褒め方上手は恋愛上手!女性が喜ぶ上手な褒め方と逆効果しかないダメな褒め方

褒め方がヘタな男っていますよね。「とにかく褒めればいいんでしょ」と思っているのか、見当違いの褒めを展開してきてドヤ顔されると、正直引いてしまいます。「褒め」とは、一撃必殺のポイントアタックが重要。そこで今回は、女性に対する褒めのポイントについて解説。また、リアルなエピソードとして、男性に言われて気味が悪かった誉め言葉もご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:褒め上手は恋愛上手!

他人の良いところを見つけ、言葉にする、つまりは褒めるのが上手な人は、恋愛上手と言われています。人は好意を持ってくれた人に対して、自分も同じように好意を返したいという気持ちになるため、褒め上手はとても有利。両想いになりやすいのです。

いつも皮肉ばかりいう否定的な男性よりも、いつもでも自分のことを褒めてくれる人のほうが、一緒にいて安心できるし、楽しいですもんね。

でも、褒め方が下手な男性って多いんですよね~。

 

2:上手に褒めてモテまくろう!女性が喜ぶ上手な褒め方のコツ5つ

『Menjoy!』過去記事「女性の褒め方は?言われて嬉しい女性の褒めフレーズ10選」に、女性が言われて嬉しい褒めフレーズについてまとめられています。

記事によると、「センスいいですね」など自分の選んだものを褒めてくれる言葉や、努力して身につけた知識について「博学ですね」と褒めたり、お気に入りのものに対して、「これどこで見つけたんですか?僕も欲しいな……」といった言葉に弱いようです。

そのあたりを参考に、褒め方のコツを見ていきましょう。

(1)見た目の変化を褒める

女性というのは、服装や髪型、メイクなどの見た目の変化に気づいてほしいと思っています。例えば新しい洋服を下ろした日や、美容院に行った翌日などには、変化した部分について褒めると喜びます。

「そのスカート、すごく似合っているね」や「その髪型、素敵だね」のように、難しく考えすぎずに、パッと目に入った部分を褒めるようにするといいでしょう。

(2)持ち物褒めからのセンス褒め

「いつも身につけているものについて褒められると嬉しい」という女性も多いです。愛用している時計やバッグ、靴などは、見た目や機能性など、気に入っているポイントが必ずあるもの。そこをうまく引き出しましょう。

また、あまり他の人とカブらなさそうな物について「珍しいですね。どこのものですか?」と質問をして、「すごくセンスがいいなって思ったんです」な と褒めると、それを選んだ自分自身を褒められた気持ちになります。

(3)努力や功績を認める

努力や能力、功績について認めることも、いい褒めにつながります。

例えば資格試験に合格したり、学歴や経歴などを知ったときに「すごいですね。なかなかできることじゃないですよ」という褒められ方をすると、承認欲求が満たされ、嬉しくなります。

(4)考えや価値観を認める

相手の考え方や価値観を認めるというのも、おすすめです。会議中や相談をしたとき、会話の中で「その考え方は思いつかなかったな。さすがです」などと褒めてみましょう。

(5)存在を認める

特に恋愛シーンにおいては、相手の存在自体を褒めるという方法も効果的。ただし「存在自体が素晴らしいです」のようにストレートに褒めると、皮肉と受け取られてしまう場合もあるので、「そばにいるだけで幸せな気持ちになれる、ありがとう」のように感謝することも、相手を認めて褒めることになります。

また、仕事で助けてもらったときには、「やっぱり〇〇さんがいると、違うなぁ」のように言えば、相手は存在自体を褒められたように感じられます。

 

3:逆に気持ち悪い!男性に言われて気味が悪かった誉め言葉3つ

男性に言われて、女性が喜ぶ褒め言葉もあれば、気味が悪いと感じる褒め言葉もあります。どんな褒め方が逆効果なのでしょうか?

(1)胸・お尻など体の部位への褒め

男性に言われて気持ち悪いと感じるのは、胸やお尻など、体の部位を褒められることです。恋人や配偶者以外の男性に、性的な目線や恋愛対象として見られているような褒め方には、セクハラ的な気持ち悪さを感じてしまいます。

(2)ルックスへの全体的な褒め

女性が恋愛対象でもない相手から褒められると気持ち悪いのは、「かわいいね」や「きれいだね」「セクシーだね」のような褒め言葉です。オンナとしてみられていることや、下心があることを感じさせる褒め方は逆効果です。

(3)匂いに対する褒め

香水や体臭などの匂いを褒められると、気持ち悪いと感じる女性もいます。クンクンと鼻息が聞こえそうなくらい匂いを嗅いでいる行動自体も気持ち悪いですし、気付かないうちにこっそり匂いを嗅いでいたとしても、それを想像するだけで気持ち悪いからです。

 

4:褒め方を学びたい!褒め上手になれるおすすめ本

褒め方を学ぶには、どんな本がおすすめなのでしょうか?

褒め方について書かれた『すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 』(廣済堂文庫) という本は、15万部突破したロングセラーかつベストセラー。続編も出版されています。

心理学者の著者が、相手のタイプ別に褒め方のテクニックや状況や場面に応じた褒め方を紹介しています。

 

5:まとめ

好意を抱いていることを伝える前に外見を褒めると、気持ち悪いと感じさせてしまう場合は多いです。

もし褒めて女性を喜ばせたいのなら、相手のことを知った上で、センスや考え方、価値観など、内面を褒めるのが賢明です。媚を売るような薄っぺらい褒め方ではなく、相手の内面に寄り添った褒め方をしてくださいね。