人生をやり直したい人はどれくらいいる?人生やり直すための具体的な方法

タイムリープは人類の夢。今の知識や経験を持ったまま、過去に戻って人生やり直したい、そうすれば……なんていう「もしも」を想像したことは誰しもあるはずです。挫折を味わったり、大きな悲しみを味わったり……人はどういったときに人生をやり直したいと思うのでしょう。人生をやり直したいと思ったときの対処法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:20代だけど人生やり直したい…

就職して社会人になったり、結婚、妊娠、出産など、ライフイベントが目白押しとなる20代には、仕事や人間関係のトラブルに巻き込まれることも多く、人生をやり直したいと感じる人も多いようです。では、何歳に戻れば人生がやり直せるんでしょうか。

『Menjoy!』では、20代~40代の男女500人から「人生をやり直すならいつからやり直したいですか?」というアンケートを取ってみました。その結果がこちら。

産まれるところから・・・67人(21.1%)

小学生から・・・80人(25.2%)

中学生から・・・47人(14.8%)

高校生から・・・59人(18.6%)

専門学校・短大・大学から・・・24人(7.5%)

就職(初就職)してから・・・25人(7.9%)

転職してから・・・4人(1.3%)

婚約する前・・・8人(2.5%)

結婚してから・・・2人(0.6%)

子供が産まれてから・・・2人(0.6%)

定年退職してから・・・0人(0.0%)

「小学生から」という回答がいちばん多く、次いで「産まれるところから」となっています。できるだけ若いころからやり直して、人生をまるごと取り替えたいと考える人が多いようです。

 

2:大学受験・結婚・離婚・借金…人生やり直したい瞬間ランキングトップ5

『Menjoy!』では、20代~40代の男女500人に、人生をやり直したいと思った瞬間について、アンケートを実施しました。トップ5をランキング形式でご紹介します。

5位:結婚に失敗したから・・・17人(5.3%)

「結婚相手を完全に間違えました。仕事をしているのがつらくて、早く結婚して主婦をやりたいと思って結婚したんですけど、姑関係で問題ばかり。旦那に相談しても母親の味方なので、話になりません。人生やり直して別の人と結婚したいです」(Hさん・32歳女性)

4位:受験に失敗したから・・・18人(5.6%)

「大学受験に失敗したので、そこからやり直したいなって思ってますね。学生のころは、学歴がどれだけ社会に出てから影響があるかってことがまったくわかっていませんでした。今の意識のまま、高校3年の春に戻って、みっちり勉強します」(Hさん・28歳男性)

「同窓会で久しぶりに顔を合わせたら、勉強してきた奴とそうでもない奴とではずいぶん人生が別れてしまったなと思ったから」(Mさん・30歳男性)

3位:怠けてしまって夢や目標を達成できなかったから・・・22人(6.9%)

「プロ棋士になるために勉強してきたんですがなかなか昇格できず、結局夢を叶えることができませんでした。今思い返すと、もっと努力できたんじゃないかって思います」(Kさん・30歳男性)

2位:就職に失敗したから・・・33人(10.3%)

「就活がぜんぜんうまくいかず、疲れてしまって、もうどこでもいいやと思って内定が取れたところに入社しちゃったんですが、超ブラック企業で。最悪です。転職先を見つけていますが、スキルもないのでいい条件のところは雇ってくれません。もっとしっかり対策を練って、最後まで粘って、慎重に選ぶべきだったと後悔しています」(Mさん・25歳)

1位:時間を無駄にしてしまったから・・・50人(15.7%)

「大学時代、サークルに入るわけでもなく、勉強するわけでもなく、ただ麻雀やパチンコに明け暮れていました。今、人生がパッとしていないのでなおさら、あの4年間で何かを手に入れられれば、今とは違った人生が送れたんじゃないかって思っちゃうんです」(Yさん・33歳男性)

 

3:人生をやり直したいと思った時の具体的な方法7つ

(1)過去のものを捨てる

「新しい自分になるために過去の自分を断ち切るという意味で、家の大掃除をして、今使っていないものをどんどん処分していきます。ものに気持ちが引きずられるってこと、けっこうあると思うんです。

そりゃ、どうしても捨てられないってものもありますよ。そういうときは、これは今捨てるべきものじゃないものなんだ、と思って捨てずに段ボールにまとめて実家に送っちゃいます」(Tさん・26歳女性)

(2)仕事を辞めて旅に出る

「私は26歳のときに、20歳から務めていた会社を辞めて、2年間、放浪の旅に出ました。東南アジアの国々をまわったときに、自分は海が好きかもって思って、スキューバダイビングのライセンスを取りました。

で、帰国してダイビングショップのヘルプやゲストハウスのヘルパーのアルバイトをしながら離島を点々として、石垣島に来たときに、酪農家が住み込み長期バイトを募集していたので、もしかしたら牛を好きになるかもと思って働き始めました。

牛は好きになれたんですが、OL時代に付き合っていた彼氏が結婚しようって牛舎まで追いかけてきてしまって。実は私、彼が結婚に煮え切らないから人生変えたいって思って旅に出たんですよ。酪農家さんには残念がられましたが、実家に戻ってその彼氏と結婚しました」(Gさん・30歳女性)

(3)部屋の模様替えをする

「人生を変えるにはキャラ変が重要だと思うです。でも、いきなりキャラ変はムリじゃないですか。ってことで部屋の模様替えをするんです。

部屋は自分を映す鏡って言うじゃないですか。フリルいっぱいのガーリー部屋だったり、モノトーンシックだったり、西海岸風だったり。部屋のイメージってその人のキャラが出ますよね。なので逆に、なりたいイメージの自分が住んでそうな部屋に模様替えするんです。職場の次に長くいる場所だから、だんだんと部屋のイメージにキャラが寄っていくんですよ。

家具などを全とっかえしなくても、クッションカバーとかラグとか、布ものを変えるだけでもけっこう雰囲気変わるので、そんなにお金もかからないですよ」(Eさん・33歳女性)

(4)付き合う友達を変える

「人生って、親しい人間によって左右されることがけっこうあると思うんですよ。だから僕は、仮想通貨やギャンブルにハマっていたり、おかしな宗教に心酔していたり、商材ビジネスをしているような友達とは一切縁を切って、地道に真面目に働くことにしました。収入は激減しましたが、人の思いやりを感じられる、人間らしい生活ができていると思います。

人を騙して儲けるような商売をいつまで続けていても、幸せになんてなれないんですよ」(Kさん・29歳男性)

(5)前向きに考える

「人生やり直したいって思ったときって、失敗した自分を責めていることが多いですよね。でも、失敗したからこそ前に進めるってこともあるじゃないですか。逆に言えば後悔しているからこそ、次は頑張れるはずなんですよ。

まず、気持ちを前向きにすることが大切だと思います。そして目の前のことを頑張るしかない」(Rさん・35歳男性)

 

4:まとめ

取材してみると「もっと勉強すればよかった」といった努力不足の後悔や「好きな人に告白をしておけばよかった」など、チャレンジしなかったことへの後悔が多かった印象があります。

人生をやり直すのに年齢は関係ありません。

後悔しながら生きるより、気持ちを切り替えてこれからの人生を歩んで行ったほうが絶対に有意義なものになるはずです。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!