同じ穴の狢の意味って?同じ穴の狢の正しい使い方と実感エピソード

「同じ穴の狢」とは、一見すると関係がないような仲に見えても、実は同類や仲間であることのたとえを指したことわざです。では、もし人から「同じ穴の狢だね」と言われたら、どんな反応をすればいいのでしょうか。そこで今回は、この言葉の正しい意味や類語、英語での言い方や、実際に彼氏や彼女、友達に同じ穴の狢だと感じたエピソードをいくつか見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:同じ穴の狢の読み方・意味は?類語はある?

「同じ穴の狢」は、何と読むのでしょうか? 意味や類語も見てみましょう。

(1)読み方は

「同じ穴の狢」は、「おなじあなのむじな」と読みます。まずはこの狢(むじな)の意味を見てみましょう。

むじな【狢/貉】

1 アナグマの別名。《季 冬》「山がつや―しとめし一つだま/蛇笏」

2 《毛色がアナグマに似ているところから混同して》タヌキのこと。《季 冬》

3 《「同じ穴の狢」の略》同類の悪党。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

どちらも在来種の中型食肉類ですが、アナグマの代表格であるニホンアナグマは食肉目イタチ科アナグマ属、一方のタヌキは食肉目イヌ科タヌキ属ですから、見た目はとても似ているのですが、実はアナグマとタヌキは別の生き物なのです。

(2)意味と使い方は

「同じ穴の狢」とは、

同じ穴の狢

一見関係がないようでも実は同類・仲間であることのたとえ。多くは悪事を働く者についていう。同じ穴の狸 (たぬき) (狐 (きつね) )。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

となります。

これは、ポジティブな意味合いではなく、どちらかというと悪事を働く者について使う言葉です。これはアナグマやタヌキ、キツネが、人を化かすということでネガティブな印象が持たれていることに由来しているようです。

例えば「彼に浮気されて落ち込んでいたのを慰めてくれた優しい人。そう思って付き合ったけど、実は私の親友と二股をかけていたのよ。彼も同じ穴の狢だったわ」のように使います。

しかし「私もそのカバン持っています。同じ穴の狢ですね」とは使いません。あくまで悪いことをしている人に対して使うことわざです。

(3)類語は

同じ穴の狢と同じような意味を持つのは「目くそ鼻くそを笑う」「五十歩百歩」「どんぐりの背比べ」「どっこいどっこい」などがあります。

(4)英語で言うと?

同じ穴の狢は英語では何と言うのでしょうか?

「類は友を呼ぶ」を表す「Birds of a feather flock together」がこれにあたる表現でしょう。また、そこから取った「birds of a feather」で表現することもできます。これは主に悪い意味で使われます。

また囚人服のストライプの柄が悪役のイメージを連想させることから、「villains of the same stripe」とも言います。

 

2:彼氏に彼女に友達に!同じ穴の狢だと感じたエピソード7つ

続いては、実際の生活の中で、「同じ穴の貉」だと感じたエピソードをお送りします。これでさらに理解を深めていきましょう。

(1)二股をかけていたカップル

「彼氏がいたけど、好きな人ができちゃって……。我慢できず、好きな人にも告白して、双方に罪悪感を感じながら、同時進行で付き合い始めてしまったんです。だけどそのことを友達に打ち明けたら、“あいつ結婚してるよ”って……。結局、同じ穴の狢だったってわけ」(Cさん・22歳女性/会社員)

(2)略奪愛に怒る同僚

「仲良しの同僚が、同じ職場で起こった略奪愛の話をしていて。人のもの奪うなんて最悪だってキーキー言ってたのに、実はその同僚は、職場の上司とどっぷり不倫中だったことがのちに発覚して……。結局、同じ穴の狢じゃないかって、呆れました」(Yさん・23歳女性/事務)

(3)嘘つき同士のけんか

「ウソが発端で、友達ふたりが激しく口論をしていて。“嘘つきは泥棒の始まりだ”なんて、一方が責められてたんですけど、でもその責めている子は嘘つきで有名な女の子。“彼女も同じ穴の狢じゃない”って、周りにいる人は笑いそうになってました」(Aさん・25歳女性/医療関係)

(4)一緒にいる女友達

「恋愛をしたことがないような純粋な女友達がいるんだけど、なぜかいつも男遊びが激しい女友達と一緒にいるんです。純粋そうな顔をしてるけれど、実は裏で男遊びが激しい……とか、同じ穴の狢なんじゃないかってみんな噂しています」(Uさん・31歳女性/美容関係)

(5)金銭目的の商売

「彼女は友達がパパ活をしているという話を聞いたとき、“あの子みたいに、金の亡者にはなりたくない”って偉そうに言っていたのに、怪しいマルチビジネスにハマってしまいました。お金のことしか見ていない同じ穴の狢だったなんて、ショックです」(Kさん・20歳男性/会社員)

(6)商品の欠陥

「商品を点検していたら、重大な欠陥に気づいてしまって。発注側の僕の責任が問われるし、迷ったけど、もしこの結果を報告しなかったら、欠陥製品をそのまま出荷をしてきた業者と同じ穴の狢になってしまう。そうと思って、意を決して上司に報告をしました」(Rさん・26歳男性/会社員)

(7)悪口ばかり言う友達

「いつも他人の悪口ばかり言っている友達がいるんだけど、本当に性格に少し問題があるんじゃないかなって思っています。でも、もしここであいつの悪口を言いふらしたら、同じ穴の狢じゃないですか? だから我慢しています」(Sさん・30歳男性/自営業)

 

3:まとめ

もし「同じ穴の狢」だと友達や恋人に言われてしまったら、それは好ましいイメージではないことがわかりますよね。

使うシーンを間違えてしまうと、相手に失礼な印象を与えてしまいますので、注意しましょう。