運が悪い時の過ごし方!運が悪い時にするべきことと悪い運気を退治するお祓い方法

「何をしてもうまくいかない!」なんていうとき、ありますよね。運気は自分で操れないので、悪い出来事が続くとウンザリしてしまいます。そこで今回は、運が悪い時期の過ごし方や、なんとかして悪い運気を退治するためのお祓い方法などをご紹介します。運が悪い時期も上手に乗り切って、楽しく過ごしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:運が悪いのが続くことってありますよね

運が悪いのが続くことってありますよね。朝からイヤなことがあって、ブルーな気持ちなのに、なぜかどんどん悪いことが重なっていって……。

もうすべてがイヤ!というような気持ちになる運が悪い時期、どう過ごしていくべきか、どう乗り越えていくべきか、一緒に考えてみましょう。

 

2:運が悪い日・時期・月・年…運が悪い時の過ごし方3つ

運が悪い時期が1日だけでもつらいのに、1週間、1か月、1年などと長く続いてしまうことも……。そんな運が悪い時期、どのように過ごすべきでしょうか。

運が悪い時期の過ごし方のアイデアをご紹介します。

(1)投げやりにならない

運が悪い時期が続くと「もうどうでもいいや!」と、投げやりな気分になってしまうことも。でも、運が悪いと感じる時こそ、自分を大事にしましょう。

自分がどう感じるかを重視し、楽しいことややりたいことを自由に満喫してみると、気分も晴れやかに。

周囲の人や、恋人に振り回されていないか、自問自答し、「自分はどうしたいのか」をしっかり見つめ直してみることもおすすめです。

(2)部屋の片づけ

部屋やデスクなどの、自分が過ごす環境を整えてみましょう。

キレイな部屋で過ごすだけで、気分が良くなります。また、片づけや掃除をして、キレイになっていく部屋を見ていると、心もすっきりと整っていくもの。

物があふれかえっている……という場合は、思い切って断捨離をするのもよし! 不要な物を捨てていく作業は、不思議と心がすっきりします。物が減ったぶん、心に余裕ができるでしょう。

また仕事をするデスク周りも、この機会に整理整頓しましょう。好きな雑貨や植物を飾るだけで晴れやかな気分で仕事に臨めますよ。

(3)運の良い人に会う

運が良い人に会ってパワーをもらうのもいい過ごし方でしょう。

幸せで運が良い人の好循環に巻き込んでもらっちゃいましょう! 話をするだけでも楽しい気分や運の良い時期の雰囲気を思い出すことができるかもしれませんし、そもそも運気の良い人と会うの自体、とっても楽しいですよね。

いつも笑顔で幸せそうな友達、あなたの周囲にもいませんか? さっそくLINEしてみましょう!

 

3:運が悪い時のお祓い方法3つ

運が悪い時は、普段はしない神頼みに走ってみるのもいいでしょう。そこで、手軽なお祓いに挑戦してみては? 自分で案外簡単にできるものもありますので、気負わずに試してみましょう。

(1)盛り塩

まずは「盛り塩」。邪気を払うとされる塩をお皿に盛って、玄関などに置くだけという簡単にできるお祓いです。家に普通にあるものでできるので、運が悪いと感じたらすぐに試してみてください。

またお皿の色や置く場所、方角によって、高めたい運気を選ぶことも可能。自分の状況と照らし合わせて、試してみましょう。

(2)お香を焚く

良い香りを求めて普段から取り入れているという人も多いでしょうが、お香は神聖なものであり、邪気を払ってくれると言われています。お祓いに使用するなら、自然素材でできたお香がおすすめ。好きな香りに癒されるリラックス効果もあります。さまざまな香りを試すだけでも、運が向いてくるはず♡

(3)神社でお祓い

ちょっとハードルが高いですが、明らかに運気が落ちているなら、神社でお祓いをしてもらうのもおすすめです。ちゃんとしたお祓いをしてもらうことで、新たなスタート地点に立てて、前向きな気持ちを取り戻せるかも。

筆者も実際、運が悪いと感じた時に、友人とお祓いに行った経験があります。その後、ふたりとも驚くほど良いことが起こりました。あまり信心深くないタイプなので、とても不思議な気分でしたが、お祓いしてもらって良かったなぁと感じました。

 

4:運が悪い時に行くべきおすすめの神社3つ

神社でお祓いをしてもらえたり、お参りをすることでパワーをもらえたりと、さまざまな良い効果を望めます。そこで、悪い運気の打開に良いとされている東京の神社を3つご紹介します。

(1)明治神宮(メイジジングウ)

原宿にある「明治神宮」は、都会の中心でありながら緑豊かで、神聖な雰囲気に包まれています。幅広いご利益があるパワースポットとしても有名。アクセスもいいので、気が向いたときに立ち寄ってみましょう。

(2)大國魂神社(オオクニタマジンジャ)

府中駅より徒歩約5分の位置にある「大國魂神社(オオクニタマジンジャ)」は、厄除け・厄祓いの神として有名です。約1900年もの歴史を持ち、武蔵の国の守り神として大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を祀っています。

(3)波除稲荷神社(ナミヨケイナリジンジャ)

築地市場駅より徒歩約5分のところにある「波除稲荷神社(ナミヨケイナリジンジャ )」。災難除・厄除・商売繁盛・工事安全などで有名な神社です。

 

5:運が悪い人には近づかないほうがいい?

あからさまに運気が悪い人には、なるべく近づかないほうが無難ではあります。でも、それが大事な相手の場合、一緒に解決する方法を考えてみれば、ふたりの絆は強くなり、悪い運気を吹き飛ばせるかもしれません。

また自分がなんとなくついていない、運が悪いと感じる時は、悪い流れを変えるきっかけを探してみましょう。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!