カップルの喧嘩…頻度は?仲良しカップルの喧嘩の原因と喧嘩中のLINEの内容

どんなに仲がいいカップルでも、大なり小なり喧嘩は避けられないものですし、突然の喧嘩が原因で別れてしまうこともあります。でも「喧嘩するほど仲がいい」という言葉があるように、喧嘩がきっかけでますますラブラブになった、というカップルも。そこで今回は、カップルの喧嘩の頻度と原因から、喧嘩中のリアルなLINE、そして仲直りの方法までご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:喧嘩多いほう?カップルが喧嘩する頻度を大調査!

恋人がいるみなさんは、どのくらいの頻度で喧嘩をしているのでしょうか?

『Menjoy!』が、現在お付き合いをしているパートナーがいるという20〜30代の女性100名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「パートナーとの喧嘩の頻度はどのくらいですか?」と聞いてみると、このような結果に。

1位:喧嘩しない…37人

2位:月1くらい…23人

3位:3か月に1度くらい…11人

4位:週に1回くらい…10人

アンケートから「喧嘩しない」というカップルがもっとも多いことがわかりました。意外とみなさん、喧嘩していないのですね。もしかしたら、喧嘩に発展する前に、お互い話し合って折り合いをつける、という大人の付き合いができているカップルが多いのかもしれませんね。

 

2:カップルにおける喧嘩の原因&内容ベスト5

ではここからは、カップルの喧嘩の原因を探っていきましょう。

(1)嫉妬や束縛

好きだからこその感情ともいえますが、嫉妬や束縛が原因で喧嘩するカップルは多いです。例えば彼女が、彼の女友達に嫉妬して、「もう女友達と飲みに行かないで」と言ったとします。すると彼は、それを「束縛されて窮屈だ」と感じたり、「自分は浮気するつもりがないのに、信頼されていない」と感じたりして、相手に対して苛立ちを覚えて喧嘩になるということもよくあります。

(2)生活リズムの違い

同棲をきっかけに喧嘩が増えた、というカップルの話もよく聞きます。いちばん大きいのは、睡眠リズムの違いでしょう。自分はもう寝たいのに、相手が起きていて物音がうるさい……などということがあると、イライラして喧嘩につながります。

また、同棲していなくても、「自分は午前中からデートしたいのに、相手の夜更かしのせいでままならない」などのケースも、喧嘩の原因になるでしょう。

(3)金銭感覚の違い

食事にお金をかけるか、節約したいかなど、デートでの金銭感覚の違いによる喧嘩も多いですよね。「え!? どうしてゲームにそんなにお金かけるの!?」というように、相手に理解できないお金の使い方に関しても、喧嘩につながりがちです。

(4)パートナーの浮気

どちらかの浮気が発覚した場合、大喧嘩に発展する可能性が高いです。喧嘩というよりも、修羅場に発展することも多く、浮気による喧嘩は別れにつながるケースも少なくありません。

(5)連絡頻度の差

頻繁に連絡を取りたい人もいれば、連絡を取らなくても気にならない人もいます。そのスタンスの違いが喧嘩につながることもあります。LINEやメールで気軽に連絡をとれるからこそ、特に女性のほうが「彼氏が連絡をくれない」と悩むことが多いのではないでしょうか。

思い切って「連絡をくれなくて寂しい」と伝えたのに、「仕事が忙しかった」と言われて、「でも忙しくてもLINEくらい打てるでしょ?」などというやりとりから喧嘩が始まることも多いようです。

 

3:喧嘩中カップルのLINEあるある3つ

喧嘩中のカップルはどんなLINEを送っているのでしょうか。緊迫感あふれるLINEを少し覗き見してみましょう。

(1)一旦LINEをやめる

喧嘩中、あまりにもいらだちすぎて、どちらかが「いったんLINEをやめる」と急に宣言するのもカップルにおける喧嘩のあるある。ただし、感情がエスカレートする前にひと呼吸つくのは、いいことかもしれませんね。

(2)ひとりで暴走する

感情の赴くままにひとり語りが始まり、相手にイライラや悲しさをぶつけるのも、喧嘩中カップルのLINEあるあるです。

(3)勝手にブロックされたと思い込む

苛立ちを抑えきれず、感情のままにLINEをしたあと、既読がつかずにパニックに。さらに電話をかけても出ないことで、「ブロックされた?」と思い込み、さらにテンパる人も。喧嘩中は、正常な判断ができなくなることも多いですよね。

 

4:喧嘩したカップルが上手に仲直りする方法

(1)感情のままにぶつからない

何よりも大切なのは、感情のままにぶつからないことです。

相手への思いが強いからこそ、気持ちをぶつけて喧嘩になってしまうこともあります。それがいいほうに作用することもありますが、感情のままに発した言葉によって、相手を傷つけてしまうことも少なくありません。

特に、感情が高ぶっているときは、思ってもいないことを言ってしまったりしますよね。そんなときは、一度相手から離れて、ひとりの時間を持つことも大事です。ひとりで頭を冷やすことによって、喧嘩ではなく「話し合い」ができるはずです。

(2)素直に謝る

喧嘩がはじまると、「どうしてもごめんなさいが言えなくなる」なんていう人も。いちばん大切な言葉なのに、つい意地を張って言えなくなってしまうこともありますよね。

でも、少しでも自分が悪いと思ったら素直に謝ること。これもとても大切なことです。自分が謝ることで、相手も「こっちこそごめん」と謝ってくれるケースも多いです。

 

5:喧嘩は恋のアップデート方法

恋を長続きさせるためには、絶えず関係のアップデートが必要です。

恋愛の幸せな経験も関係をアップデートさせてくれますが、大喧嘩で自分の本当の感情をすべて吐き出すことも、関係を深めてくれます。

お互いに毒を吐き出すことによって、お互いへの理解を深め、相手や自分の欠点まで丸ごと愛せるようになるなら、その喧嘩は「いい喧嘩」といえるのではないでしょうか。