くんだけだよ

「ちょっと気になっている女の子に”これ、〇〇くんにしか買ってきてないおみやげだから、みんなには内緒だよ”と、旅行のおみやげを手渡されて、どきっとして完全に好きになってしまった。自分だけっていう特別感はたまらない」(Tさん・29歳男性/テレビ局)

(3)カッコいいね

「女の子としては何とも思っていなくても、”カッコいい”とか”すてき”って褒められると、どきっとする。ストレートに褒め言葉を使ってくれる子っていいよね」(Mさん・29歳男性/IT)

「趣味でやってる草野球を見に来てくれた女友達。”〇〇くんって、すっごく野球上手なんだね! カッコよかった!”と褒められて……。どきっというか、キュンとしました」(Rさん・29歳男性/公務員)

(4)帰りたくない

「仲のいい女友達と、いつものようにサシ飲みして帰ろうとしたとき”今日はまだ帰りたくないなぁ”と言われてズキュン! これって、単純にまだ飲み足りないのか、ひと晩過ごしたいのかどっちなんだろうって悩んじゃったけど……。そのひと言で、一気に意識してしまった」(Yさん・31歳男性/メーカー)

(5)好き

「女友達と話しているときに、”〇〇くんのそういうとこ好きだよ”と言われて、どきっとしたことがあります。もちろん”LOVE”のほうの好きではなくて”LIKE”の意味なんだけど、それでも好きっていわれると、意識しちゃうよね」(Nさん・29歳男性/保険)

(6)〇〇くんの彼女は幸せだね

「まだ彼女がいたころ、仲のいいメンバーで飲み会していたときに”こんなにやさしいなんて、〇〇くんの彼女は幸せだね”と言われました。まったく何とも思っていなかった子だったけど、どきっとしたし、もしかして俺に気があるのかな?と思って、それ以来意識するように……」(Eさん・30歳男性/旅行)

(7)触って

「”昨日美容院行って、髪サラサラになったんだ〜。触ってみて”と言われたとき、どきっとした」(Tさん・26歳男性/学生)

「学生のとき、クラスに小悪魔的な女の子がいて”ねぇねぇ、化粧水変えたらすごい肌がすべすべになったの! 触ってみて!”とほっぺたをつき出してくる彼女。僕に興味がないのわかってたけど、あればどきっとしたなぁ」(Aさん・29歳男性/公務員)

 

 

3:男性がドキッとする瞬間7つ

では、男性はどんな女性の仕草や行動にどきっとしてしまうのでしょうか。

(1)ボディタッチ

「名前を呼びながら肩をトントンされたり、服をキュッと引っ張られると、どきっとしちゃうよね」(Kさん・35歳男性/保険)

「明らかに僕のことを好きな女性が職場にいて、いつもすごく距離が近いのと、何度もボディタッチをしてくる。最初はどきっとしたこともあったけど、やりすぎは逆にドン引きしてしまう」(Tさん・30歳男性/保険)

(2)髪をかきあげる

「髪をかきあげているところって、やっぱりセクシーですよね。かきあげてもらうために、前髪は長いほうがいいかなって思うくらい(笑)。あとは、髪をまとめてポニーテールにしようとしている姿。急に出現するうなじもいいなぁ」(Hさん・29歳男性/銀行)

(3)方言

「大学のとき、福岡出身の子と付き合っていました。いつもは普通に標準語で話していたんだけど、実家から電話がかかってきたとき、急に福岡弁に。ギャップがかわいすぎて、思わずドキッとした」(Kさん・29歳男性/メーカー)

「方言を使う女の子は、東京出身の僕にとってめちゃくちゃ新鮮。どんな地方の方言でも、なんか知らない一面を見てしまったみたいで、ドキドキしてしまう(笑)」(Tさん・30歳男性/金融)

