俺の女って言うのはなぜ?「俺の女になれ」と言いたくなる心理と女性の特徴

彼氏から「俺の女」と紹介されたり、「お前は俺の女だから」と念押しされたりすると、キュンと感じる女子がいる一方で、「は? 私は誰のものでもありませんが?」とカチンとくる女子もいます。男性が「俺の女」という言葉を使うとき、どんな意味が込められているのでしょうか。そこで今回は、「俺の女」というワードに隠れている男性心理に注目しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:男性が言う「俺の女」って?

男性はときに、付き合っている女性のことを、「俺の女」と言うことがあります。俺さまタイプやドSが大好きなM女なら、嬉しいし照れちゃう……となるケースもないことはないでしょうが、まるで所有物みたいな言い方にイラっとする女子もけっこういます。

単に「彼女」って言えばいいようなシーンで、わざわざ「俺の女」という男性の心理はどういったものなのでしょうか。調べてみました。

 

2:男性が「俺の女」と言う心理

さっそく、「俺の女」をどんなつもりで使っているのか、男性たちに話を聞いてみました。

(1)逃したくない

「“俺の女”って、一種の決めゼリフみたいなところがあります。好きな女の子が、僕と付き合おうか悩んでいるときとかに“俺の女になれよ”っていうと、少し強引な感じがするじゃないですか。流されやすい女性であれば、“う…うん”って言ってくれそうな気がして。

あと、告白がひと言で終わるので、話が早いっていうのもポイントです。そういうシーンでカッコつけたいというか、スマートな男を演じたいんです」(Mさん・29歳男性/公務員)

(2)独占欲の表れ

「女性のことって、普段は絶対に“女”なんて言わないじゃないですか。失礼ですしね。でも、彼女とはそういうワードもアリってくらい深い仲なんだということを周囲に示したいときに使います。

それに、他の男に紹介するときに、“こいつは俺の女だから”って言うと、結びつきの強さを感じさせられるじゃないですか。そう簡単に彼女を取られなさそうだなって(笑)。要するに“こいつは俺のものだから、誰にもやらねーよ”っていう意思表示です」(Mさん・21歳男性/大学生)

(3)照れ隠しで

「“俺の彼女”というと、個人的にはナヨナヨしたイメージがありますよね。男らしい紹介の仕方ではないかな。

でも、彼女のことを周囲に自慢したいときってあるじゃないですか。そういうシーンで“俺の女”って言うと、”守ってやらなきゃいけない女がいる俺って、いい男だろ”って気分になれるんですよ。同性から見ても“俺の女”って言ってる男は、カッコいい。大人の男がいうセリフってイメージがあるので」(Nさん・32歳男性/SE)

(4)喜んでくれると思って

「僕は妹がいるんですけど、妹がもってる少女漫画の中でも“俺の女になれ”ってセリフは、ありがちじゃないですか。そういうのを見て“女子って俺の女って言われたいんだな”って思ったんです。

漫画だと、言われた女の子がキュンキュンしてうっとり顔になってるから、よかれと思って、自分の彼女にも“お前は俺の女だよな?”って最高にカッコつけて言ってみました。でも、“私はアンタのモノじゃない”とキレられましたけど」(Sさん・39歳男性/弁護士)

(5)理性が保てないときに

「彼女が浮気バレしたときに、“お前は俺の女だろっ”って怒ったことがあります。あと気持ちいいエッチしているときも、彼女のことを独占しているって思って満たされて、“お前は俺の女だからな”って耳元で囁いたり。

要するに、感情の高ぶったとかにいう言葉かの。普段は、女だなんて人に向かって言わないですから。でも、興奮しているときって、言葉も冷静に選べないんです」(Uさん・29歳男性/介護士)

 

