ディープキスにはコツがある!初めてでもできるディープキスのコツとキス上手な男

ディープキスをしたことがない人は、うまくできるか不安ですよね。経験があるという人でも、そのコツやタイミングをつかめずに、難しいと感じている人もいるでしょう。そこで今回は、初めてでも怖くないディープキスのコツと、ディープキスが上手な男性とのエピソードをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ディープキスは得意ですか?それとも苦手?

ディープキスが苦手!という人は、過剰な接触に抵抗感があるという人もいるかもしれませんが、やり方がわからなくて尻込みしてしまっている人もいるかもしれません。

そこでディープキスへの苦手意識を払拭するべく、うまくできるコツと、キスで思わずドキドキしてしまったという男性のエピソードをご紹介します。ディープキスが苦手という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

2:初めてでもできるディープキスのコツ5

苦手意識があっても、もしそれを克服できて、恋人ともっと熱いディープキスができればうれしいですよね。そこで、うまくいくディープキスのコツをご紹介いたします。経験したことがない人でも、これを読めば心構えになるかもしれません。

1)力を抜く

苦手意識があったり、経験がなかったりすると、どうしても肩に力が入って緊張してしまいますよね。

しかし、リラックスができていないと、唇や舌がこわばってしまい、うまくディープキスをすることができません。

緊張を解くためにも、初めはライトなキスから始め、落ち着いたエッチなムードができてから、挑戦してみるといいでしょう。

リラックスした状態のキスは、気持ち良さも幸福感も格別なものです。

2)舌を入れてきたら「れ」を発音する口の形を意識

自分の唇に、恋人の舌が触れる感覚がしたら、相手はディープキスをしようと試みていると考えていいです。

そういった素振りが見られたときは、「れ」の音を意識してください。舌がちょっと前に突き出されるでしょう。

これがちょうど、ディープキスをするときのアクションに近い口の形になります。恋人も自然と舌を口の中に入れられるようになるはずです。

もしも不安を感じるようなら、ひとりのときに「れ」の口の形を確認してみてください。

3)口を少し緩めて誘う

初めてだと、彼の口をうまくこじ開けて中に舌を入れるのは、難しいですよね。

回数を重ねるうちに、だんだんとコツがつかめてくるので、まずは恋人からのキスの誘いに乗ることで、経験を積みましょう。自分からするよりも、受け入れる方が難易度が低いはずです。

その際、相手が舌を入れてきやすいように、ほんの少し口を緩めて開けてあげると、すんなりディープキスへと進展します。数回キスをしたら、吐息を混ぜながら口を緩めると、ドキッとさせることができるでしょう。

4)唇をなめ合いっこをして舌を前に誘う

唇も性感帯のひとつなので、なめるだけでも気持ち良くなることができます。

ディープキスの前準備にも使われるので、恋人にも「ディープキスをしたいんだな」とわかってもらえるでしょう。

相手も唇をなめたら、しばらくなめ合いっこをしてください。リラックスしていて、お互いの舌が前の方に出ている状態になるので、そのまま舌が絡めやすいようになっています。

舌の動きに合わせて、そっと重ねて絡ませてあげれば、自然とディープキスになっているはずです。

5)相手の動きに合わせる

ディープキスの動きに早く慣れるには、相手の動きと合わせるのがいいでしょう。

もし相手が舌を円になぞるようになでてきたなら、その通りに返しますし、舌先をチロチロと上下になめているなら、同じようにしてあげましょう。

それだけで、相手もディープキスができていると満足できますし、自分も体を通してやり方を覚えていくはずです。慣れたころに、相手から習ったことをうまく組み合わせるようにしていけばいいのです。

ほかにも、『Menjoy!』過去記事「キスで舌を入れられるの…好き?気持ちいいディープキスの方法教えます」の中でも、ディープキスのタイミングや上手なやり方について解説してあるので、あわせてチェックしてみてください。

 

3:忘れられないキスに!ディープキスの上手な男のハナシ

ディープキスの気持ち良さがわからないという人もいれば、キスだけで骨抜きにされてしまう人もいますよね。

男性にもうまい下手はあるようです。そこで女性たちに、ディープキスが上手な男性とのエピソードを聞いてみました。 

1)ギャップに興奮して腰が砕けてしまった

「彼と同棲しているんですけれど、その日は彼がムラムラしていたみたいで……。仕事から帰ってきた足で、そのままハグされて、少し強引なディープなキスをされましたね。普段はおとなしい彼がガッついているのに興奮したのもあると思うけれど、腰が砕けて立てなくなってしまいました」(Gさん・24歳女性)

女性はエッチな雰囲気を感じると、感度が急激に良くなると言われています。一気に空気を作れる人はディープキス上手が多いでしょう。 

2)キスだけでイッてしまった

「私は、ディープキスでイカされたことがありますよ。お触りとかはまだしていなくて、本当にねっとりとしたキスをしただけなのに、気持ち良すぎて……。こんなことってあるんですね。ものすごいテクニシャンだったんだと思います」(Uさん・34歳女性)

実は、口の中にもGスポットがあるといわれています。それは「口蓋(口の中の上側の部分)」「舌の裏側の血管」のふたつです。そこをうまく刺激されると、キスだけでもイけると言われています。

3)徐々に深くなっていく

「元カレは焦らし上手でやばかったですね。まずは目を見つめて、ゆっくりと抱き合うことから始まるんです。それで頭をなでて、そっとキスしてくれて……。それだけで濡れちゃうんですけれど、今度は、ほっぺや肩にキスをして、なかなか口にしてくれないんです。そうやって、焦らしに焦らされまくって、ディープキスをされるときには、もう頭がぼーっとしていました」(Iさん・30歳女性)

女性は感度が高まるのに、ある程度の時間がかかると言われています。そこをうまく理解して、時間をかけてディープキスまで持っていってくれると、とろけるようなキスができます。

4)優しくて愛を感じる

「彼はすごく優しいキスをするんですよ。壊れものを扱うみたいに、そっとキスをしてくれます。ディープキスのときも、まずは唇を這わせて、準備ができているか確認してくれますね。そして優しく私の舌をとって、味を噛みしめるように絡めてきます。それだけでめちゃくちゃ愛を感じて、幸せすぎてたまらなくなりました」(Kさん・25歳女性)

キスもセックスも、愛し合う人同士でする方が気持ちいいですよね。愛を感じるキスをしてくれる男性とは、テクニックなしで骨抜きにされることがあります。

5)舌の動きが自由自在

「飲み会の出し物で、舌芸をやってた男性がいました。M字型とか、丸めたりとか、奥に引っ込めたりとか、とにかく動きが自由自在で驚きました。その人に、酔った勢いでお持ち帰りされてしまったのですが、エッチよりもディープキスが印象的でしたね。自由に動くから、性感帯を刺激するのも上手で、テクニシャンとキスするとこんなにやばいんだって知りました。結局、付き合わなかったんですが、あのキスだけは惜しいです」(Mさん・22歳女性)

舌の動きが自由な男性は、ディープキス上手が多いです。彼と舌の体操をしてキスをしたら、いつもより気持ち良くなれるかもしれませんよ。

 

4:まとめ

ディープキスは、お互いの息があって気持ちが良いと感じることができます。それをカップルで一緒に高めていけたら楽しいですよね。

ディープキスが苦手だという人は、少しずつ、自分のペースでできることを増やしていきましょう。