(4)寝顔

「女の子の寝顔って、本当にどきっとする。ただ、彼女の寝顔は見慣れちゃってるから、彼女じゃない人のほうがいいかも(笑)。この前、電車の中で寝ちゃっていた女友達の寝顔があまりにかわいくて……。それ以来、ちょっと気になる存在になってしまいました」(Sさん・30歳男性/飲食)

(5)上目づかい

「上目づかいって、定番のモテ仕草ですよね。女の子としては、ちょっぴりあざといなんて聞くけど、やっぱりいいんだよな~。わざとやっているとしても、やっぱり下から覗きこむように見られると、ドキドキしてしまう」(Hさん・30歳男性/銀行)

(6)泣いている姿

「仲のいい女友達が、彼氏と別れて話を聞いてほしいというので、彼女の家まで行ったんです。普段は明るくて元気な彼女が本当に落ち込んでいて、涙をポロポロ流している姿を見て、もちろんかわいそうなんだけど、どきっとしてしまいました」(Dさん・30歳男性/コンサル)

(7)微笑みかける

「いつもニコニコしているのも素敵だけど、不意に目があったときニコッとしてくれる女性にどきっとしたことがある」(Mさん・29歳男性/IT)

「爆笑には全然どきっとしないんだけど、微笑みかけられると不思議とどきっとする。女性らしさというか、上品な笑顔に弱いのかな」(Dさん・30歳男性/コンサル)

 

4:季節別!男性がドキッとする服装

では、男性がどきっとするコーデはどんなものなのでしょうか。季節別にご紹介します。

(1)男性がドキッとする春の服装

この投稿をInstagramで見る

 

Mila Owen/ミラオーウェンさん(@milaowen_official)がシェアした投稿

流行りのシースルー素地は、男性をどきっとさせるのにも効果的。写真のように、ロングキャミの上から透ける素材のワンピを羽織ったり、チュールのロングスカートだけど、裏地が膝上までで脚が透けていたりなど、覆われているんだけど生肌が見えるというところに、そこはかとないエロさを感じて、「どきっ」とするのです。

(2)男性がドキッとする夏の服装

この投稿をInstagramで見る

 

Loungedressさん(@loungedress)がシェアした投稿

たっぷりしたフレアのワンピースは、軽くたびにふわふわと揺れる、風にたわゆむ。そんな動きのある服に、男子は「どきっ」を感じることも。

この投稿をInstagramで見る

 

Mila Owen/ミラオーウェンさん(@milaowen_official)がシェアした投稿

また、流行りの背中見せトップスも外せません。正面から見たら普通の服、なのに後ろを向いたら背中の生肌が見えるというギャップにどきっとするそうです。

(3)男性がドキッとする秋の服装

この投稿をInstagramで見る

 

JUSGLITTY OFFICIAL ACCOUNTさん(@jusglitty_official)がシェアした投稿

秋って気温の変化も大きく、コーデに困る人も多いのではないでしょうか。そんなときは、ざっくりカーディガンとても便利。脱ぎ着しやすいうえに保温性もあるので、微妙な気温のときに助かります。

また、「オーバーサイズのカーディガンを着ているときって“守ってあげたい感”がたまらない!」という声も。さらに、「そのカーディガンを脱いだとき、薄手のトップスやノースリーブが出現して2回どきっとするのがいい」なんていう声も。

(4)男性がドキッとする冬の服装

この投稿をInstagramで見る

 

JUSGLITTY OFFICIAL ACCOUNTさん(@jusglitty_official)がシェアした投稿

モテ服の定番ともいえるニットワンピにも、どきっとさせる要素が。特に「袖がちょっと長めなのがいい」との声が多数。一枚着るだけで「どきっ」とさせられるイージーアイテムなので、持っていて損はないかも?

 

5:まとめ

男性をどきっとさせるには、言葉や行動、見た目など、さまざまな方法があることがわかりました。

今回ご紹介したポイントを参考に、気になる男性をどきっとさせて、射止めてくださいね。