メールを拒否したい!キャリア別、メール拒否のやり方と解除方法まとめ

ひところにくらべると、迷惑メールは少なくなりましたが、あらかさまな迷惑メール以外でも、別れた恋人からのメールや、知り合いでもストーカーまがいのもの、そして「どうもあの人のメールは苦手」……と、拒否したくなるメールがあるかもしれません。そこで今回は、メールを拒否するにはどうしたらいいのかについて、解決していきましょう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:メールを拒否したい…その心理とは?

時間を選ばず届くメールは鬱陶しいもの。まず拒否したくなるのは、迷惑メールのように、相手の都合を考えずに闇雲に送ってくるメールでしょう。

それが親しい知り合いであっても、特に用事もないのに、平気で夜中や、明らかに仕事で忙しい時間帯に何通も送ってくるのであれば、拒否したいと思ってしまうことも……。ストーカーや嫌いな人なら、なおのことでしょう。

そしてもっとも困るのが、別れた恋人からのメールかもしれません。スパッと気持ちを切り替えるためにも、迷わず拒否するのが明るい未来のため! ただし、絶対に後悔しないという強い意思をもちましょうね。

 

2iPhoneでもドコモとau、ソフトバンクだと違う?メール拒否のやり方

(1)キャリアによって設定方法が異なる

さて、メールを拒否する方法ですが、「iPhone」を使っていたとしても、NTT docomo、au、ソフトバンクと、キャリアによって設定方法が異なるので注意しましょう。それを簡単にみてみましょう。

NTT docomoの場合、「My docomo」へアクセスして、「メール設定」の中に「迷惑メールおまかせブロック利用設定」などといった機能がありますので、そこで設定します。標準WEBブラウザである「Safari」のブックマークからアクセスするのが簡単でしょう。設定のときに「SPモードパスワード」が必要となるのに注意してください。

auの場合は、「My au」へアクセスして設定。こちらもWEBブラウザからアクセスできるので、特別なアプリは必要ありません。また、NTT domocoの場合も同様ですが、Wi-Fi環境からはアクセスできないので、モバイルデータ通信に切り替えてからアクセスしてください。

ソフトバンクの場合も、他キャリアと同様に「My SoftBank」から受信拒否の設定できます。

どのキャリアもおおまかな操作方法は変わりませんが、それぞれのキャリアのサイトごとにそのプロセスが若干変わるので、要注意です。

(2)ショートメールは?

iPhoneには、メールアプリで送受信するEメール以外に、メッセージアプリでやり取りする「SMS/MMS」というサービスがあります。これをブロックしたいという人もいるでしょう。

SMSとは、ショートメッセージサービス(SMS)のこと。具体的な説明がNTT docomoのページに説明がありましたので、以下に引用してみました。ほかのキャリアでも同じです。

電話番号もしくはSMS相互接続他事業者へ文字メッセージを送受信できるサービスです。宛先は電話番号を指定するので、相手のメールアドレスが分からないときもメッセージを送信することができます。

またMMS(マルチメディア メッセージング サービス)は、iPhoneの「メッセージ」アプリで件名も入れられ、メールのように使える機能です。ただしこれには、「○○@softbank.ne.jp」のように、キャリア独自のメールアドレスが必要となり、NTT docomoはサービス対応していません。

MMSを受信拒否する場合もまた、上記の各キャリアの「メール設定」からできます。またSMSの場合は、iPhone本体で拒否設定をすることもできます。やり方は簡単で、SMSの発信者を選んで、着信拒否にすればいいだけです。

(3)ついでにGmailも教えて!

Gmailは相手をブロックすると「迷惑メール」に移動する仕組みです。

対象者のメールを開いて、右上にあるアイコン「その他」 をクリックし、「(送信者)さんをブロックする」をクリックするだけでOK! ただしiPhoneだとこの操作ができないため、ブラウザ版で操作する必要があります。

 

3:メール拒否の解除方法

(1)拒否を解除したいけど、すぐにできる?

例えば、彼氏とケンカをして一時の感情だけでメールを拒否したあとに仲直りしたときや、別れた恋人と「やっぱりヨリを戻したい」と思ったときなど、拒否設定を解除することになると思います。

拒否設定した相手について、その設定を解除すれば、以前と同じようにメールをやりとりできるようになります。LINEほど簡単ではないですが、設定と同じで解除も難しい作業ではありません。

(2)キャリアごとの手順に従う

拒否設定と同様、解除についても、ドコモ、au、ソフトバンクとキャリアごとに仕様が異なるので、各社のサポートサイトにアクセスして、手順に従って作業を行ってみてください。

一般的な流れとしては、拒否リストに入力したメールアドレスやドメインを削除することで、そのメールアドレスやドメインからのメールが受信できるようになります。あるいは、拒否リストを「設定しない」にする方法もありますが、これだと、あらゆる迷惑メールも入ってくるようになるので、おすすめできません。

(3)Gmailの解除方法

「迷惑メール」のボタンをクリックすると、現在受信拒否しているメールがズラリと並んでいますので、その中からブロックを解除したいアドレスを探し、メールを開きます。上の送信者アドレスの右横にある3つのマルをクリックし、解除することでやりとりが再開できるようになります。

 

4:ところでメールを拒否すると相手にバレる? 

イヤな相手なんだけど、顔を合わせたりする機会がある……そんな人をメール拒否したときは、そのことを相手に知られたくないものです。

ドコモの場合、受信拒否した相手にエラーメッセージを流しますが、それはアドレス変更などと区別がつかないようになっています。

一方、ソフトバンクでは、エラーメッセージの返信機能がないので、相手は出したメールが無視されたと思うことになります。

auの場合はこれが選択できるようになっています。デフォルトの設定では「返信しない」になっていて、エラーメッセージが相手に届きませんが、「返信する」に変更することもできます。

いずれにせよ、メール拒否について相手が直接知ることはありません。ですが、相手が疑い深く調べたら……共通の知り合いから、アドレス変更していないことが伝わって、拒否してるのがバレる可能性は十分にあります。相手に絶対にメール拒否を知られたくない場合には、拒否設定する際、周囲への根回しを忘れずに!

 

5:まとめ 

単に、嫌いな相手だったら迷わず拒否するでしょうけど、例えば、仕事上の付き合いなのに、やたらプライベートのお誘いが来て困っている……こんなケースもありますよね。

そんな時は、ひとりで悩んだ挙げ句にメール拒否……というよりは、上司などまわりの人に相談したほうがいいと思います。