キレイ好きな人の部屋は素敵!キレイ好きな人になるための習慣5つ

キレイ好きな人って、身の回りがいつも整理整頓されていて、見ていて気持ちが良いですよね。ですが、いざ自分もやってみようとすると、うまくキレイにできなかったり、なかなか続かなかったりで真似できないことも。そこで今回は、キレイ好きな人になるための習慣や、キレイ好きな人の部屋に訪れた異性はどんな感想を持つのかについて、見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:キレイ好きな人になりたい!

ちょっと気を抜くとすぐに部屋が散らかってしまったり、職場のデスクのが山積みの書類で埋もれてしまったり……。それをストレスに感じるけれど、掃除をするのが苦手で、なかなか片付けられない。いつもキレイな状態をキープしている人に憧れる!と思ったことはありませんか?

キレイ好きな人の周りって、いつも整理整頓がされていて、ホコリもなくピカピカでスッキリ。どうすればそんな人になれるのでしょうか?

 

2:キレイ好きな人の部屋の特徴5つ

まずは、キレイ好きな人の部屋の特徴を紹介します。彼氏・彼女に「キレイ好きでステキ!」と好感をもたれるのは、どんなお部屋なのでしょうか。

(1)トイレがピカピカ

「まだ付き合ってすぐのころ、ドライブデートの帰りに彼女を部屋まで送って行ったんです。でも急にトイレに行きたくなって。彼女に“ごめん、トイレだけ貸してくれないかな?”って頼んだら、恥ずかしがりながらもOKしてくれました。

で、トイレに入ってびっくり。なんか、お店のトイレみたいにピカピカで、いい香りがしていたんです。それ以来、彼女のこともっと好きになりました」(Kさん・34歳男性)

(2)朝から掃除?

「彼女の部屋に初めて泊った日の翌日、彼女が先に起きてなんかガサゴソし始めたんです。

“何してるの?”って起きて聞いたら、“あ、朝いちばんに掃除するの、習慣なんだよね”って言いながら、掃除用具を出して窓を磨き始めて。正直、そういう女の子を初めて見たし、僕自身、毎日窓を拭くなんていう発想もなくて、かなり驚きました。

心に余裕があるんだなって思いましたね。部屋ももちろんきれいだし、結婚したら毎日気持ちよく過ごせそうだなって。それで一気に結婚したくなりました」(Gさん・28歳男性)

(3)物が少ない

「ミニマリストっていうわけでもないんでしょうけど、昔付き合った彼女で持ち物がすごく少ない子がいて。その子の部屋にいると、なぜか落ち着きましたね。すっきりしていて、空気も澄んでいる感じがしたんです。

自分の部屋はそれと正反対でモノがあふれかえっていて、いちいちモノをどかさないと必要なものが取れない状態だったし、なんだか埃っぽいし。当時は彼女を見習って、いわゆる断捨離をしてみたりもしました。結局別れちゃったので、また自分の部屋はモノだらけなんですけど」(Hさん・32歳男性)

(4)お風呂がきれい

「男のひとり暮らしの部屋って、ゴミとか、脱いだ服とかがそこらじゅうに落ちてたりするのが普通だと思ってたんですよ。でもキレイ好きな男性と付き合って、その印象がガラッと変わりました。

いちばん感動したのがお風呂。そのお風呂、黒いタイル張りだったんですけど、鏡になるくらいピカピカ。排水溝もきれいで、普段からお風呂を使っていないのかと思うくらい。自分も見習わないとって思いましたね。思っただけですけどね」(Sさん・33歳女性)

(5)キッチンに油汚れがない

「料理を頻繁してるんだから、キッチンが汚れるのはしかたがないって諦めてたというか、自分に言い訳してたというか。でも、料理人をしている彼の家に行ったとき、キッチンはまったくベトベトしてないし、シンクもピカピカ。

家では料理しないの?と聞いたら、“毎日するよ。汚れたままなのがイヤだから、使うたびに磨いてる”って言われて、感心しました」(Eさん・26歳女性)

 

3:キレイ好きな人になるための習慣5つ

キレイ好きな人が嫌いという男女はあまりいません。では、どうしたらキレイ好きになれるのでしょうか? そのための習慣を紹介します。

(1)物を捨てる

キレイ好きな人に共通している点は、不要な物を持っていないということ。部屋に物があふれていると、掃除するにもやっかいです。

掃除をしやすくするためにも、必要のない物を捨てるところから始めましょう。

(2)毎日1か所ずつ掃除する

キレイ好きな人は、掃除や片付けをすることを大変なことだとは思っていません。それは、掃除や片付けが習慣として身についているから。

習慣づけをするためにも、1日1か所と、小さく場所を決めるなどして、とにかく片付けてみましょう。部屋全体を掃除しなきゃと思うより、精神的な負担もなく、いつの間にかどんどん部屋がキレイになっていくのを実感できるでしょう。

(3)本当に欲しいモノだけ買う

最初にモノを捨てることを提案しましたが、モノを捨ててもまた買ってしまっては意味がありません。せっかく物を捨てて広くなったスペースには、自分が本当に欲しいと思うモノだけを置いたほうが気持ちが良いはずです。

買う前に、キレイになった部屋に置くことをイメージをして、本当に必要かどうかを確認する癖をつけましょう。

(4)モノを置く場所のルールを決める

掃除や片付けができない原因のひとつとして、モノを置く場所が決まっていないことがあります。「帰ってきたときにバッグを置く場所はここ」「掃除機はここ」「脱いだ洗濯物はここ」などと、それぞれもの置く場所を決めてみるのも良いでしょう。

そして使ったモノはすぐに同じ場所に戻すのも忘れずに。

(5)好きな掃除用具を使う

高機能であったり、安くてかわいい掃除用具って、たくさん売っていますよね。掃除が好きでない・苦手な人ほど、掃除用具にこだわりを持ってみると良いでしょう。誰しも自分が愛着をもったモノは、どんどん使いたいと思うものです。

新しい掃除機を使ってみたいとか、あの洗剤の効果を試したいというような、一見すると掃除自体とは関係のない欲求から掃除を始めてみるのも、意外と長続きするものです。

 

4:「キレイ好き」は英語で何と言う?

最後にキレイ好きの英語表現を紹介しましょう。「キレイ好きな」という形容詞は「cleanly」と表現されます。キレイ好きな人なら、「cleanly person」でもいいですし、「tidy person」も使えます。

潔癖症なまでにキレイ好きな場合には、「clean freak」と言うこともできますよ。

 

5:掃除好きはいい奥さんになる!?

男性陣に話を聞くと、やはり料理や掃除ができる女性は、結婚相手候補としても人気が高いことがわかります。

部屋が散らかっていると、それだけで「ズボラそう」などの悪印象を与えかねません。ぜひ部屋の掃除はこまめにして、部屋をキレイに保てるようにしてみてはどうでしょう。婚活中の人は、それが近道になるかもしれません。