元彼に誕生日プレゼントってあり?元彼の誕生日をLINEで祝うときの注意点

かつて大切な人だった元彼の誕生日。祝うべきか、それともスルーしようか、迷う人も多いかと思います。逆の立場として、自分の誕生日に元彼から連絡が来たとしたら、どう対応すればいいか迷ってしまうことも……。そこで今回は、元彼の誕生日を祝うときの注意点や、反対に元彼からお祝いメッセージがきたときの対処法まで考えてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:元彼に誕生日プレゼントを贈るってアリorナシ?

「今日は元彼の誕生日……!」

意識はしていないとしても、そう気づいてしまったなら、当日にLINEを送りますか? それともプレゼントまで用意しちゃう?

元彼の誕生日をどう祝うかは人それぞれ。別れたあとの関係性によっても変わってくると思います。

別れたからLINEだけ!という人もいれば、そもそも連絡すら取らない、という人もいますよね。特に元彼に新しい彼女がいる場合は、彼女に気を遣って何もお祝いしないというのが普通の感覚でしょう。

そこで今回は、「祝うべき? それともスルーすべき?」と、もやもやしがちな元彼の誕生日についてみていきましょう。

 

2:元彼の誕生日を祝うときの注意点7つ

元彼の誕生日を祝ってあげたいと思ったら、気をつけるべきことは意外とたくさんあります。そんなときの注意点をご紹介します。

(1)まずは「祝いたい理由」を考える

元彼の誕生日を祝おうとするとき、最初に考えなければいけないのは「なぜ自分が元彼の誕生日を祝いたいのか」という理由です。

もし、誕生日を祝う理由が「復縁したい」という気持ちなら、復縁につながるようなLINEやプレゼントを渡すのがいいでしょう。逆に、なんとなく思い出したというくらいなら、お互いの今の生活を壊さないためにも、プレゼントは贈らないほうがいいかもしれません。

(2)彼女がいるならLINEもプレゼントも原則贈らない

もし「まだ元彼に未練があるからプレゼントを贈りたい」という場合でも、元彼にすでに新しい彼女がいる場合は、注意が必要です。あなたが付き合っていたときと変わらないような、恋人のようなプレゼントをあげるのはNG。彼女もいい気はしないでしょうし、彼も「復縁を望んでいるのかな」と、身構えてしまうでしょう。

(3)未練がないならプレゼントは贈らない

元彼に未練がなく、すでにあなたの中で元彼が完全に過去の人になっているとしたら、どんな些細なものであってもプレゼントを贈る必要はないでしょう。ものをもらうというのは、その後の関係性のきっかけになること。御礼とかお返しとか、縁が続いていくものです。いっそナシのほうが、お互いに早く次の恋に進めるはずです。

(4)彼女のときと同じお祝いはしない

どれだけ「よき理解者」だった元彼でも、ふたりは別れた者同士。彼女であるときと同じレベルのお祝いは避けたいものです。

付き合っているときと同じレベルのお祝いをすることで「あれ、これ付き合ってるのと変わらないじゃん」と思われてしまう危険も。そこから、体だけの関係など、都合のいい関係性が始まってしまったという話もよく聞きます。

(5)プレゼントをもらっていたなら「お返し」として

別れたあとに元彼から誕生日プレゼントをもらったという人は、「お祝い」というよりも「お返し」という意味を込めて、プレゼントを贈るのはアリかもしれません。

(6)渡すなら消耗品やお菓子で

もし「お返し」などのまっとうな名目があって、元彼にプレゼントをあげるなら、彼女が選ぶようなプレゼントは避けるべき。でも、何を贈ったらよいか迷いますよね。

おすすめは、お菓子の詰め合わせや、入浴剤などの消耗品、つまり、あとに残らないものです。あげるほうももらうほうも、軽い気持ちで受け止められますよね。

(7)「思い出」として残るものはNG

名前入りのアクセサリーなど「世界にひとつだけ」のプレゼントは絶対に避けましょう。それは彼女の立場である女性がプレゼントするもの。元彼も、元カノからもらって嬉しいとは感じないはずです。

 

3:元彼に誕生日メール・LINEを送るときの注意点3つ

復縁したいケースを除いては、元彼にプレゼントを贈ることはあまり好ましくありません。では、LINEはどうでしょうか? 元彼に誕生日メッセージを送るときの注意点をご紹介します。

(1)さくっと短文で

ただ単純に、フェイスブックやLINEのタイムラインの通知で、元彼の誕生日を知った、思い出したという場合は、「○歳おめでとう!」など、さくっと短文でメッセージを送るといいでしょう。

