合コンとは?合コンの目的と初めて参加する人が楽しむ方法、合コンアプリも

合コンに参加したことはありますか? もしもまだ未経験で、初めて参加するという場合、服装はもちろんのこと、どのような流れで進むのか気になりますよね。そこで今回は、合コン成功のための服装やテクニックから、合コンと飲み会、さらに街コンとの違いは何かまで、合コン対策のための全知識をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:合コンとは何の略?英語で言うと?

もし合コンのお誘いを受けたら、あなたはどんな気持ちで挑みますか? 「彼氏を見つけよう!」と思って参加する人もいれば、「人数合わせで渋々……」という人もいると思います。

ちなみに合コンとは、「合同コンパニー」を略した言葉だと言われています。この場合の「コンパニー(company)」には、「友達」「親交」といった意味が含まれています。つまり「男女が合同で親交を深める場」ということになります。

英語では、「mixer」「group blind date」あたりがニュアンスが近いですが、そのまま「gokon」と言う場合もあるそう。「集団お見合い的なカジュアル飲み会」である合コン文化って、もしかしたら日本独特のものなのかもしれません。

 

2:目的が違う?合コンと飲み会の違い5つ

一見似ている、合コンと飲み会。その違いはどこにあるのでしょうか?

(1)自己紹介タイムがある

飲み会といえば、ワイワイとみんなで楽しむだけというイメージ。しかし、合コンの始めには必ず「自己紹介タイム」があります。合コンは、初対面の男女で開催されることがほとんど。そこで、簡単な自己紹介をしたあとに、食事などをしながら話すことになります。

(2)人数合わせでも?やっぱり合コンは「出会いの場」

「渋々人数合わせで……」と言いながら合コンに参加している人もいるかもしれませんが、やはり合コンは「出会いの場」です!

合コン参加者の最終目標は、熱量は違えど、「恋人を作る」ことだといえます。

(3)男女の比率が同じ

飲み会の場合、男女の人数比率はあまり気にしませんが、出会いの場である合コンでは、基本的に男女比率が一緒です。男女が同じくらいの人数になるように、幹事が参加者集めに奔走することも多いですよね。

「メンバー集めや店を決めたりする幹事がいちばん大変なのに、すっかり主催者側に回ってしまい、相手を見つけれないケースが多く、いちばん損している」という声もよく聞きます。

最近では、幹事の代わりをしてくれる「合コンアプリ」もあります。お店の予約から人数合わせまで、アプリ内で完結できるので便利だと話題です。

(4)「あわよくば」の下心ありき

飲み会は基本的に「その場を楽しむ」ことが目的でしょう。しかし、合コンの最終ゴールは「恋人を作ること」。さらにそこには「このあと、あわよくばお持ち帰りも……」という下心が少なからず含まれていることもあります。

(5)まったく面白くないことも…

合コンでも飲み会でも「早く帰りたい……」と思うことはありますよね。しかし「ハズレだ」と思う頻度は、圧倒的に合コンのほうが多いでしょう。なぜかというと、合コンは初対面の人が多い上に、いい出会いを期待して行くからです。そもそも確実性が低いのに期待値は高いので、これは仕方がないといえます。ただし、「今日の合コン、期待外れだった~」と愚痴を言って盛り上がるのも、合コンの楽しさのひとつはありますが……。

 

3:合コンさしすせそって何?服装はどうする?初めて合コン対策のための全知識と合コンのやり方4つ

続いて、合コンに向けての対策を練りましょう。合コンに着ていきたい服装から、合コン中のテクニックまでご紹介します。

(1)服装はオフィスカジュアルやワンピースが王道

女性の合コンファッションは、オフィスカジュアル、もしくは、ひざ下丈の上品なワンピースが王道で無難です。居酒屋からダイニングバーまで、どんなお店にも対応できるものがいいでしょう。

(2)「合コンさしすせそ」はやっぱりモテる!

合コンの「さしすせそ」といえば、「さすが!」「しらなかった~!」「すごい!」「せんすいいですね!」「そうなんだ~!」ですよね。

あまりにも王道すぎて、今さら多用するのは気が引けてしまいそうですが、とはいえ褒められて嫌な気がする人はいないもの。さりげなく会話の中に取り入れることで、好感度UPを狙いましょう。

(3)序盤で目的をハッキリさせる

自己紹介が終わって、歓談が始まったくらいには、自分の中での「今日の合コンの目的」をハッキリさせましょう。「いい人がいるから、あの人と仲良くなれるように頑張ろう」とか「期待はずれだったけど、次につながるように幹事の男子と仲良くなろう!」など。その会を楽しむためにも、今回の合コンの目的をはっきりとさせておくのがおすすめです。

(4)興味のない人はグルラで回避

自分好みではない人や、推しメン以外の男性が、あなたに対して連絡先を聞いてきたとします。そんなときは「あとでグルラ(LINEのグループ)作るみたいだから、そのときに!」などと、やんわりと連絡先を断るのが吉。

逆に、推しメンが見つかったなら、その人に狙いを定めましょう♡

 

4:街コンとは合コンとどう違うの?

最近、合コンよりも効率的に出会えると、街コンに参加する人が増えています。

合コンは多くても5人対5人くらいの人数で行われることが多いのに対し、街コンは100人以上の大人数で行われることもあり、そのぶん、出会いの幅が広がります。また、まったく自分とは共通点のない人とも出会えるチャンスがあるのも、メリットといえるでしょう。

双方の利点でいうと、合コンの最大のメリットは、幹事同士が知り合いのため、「共通の友人」がいるという安心感があること。一方の街コンのメリットは、人数が多いぶん出会える確率が高いというものです。一方で、共通の知り合いが一切いないので、嘘をつかれてもわからないといったデメリットもあります。

 

5:まとめ

近年、マッチングアプリや街コンの登場により、合コンをする男女は減ってきていると言われています。でもやっぱり、共通の友人など身近な人が集まって開催される合コンでしか味わえない楽しみもあるもの。

例えば、女子トイレでの「どの人がタイプ?」というプチ女子会や、あざとい女子観察など……。恋人を作るという目的以外にも、合コンの楽しみ方はさまざま。それを含めたうえで、合コンを楽しんでみてくださいね。