旦那の年収はいくら?300万円で「生活できない」人と「幸せ」な人の違い

知りたくても聞けない、よその旦那さまの年収。「夫の年収が300万なんだけど、これは多いの? それとも少ないの?」なんて考える奥さまもいるようです。また未婚女子の場合、旦那の年収が300万円くらいだと、どんな生活になるんだろう……と疑問をもつということも。そこで今回は、旦那の年収への不満や年収が高くなくても幸せな夫婦の特徴をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:旦那の給料が低い…

(1)旦那の年収の平均は?

転職サイト「doda」が行った調査によれば、30代の平均年収は452万円、そのうち男性が487万円で女性が382万円。40代の平均年収は528万円、そのうち男性が583万円で女性が413万円であることがわかりました。

日本の企業に勤務する場合、勤続年数が長くなればなるほど収入も上昇していく傾向があるので、結婚する時点で旦那の収入が高いほうがいいと考えるなら、転職を繰り返している若い人よりも、ひとつの会社である程度のキャリアを築いている年齢の人のほうがその可能性は高いでしょう。

(2)旦那の年収1,000万円以上なら専業主婦は幸せ?

会社員で年収が1,000万円の場合、手取りは700万円から800万円ほど。750万円と仮定して、月当たりに直すと62万5,000円となります。

幸せの感じ方は人によって異なりますが、たとえばオシャレなマンションに住むことができれば幸せということであれば、旦那の年収が1,000万円なら、自分は専業主婦でも、都心のタワーマンションの下層階あたりであれば住めるでしょう。

一方で、年に数回は海外旅行に行きたい、でも住む家は普通でいいという場合もあるでしょう。

すべてにおいて贅沢をしたい!というわけでなければ、そこそこの希望も叶えながら蓄えも増やしていけるのではないでしょうか。それを幸せというのであれば、「旦那の年収1,000万円以上なら専業主婦は幸せ」と言えるのかもしません。

とはいえ、結婚生活の幸せってお金で買えないものも多いですからね……。

 

2:旦那の年収が低い…何が不満?あといくら欲しい?妻の本音5つ

(1)日常に遊びがゼロだからプラス月10万円

「結婚して子どもができてから、今まで必死に生きてきました。子どもがある程度大きくなって、これまでを振り返ってみると、やらなければならないことばかりで日常に遊びがなかったなって。

カフェでお茶する程度のちょっとした贅沢はもちろん、家族旅行なんて夢のまた夢。経済的に余裕がなかったからです。月にあと10万円くらい多かったら、貯金もしながら、もうすこしゆとりのある生活ができたと思います」(Nさん・30代女性)

(2)年収の頭打ち感がつらい…あと月8万円は欲しい

「夫はとても頑張り屋さんだし、尊敬も感謝もしています。仕事も頑張ってるけど、頑張ったからといってお給料が上がるわけではないんですよね。もうこれ以上我が家が裕福になることはないのかな……っていうのは、最近思うところです。

今、私はパートで月に8万円くらいの収入を得ていますが、旦那の月給が8万プラスだったら、働きたくありません」(Kさん・30代女性)

(3)子どもに好きなことをさせたいからプラス月30万円

「今、子どもがサッカーを頑張ってるんですが、うまくなればなるほど特別なトレーニングとかに行きたがる。同じクラブの子は、夏休みに短期サッカー留学してたんですが、我が家としては経済的に難しくて……。

自分が我慢するのはいいけど、子どもに好きなことをとことんやらせてあげられないのが何よりつらいです。月30万円くらい増えたら嬉しいですよね。現実的ではないですが」(Rさん・40代女性)

(4)あればあるだけ嬉しい

「若いときはそれほどお金に執着がなかったんえすが、年をとればとるほどお金の重要性を感じるんです。安全、便利さ、安心……どれも、ある程度はお金で手に入るので。使わなければ貯めておけばいいだけだし、あればあるだけ嬉しいものじゃないでしょうか」(Aさん・30代女性)

(5)キレイを維持するためにエステ代に最低月10万円

「年をとってもきれいでいるには、手間暇だけでなく、お金が必要なんです。エステでも、そこそこの年齢の女性がちゃんと手ごたえを実感できるやつって、ブランドバッグが1個買えちゃうくらいの値段がするんですよ。

毎月それをやらないと死んじゃうってこともないですが、今より収入が月10万円多ければ、数万円する高機能コスメもおしみなく使えるようになる気がします」(Sさん・40代女性)

 

3:全然幸せ~!旦那の年収が300-400万円台でゆとりのある生活を送っている夫婦の特徴3つ

(1)夫婦で価値観を共有している

「我が家はお互いの実家のレベル、子どもの教育への考え方、自分たちの趣味など、とにかく夫婦で価値観が合っているんです。だから、お互いに意見を出し合いながらお金の使い道を決められるんです。すごい贅沢はできないけど、不満はありません。貯金もある程度できているので、何の問題ないですよ」(Aさん・30代女性)

(2)センスがいい

「夫婦ともにデザイナーをしている知人がいるんですが、暮らしぶりがとってもおしゃれ。とはいえお金をかけているわけじゃなくて、家具とか食器とかも、骨董市やフリーマーケットなどで、ステキなセカンドハンドのものを見つけてくるんです。お金がなくても、センスがよければ、無駄に高級品を買う必要ってないんですよね」(Yさん・30代女性)

(3)お金の使い方を知っている

「夫と結婚して、お金は使うだけじゃなくて活かす方法もあるんだと知りました。うちの夫は普段かなりケチなんですが、旅行とか投資には思い切りお金を使うんです。だから年収そのものは多くはありませんが、お金がなくて不自由だと感じたことはない」(Mさん・30代女性)

 

4:お金に支配されない感覚を持とう

お金はあると便利ですが、お金に支配されてしまえば、いくらあっても幸せにはなれません。

お金に支配されないために、お金との付き合い方を学ぶことが大切です。投資やファイナルシャルプランナーの勉強をしてみるのも良いでしょう。

多くの情報がインターネット上に無料で公開されている今の時代。お金との距離感を上手に保てるように知識を身につけていきましょう。

 

【参照】

平均年収ランキング 最新版(年齢別)-doda-