思慮深いの意味は?思慮深い人の特徴と恋愛で男性に思慮深いなぁと感じたエピソード

「思慮深い」って言葉、聞いたことありますか? 「思慮深い」とは、文字通り「考えが深いこと」ですが、実際に思慮深い人は恋愛においてどのような行動をとるのでしょうか? 今回は、思慮深い人の特徴や、思慮深い男性にまつわるエピソードをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:思慮深いとは?英語で言うと?

(1)思慮深いの意味と類語は?

「思慮深い」という言葉、普段の会話ではなかなか使わないですよね。まずは意味を見ていきましょう。

しりょぶかい【思慮深い】

物事を注意深く、十分に考えるさま。「軽薄そうに見えてなかなか―・い性格だ」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「注意深く考える」「しっかり考える」といった意味合いがあるようです。また、類義語としては、「慎重に」「用心深く」などがあります。

(2)思慮深いを英語でいうと?

「思慮深い」という言葉は、英語では「Thoughtful」と表現します。

「Thoughtful」は直訳すると「考え込んでいる」「思いにふけっている」という意味です。また「She is a thoughtful person.」というと、「彼女は気が利く人ね」という意味になります。

 

2:思慮深い人とは?思慮深い人の特徴7つ

思慮深い人というのは、実際にはどのような人を指すのでしょうか。その特徴を7つ、ご紹介します。

(1)その場の勢いで行動しない

思慮深い人は、何事においてもしっかりと考えてから行動するタイプ。そのため、その場のノリや勢いで行動したり、言葉を発したりすることがあまりありません。「後先考えずにやってしまった……」ということがないので、後悔するkとも少ないでしょう。

(2)リスク管理ができる

思慮深い人は、リスクを最小限に抑られるように行動します。先に想定されるリスクを考えて、それを避けるように物事を計画的に進めていくので、大きな失敗やミスが起こりにくいと言えます。その特徴は日常生活でも顕著で、小さな買い物ひとつでも、間違いや後悔のないように行動する人が多いです。

(3)先のことをシミュレーションできる

思慮深い人は、自分のとった行動で、この先にどんなことが起こり得るかを先読みします。物事に対していくつものパターンを想定して考えるので、そのときに最適な行動を選ぶことができるでしょう。また計画のゴールを明確に決めている人も多いようです。

(4)ベストタイミングを見計らう

慎重で計画的だからこそ、自分が何か行動をするときにはベストなタイミングを見計らおうとします。タイミングを間違えることで失敗したり後悔したりしないように、普段から気をつけて行動している人もいます。

(5)慎重すぎる

思慮深くなるあまりに、物事に対して慎重になりすぎるというデメリットもあります。いつまでも考えてばかりいたり、決断できなかったり。自分が心から「OKサイン」を出さないと、なかなか行動に移せない人も多いようです。

(6)ケアレスミスが少ない

あらゆることを想定し、何事においても十分考えて行動するので、うっかり間違いや見落としなどのケアレスミスは比較的少ないと言えます。

とはいえ、中には思慮深くてもうっかりミスをする人もいます。こればかりは仕方がないものですが、行き当たりばったりなタイプよりは、ミスが少ないと言えるでしょう。

(7)賭けをしない

勝算が少ないことや可能性の低いことに挑戦するなど、賭けとも言える行動はあまり好みません。これまでご紹介したように、慎重かつ冷静で、先を見据えて行動するなどリスク回避を優先的に考えるので、賭けのような行動をすることはあまりないようです。

 

3:恋愛で男性に思慮深いなぁと感じたエピソード4つ

思慮深い人は、恋愛においてどんな行動をとるのでしょうか。「男性に対して思慮深いな」と感じたエピソードを集めました。

(1)冷静に話をしてくれる

「私は感情的ですぐに不安になってしまうのですが、彼はとても冷静で落ち着いているので、尊敬しています。意見が合わなくてケンカになったときでも、“一旦冷静に話し合おう”と言ってくれるし、こちらの思いをしっかり聞いてくれて、どうすればいちばんお互いが納得できるかを一緒に考えてくれます」(35歳女性/自営業)

(2)すぐに根を上げない

「夫は、子どもがわがままを言っているときでも、根を上げたり怒ってその場を離れたりせず、子どもが落ち着くまでしっかりと話を聞いてあげて、じっくり付き合ってあげます。

子どもの様子をうかがって、ペースに合わせてあげるところが思慮深いと思います」(40歳女性/会社経営)

(3)先のことをしっかり考えてくれすぎて…

「元カレの話です。付き合ってさほど長くなかったころ、結婚の話もまだ出ていないのに私の両親への挨拶を欠かさなかったり、実家のことをすごく気にかけてくれたりしました。

すごくちゃんと考えている人なんだなとは思いましたが、私はそんな彼の姿にちょっと引いちゃって(笑)。結婚の話もないうちから身内にぐいぐい入ってこられるのがダメで、結局、気持ちが冷めちゃいました」(36歳女性/保険事務)

(4)数種類のパターンを比較してからしか決定しない

「前の旦那がかなり思慮深い人でした。例えば旅行に行くとなれば、どの旅行会社で予約するといちばんお得でグレードのいいホテルに泊まることができるか、より良いサービスがあるかどうかなどを、必ず5パターンくらい比較してから予約していました。慎重派というか、何をするにもじっくり考えてから行動するタイプです。

確かにそのおかげで失敗は少なかったのですが、ときには行き当たりばったりなワイルドなところも見せてほしかったなと思います」(41歳女性・アルバイト)

 

4:思慮深い性格も良し悪し

思慮深い人の特徴を見ていると、「注意深く慎重」ではあるけれど、裏を返せば「考えすぎる」という面もあるよう。恋愛においても、思慮深い男性とのお付き合いには、メリットとなることも、デメリットとなることもあります。ほどほどに思慮深いのが、いちばんなのかもしれませんね。