久しぶりエッチの注意点!久しぶりエッチの不安を解消する方法

久しぶりのエッチは嬉しいと思う反面、不安を感じるという人も多いようです。久しぶりで緊張する、うまくできないかもしれない……そんな不安は事前に解消して、久しぶりのエッチを楽しみたいですよね。そこで今回は、久しぶりエッチの注意点や、不安を解消する方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:久しぶりエッチは嬉しい?不安?

何年も恋人がいなかったり、恋人がいても遠距離だったりして、長らくエッチがご無沙汰になることもありますよね。

そんな久しぶりのエッチに対して、嬉しい気持ちと不安な気持ち、どちらの思いが強くなるものでしょうか。

今回『Menjoy!』では、久しぶりのエッチに関する独自のアンケート調査を行いました。

「久しぶりにセックスをするとなったとき、楽しみと不安、勝るのはどちらですか?」という質問を、女性366名、男性215名に聞いたところ、以下のような結果になりました。まずは女性の回答から見てみましょう。


女性は楽しみな気持ちが勝る人というが41%、不安な気持ちが勝るという人が30%。楽しみという人がやや上回るものの、そこまで大きな差はみられませんでした。

続いて、男性の回答を見てみましょう。

男性の場合は、女性と比べて楽しみな気持ちが勝るという人が多く、半数以上の59%となりました。一方で、不安な気持ちが勝る人は23%となっています。

今回の結果から、久しぶりのエッチに不安を感じる人は一定数いることがわかります。特に女性は、不安のほうが勝るという人も少なくないので、もし相手が「久しぶりのエッチだ……」と認識できるときには、十分にケアしてあげたほうがいいでしょう。

 

2:久しぶりエッチの注意点5つ

久しぶりのエッチでは、思わぬアクシデントも起きやすいもの。そこで、久しぶりにエッチをする際の注意点をご紹介します。

(1)久しぶりなことを隠さない

「いい大人なのに、しばらくエッチしてないなんて引かれないかな……」ということが心配になって、必死に隠そうとしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、久しぶりなことは、隠さないほうがうまくいくことも。特に男性であれば、経験が少ない女性に好感を持つという人も多いです。女性であっても、男性が久しぶりだと伝えてきたら、「リードしてあげたい」と母性本能がくすぐられるという人も。

久しぶりで不安なら、その気持ちを正直に伝えれば、きっと相手は気持ちを汲み取ってエッチしてくれるはず。伝えることでエッチがやりやすくなるはずです。

(2)リラックスしたムード作り

久しぶりだと、「失敗しないかな」「うまくできるかな」と心配になってしまうこともありますよね。逆に、嬉しすぎて舞い上がって緊張してしまうこともあるかもしれません。

緊張した状態では、気持ちよさを感じにくい上に、空回りしてしまうことも。なので、リラックスできるように心がけることが大切です。場所や照明など、自分の気持ちが落ち着く雰囲気づくりを意識するといいでしょう。

(3)スローセックスを心がける

久しぶりだとドギマギしてしまって、足早にエッチを進めてしまうこともあるかもしれません。しかし女性はそのせいで痛みを感じることもありますし、男性は彼女に物足りなさを感じさせてしまうこともあるでしょう。

ゆったりとしたエッチを心がけると、エッチも楽しみやすいです。女性の場合は特に「久しぶりだから」と、準備を入念にしてもらえるようにお願いしておくのがおすすめです。

(4)暗くしすぎない

暗いほうが雰囲気を楽しめるという人も多いですが、久しぶりのときは真っ暗にしすぎないように注意しましょう。

暗いと相手の表情が見えにくいため、力の加減がうまくいかなかったり、強く刺激しすぎたりして、相手に痛みを感じさせてしまう可能性もあります。また、コンドームの着用に手間取ったり、うまく装着できかったりすることで焦ってしまうこともあるかもしれません。

久しぶりのときは、手元くらいはある程度見えるような明るさでエッチをするといいでしょう。

(5)激しすぎるエッチはしない

久しぶりだと興奮して、いろいろとやりたいことが出てきてしまう人も多いかもしれません。

しかし久々だからこそ、まずはオーソドックスを心がけ、激しいエッチはしないのが無難。慣れないことをすると、思わぬ失敗をしたり、体力がついていかなかったりする可能性もあります。女性の場合は、痛みを感じやすいこともあるので注意しましょう。

 

3:久しぶりエッチの不安を解消する方法5つ

しばらくエッチをしていないと、どうしても不安を感じてしまうこともありますよね。そこで、事前に不安を解消する方法をご紹介します。

(1)ひとりエッチで練習

相手にどう触れたらいいか不安がある場合には、まずはひとりエッチで試してみるのも方法です。相手に触れるつもりで自分の体を触ることで、力加減などがわかります。

また、自分の気持ちのいいポイントを見つけることで、パートナーとエッチをするときに、どこを触ってもらえば良いかわかるというメリットも。パートナーとエッチをするときに近い雰囲気を作りながら、ゆっくり自分の体で練習をしてみてください。

(2)ローションを用意しておく

女性が久しぶりという場合、緊張して濡れないときのことを想定して、ローションを用意しておくのもおすすめです。濡れないことで、エッチの最中に慌ててしまうリスクがなくなりますし、痛いまま進めてしまって、後々つらい思いをする心配もなくなります。

使う必要がなければ、また次回以降に使えばよいので、お守りとして用意しておくと安心できるはずです。

(3)トレーニングをしておく

女性は久しぶりのエッチのときは、挿入しにくかったり、痛くてうまくいかなかったり……ということもよくあること。その原因のひとつとして、エッチをしばらくしないことで、筋肉が衰えていることが考えられます。膣トレを行って筋肉をつけておくと、こうした不安を緩和できるでしょう。男性の場合には、精力をつけるため、体を十分休めておくのもおすすめです。

(4)イメトレをする

久しぶりだと、「エッチってどんなものだっけ……」と不安に思ってしまうことも多いですよね。手順や段取りになんとなく自信がないこともあるでしょう。

そういった場合には、エッチな動画や漫画などを読んで雰囲気をつかみ、イメージトレーニングをしておくのも手です。やり方のコツを思い出すことができれば、エッチ当日の不安も減らすことができるはずです。

(5)気持ちいいことを伝える

久しぶりだと、うまく動けるか不安になってしまう人も多いはず。そういった場合には、相手に動いてもらえるように仕向けるのもおすすめです。

具体的には、よかったときにちゃんと「気持ちいい」と伝えたり、相手を褒めたり、声を出したりすると、相手が積極的に動いてくれることも多いです。不安だからとまったく受け身になってしまうと、相手ががっかりしてしまうことも。事前に相手にどう伝えようか考えておくのもおすすめです。

 

4:まとめ

久しぶりのエッチが不安だと感じたときは、少しでも不安を取り除くために、前々から準備しておくとよいでしょう。

また、エッチ当日も無理をせず、パートナーに気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。楽しい時間が過ごせるといいですね!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!