3:「俺の女になれ」と言いたくなる女性の特徴

男性の所有欲求をくすぐる女性には、特徴があるようです。その特徴を見ていきましょう。

(1)優柔不断な女性

「好きな子がいたんですが、その子には彼氏がいたんですよ。でも、女グセが悪くていつも泣かされていて。つらい思いをしているのに、全然別れないんです。相談されて、“もう別れなよ、よく頑張ったよ”って慰めるだけだと、結局は元の男のところに戻っちゃうんです。だから、少し語調を強めて“俺の女になれよ”って言いました」(Iさん・22歳男性/フリーター)

(2)強がりな女性

「本当は誰かに側にいてほしいのに、ひとりで強がっている寂しい女性っていますよね。そういう女性って、同情されるのを嫌うじゃないですか。そんなタイプの女性を口説くときには、その強情さを包み込むように、“黙って俺についてこい”的な男の強さが必要でしょ。本当は気が弱くて強がっているだけだから、少し強引に言えばイチコロです」(Uさん・29歳男性/税理士)

(3)ルックスがかわいい子

「可愛い子に“好きです”と告白しても、言われ慣れてるから響かないんですよね。ちょっとロマンチックに、かつ女子の好きそうな強引さを加えないとダメ。

それにピッタリなのが“俺の女になって”っていう言葉なんです。恋愛の経験豊富な感じが出るし、モテるタイプでも言われ慣れていないから、関心を引けるかなって」(Wさん・28歳男性/出版社勤務)

(4)曖昧な関係のとき

「友達以上、恋人未満の関係が長く続いている女友達がいて。僕的には彼女にしたいと思ってるんだけど、あまりに友達歴が長いと、今さらかしこまって告白するのも、引かれちゃいそうで。

だから”俺の女になる?”って冗談交じりに言いました。ちょっとキザなセリフだからこそ、重くならず想いを伝えられるってのがあります」(Hさん・29歳男性/保育士)

(5)チャラそうな女性に

「チャラそうな女性って、経験豊富そうですが、心は乙女っていうタイプが多い。だから、そんなタイプの子には“今夜、俺の女になってよ”って言うと、その気になってくれる(笑)。

“彼女”とは言ってないから責任も取らなくていいし、便利な言葉だと思う」(Kさん・32歳男性/バーテンダー)

 

4:男性がついしちゃう俺の女アピール3つ

男性が思うだけにとどまらず、つい行動に出してしまう“俺の女アピール”について紹介します。

(1)外でイチャイチャ

「俺の女っていうことを周りに伝えるいちばん簡単な方法が、公衆の面前で彼女とイチャイチャすること。腰に手を回したり、肩を抱いたり、頬をつねってみたり、膝枕させたり……。照れる彼女の反応を楽しんでいるように見せかけて、実は周りの男たちに“俺の女だ”ってアピールしているんですよ。彼女を束縛せずとも他の男からの防御になるので、便利なんです(笑)」(Wさん・29歳男性/看護師)

(2)彼女のドジエピソード

「彼女を僕の男友達に会わせるときとかありますよね。そういうときに、わざと彼女の恥ずかしいエピソードを公表するんです。例えば“こいつ、いつもアラーム止めて二度寝するから”みたいな。彼女のドジなところを言うんです。“俺の女のことは、俺がいちばんよく知ってる”っていうことを遠回しに伝えたいので。でも彼女はすごく怒ってます(笑)」(Kさん・27歳男性/飲料メーカー勤務)

(3)ルックスについての指摘

「女性のルックスについて注文をつけられるのって、恋人の特権ですよね。“髪は長いほうがいいよ”とか“もっと痩せたら?”とか。

あと、彼女に自分とおそろいのアクセサリーをプレゼントして、つけてもらったりします。ひと目見て、彼女のことを俺の女だっていうことを周りにわかってもらいたいので」(Nさん・36歳男性/研究職)

 

5:「俺の女」には男性の欲望があふれている

俺の女というのは、彼女のことを所有したいという欲求からくる男性が多いよう。彼女のことを“女”と呼ぶことで、親密さを表せると思っている様子。

女子としては、ついつい「私はモノじゃないわ」と怒りたくなりますが、好意の裏返しともとれるわけで、許してあげる寛容さがあってもいいのかもしれません。