(2)復縁を狙うなら慎重に

もし、元彼との復縁を狙っているなら、「おめでとう」だけのLINEで終わらせず、会話が続くようなLINEを心がけて。「久しぶり! ○○君誕生日おめでとう! 元気?」と、相手からの返信を誘うような文面づくりをしてみましょう。

(3)送らなくてもOK

元彼の誕生日を覚えているからといって、必ずしもLINEを送らなければいけないものではありません。むしろ別れたからこそ、相手の誕生日を覚えていてもメッセージを送らない、それもひとつのやさしさです。

 

4:元彼から誕生日にメールが!元カノに誕生日メールを送る心理4つ

続いては、逆に元彼から自分の誕生日にメッセージが届いたときの、元彼の心理を探ります。

(1)復縁したいと思っている

「お誕生日おめでとう! 元気?」なんていう連絡がきたなら、それは元彼が何かしらの接点を持ちたい、連絡を取りたいと思っている証拠。復縁したいと思っている可能性があります。あなたも復縁を望むなら絶好のチャンスと言えます。

しかし、このメッセージをきっかけに、なんとなく流されて元彼とセフレ関係になっちゃった女子も……。彼がどういうつもりでいるのか、慎重な見極めが必要です。

(2)まだ自分のことを好きだと勘違いしてるから

男性は「過去に自分を好きでいてくれた女性は、どこかでずっと自分のことを好きでいてくれる」という感覚を持つ人が多いといわれています。

そんな男性は、「誕生日おめでとう! もうオマエも○歳か~。早いよな(笑)。 風邪ひきやすいんだから体調管理には気を付けて○歳も楽しんで!」などと送ってきがち。思わず「知ったかぶって、お前誰やねん!」突っ込みたくなってしまうような文面が届いたら、「元カノはずっと俺のことが好きだ」と思い込んでいるのかもしれません。

(3)誕生日をきっかけに仲直りしたいと思っている

ケンカ別れしてしまっていた場合、復縁を望んでいなくても、単に仲直りして、もやもやした気持ちを解消させたい、という心理がはたらいているということも。

筆者が学生のころ、夏休み前にケンカ別れした元彼から、後期授業が始まる前に「誕生日おめでとう」と連絡がきたことがあります。それをきっかけに気まずい雰囲気がなくなり、友達としてまた過ごすことができました。

学生時代の同級生や、職場が同じなど、別れたあとも顔を合わせがちな関係なら、こういった心理が隠されている可能性があります。

(4)元カノの気持ちの確認

男性は「元カノはいつまでも俺のことを好きでいてくれる」と思いがちです。

自分から彼女を振った場合は特に、「まだ俺のころを好きでいてくれるかな……?」と元カノの気持ちの確認するために、連絡してくるという可能性も。女性からすると、かなり都合のいい話に思えますが、実はよくあるパターンです。

 

5:元彼から誕生日メールをもらったら?ありがとうの返信をするときの注意点

続いては、元彼から誕生日メッセージをもらったらどうするか、返信の注意点についてみていきましょう。

(1)さくっと短文で簡潔に

あなたが元彼に対して未練がないなら、短文でさくっと「ありがとう!」と返信して終わりましょう。文面から、元彼があなたに対して気持ちが残っていると感じても、あなたに一切その気がないなら、「こっちに未練はゼロ」ということを伝えたほうがいいでしょう。なんなら未読スルーでもいいくらいです。既読スルーはさすがに感じが悪いですから。

(2)復縁したいならLINEを続ける

復縁したいと思うなら、元彼からの誕生日メッセージはチャンス! 「ありがとう」のあとに質問をつけるなど、会話が続くような返信を心がけましょう。

その際、「元彼がなぜ自分に誕生日メッセージを送ってきたのか」を考えてみて。復縁したいのか、ただ思い出しただけなのか、それともセフレにしようとしているのか……。考えることで、元彼との間に未来があるかどうかが、少し見えてくるかもしれません。

 

6:元彼と友達に戻るのは難しい

一度は好きだった元彼。だからこそ、何かしらの関係を続けていきたいと思う気持ちはよくわかります。

でも復縁はもちろんのこと、元彼と友達に戻ることすら、限りなく難しいこと。なぜなら、どちらか一方に気持ちが残ったまま別れに至ることがほとんどだから。

単純にお祝いしようと思って贈ったプレゼントのせいで、あなたに未練が残っている元彼の気持ちを再燃させてしまったり、逆に自分の中の未練を増長させてしまったりすることも。

「プレゼント」は相手が喜ぶものであるのがいちばんです。そう考えると、次の恋に向けて歩き始めているかもしれない元恋人へのプレゼントは、贈らないほうがいいのかもしれませんね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!