つけ乳首って需要あるの?つけ乳首にソソられる男子の特徴とシチュエーション

つけ乳首は、その名のとおり、着脱できる乳首のことで、多くはシリコーン製で、下着の上などにつけて「胸ぽっち」をわざと表現して楽しむためのアイテムです。でも、ここ日本では浸透しているとはいえず、「なぜそんなものをつけるの?」思う人も多いでしょう。そこで今回は、つけ乳首に対する男子の反応やつけ乳首を使うシチュエーションなどをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:つけ乳首ってなに?どこで買えるの?

まずは「つけ乳首ってなに?」というところからご紹介します。

(1)つけ乳首ってなに? どう使うの?

つけ乳首というのは人工的に作られた乳首のこと。シリコーン製であったりポリウレタン製であったりとさまざま。肌に直接つけたり、下着の上につけたりして、乳首の突起を服の上からでもわかるように強調させるためのものです。

発祥はアメリカと言われており、アメリカではおしゃれなインスタグラマーがファションとして取り入れていたり、「男性の乳首は見せても平気なのに、なぜ女性の乳首は特別扱いされるのか」といったジェンター的な視点でも、愛用する人がいるようです。

このように、ファッション目的の場合もありますが、乳がんなどの手術によって乳首を除去してしまった人がつけることもあるようです。

(2)つけ乳首はどこで買えるの?

つけ乳首は通販サイトなどで販売されているので、簡単に手に入れることができます。値段はかなり幅があるようなので、いろいろと調べてみるといいでしょう。

 

2:つけ乳首でも透けてたら嬉しいの?男子の本音5つ

それでは今度、男性につけ乳首について本音をうかがってみました。

(1)そもそもつけ乳首を知らない

「つけ乳首なんてあるんですか? 初めて知りました。もしかすると、女性がつけ乳首をつけていた場合、僕はそれを本物だと思っていたでしょうね。だから、嬉しいもなにも、大興奮でしょう。友達に“あの人ノーブラだよ!”って言いますね。男ならみんなそういう反応をするんじゃないですか」(Tさん・21歳男性)

女性がつけ乳首をつけているなんて男性にはわかりませんからね。乳首と思われる突起物があった場合、男性からするとそれは「乳首のようなもの」ではなく、まぎれもなく「乳首」なのです。

(2)目にやり場に困る

「つけ乳首をつけて突起物を強調しているわけですよね。やめてもらいたいな。目のやり場に困りますよ。だって、目線が下にいった瞬間、“あ、今この人胸を見た”って思うでしょ?」(Wさん・30歳男性)

女性の肩を叩くだけでセクハラ呼ばわりされてしまうような職場もありますから、神経質になっている男性からすると、困ってしまうようです。

(3)誘ってる?

「つけ乳首をつけているなんて、それはもう男性を誘っているのと同じじゃないですか。知り合いの女性がつけ乳首をつけてデートに現れたら、それはもうOKサインですよね。だってわざと胸を強調してデートにきてるわけですよ!」(Hさん・25歳男性)

お持ち帰りOKのサインとして受け取る男性もいるようです。本当に乳首が透けているのではなく、わざとつけ乳首をつけて挑発しているのですから、普通の男性はそう思うでしょう。

(4)下品

「あんまり女性が露骨に乳首を強調するのは、下品な気がしますね。自分はおしとやかな女性が好みなので、露出度が高かったり、わざと挑発してくるような服装をしてくるのは好みじゃありません。もしそれが彼女だったら“そういうのはやめてくれ”って言いますね」(Eさん・27歳男性)

初対面の女性だったり、見ず知らずの女性がつけ乳首をつけている」のは興奮しても、彼女がつけていたら「やめてもらいたい」と思う男性は多いはず。「不特定多数に向けてアピールしてる」と感じてしまいますよね。

(5)人による

「ファッションとしてのつけ乳首っていうのはちょっと理解できませんね。でも、元々は乳首を除去しなくてはいけなくなった人がつけるものなのでは? そいういう意味でのつけ乳首なら理解できます」(Nさん・28歳男性)

つけ乳首をする目的がなんなのか、それが大切という意見。たしかにそうですね。

 

3:男子がエロ乳首を彼女に使って欲しいシチュエーション5つ

今度は、つけ乳首を使ってほしいと思うシチュエーションを男性に聞いてみました。

(1)家庭教師

「女子大生の家庭教師の先生がつけ乳首をしてくるっていうのはシチュエーションとして興奮しますね。高校生の男の子を誘惑しているわけでしょ。いけない先生ですね。自分が生徒になりきって、一度経験してみたいですよね」(Yさん・21歳男性)

(2)ドッキリ

「つけ乳首ドッキリとかちょっと面白そうですよね。彼女がふざけてやってくるとかも面白いですし、友達を標的にして女友達に仕掛けてもらうっていうのも面白いと思いますね。できれば、彼女がドッキリを仕掛けてくるっていうのがいいかな」(Hさん・26歳男性)

(3)つけ乳首ゲーム

「彼女が写真とか見せてきて、“これ見て? 何かおかしくない?”って問題を出してくるみたいなシチュエーションとか楽しそうですよね。“え、何かおかしなところがあるの?”って感じで観察するんだけど、わからない。すると彼女が“ほらここ”って言って乳首を指さす。“あ! 浮いてる!”みたいな。バカですみません……」(Wさん・28歳男性)

(4)つけ乳首をつけて街を歩く

「何かの罰ゲームとして“つけ乳首をつけて街を歩く”みたいなことはやってみたいですね。“やだ~”っていう彼女を“罰ゲームだから”っていって街へ連れ出す。道行く人が振り向いて、恥ずかしがる彼女。最高です。逆にノリノリだと冷めますけどね」(Aさん・27歳男性)

(5)乳首がとれちゃった

「彼女とふざけてたときに“あ、乳首がとれちゃった!”ってつけ乳首を見せてきたときがあったんですよ。あれはマジでビビりましたね。あとでドッキリだってわかったんですけど、面白かったです。ちょっとエロくふざけてくるっていうのいいですよね」(Kさん・24歳男性)

 

4:まとめ

つけ乳首というのは、なかなか日本では流行るのは難しいのではないかと、筆者は思います。

もしファッション目的で使うのだとすれば、男性を脅かしたり、ドッキリを仕掛けたりするような使い方が多いのではないでしょうか。パーティーなので使うと盛り上がるかもしれません。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!