結婚相談所の体験談!結婚相談所の体験談とよくあるトラブル

「そろそろ本腰を入れて婚活したい」「地味に婚活してるけどうまくいかないから……」などの理由から、結婚相談所を利用しようと思い始めている人のために! 結婚相談所を信頼のおける頼みの綱、最後の砦と考えている人のために! 今回は、実際に結婚相談所に入会したことのある男女に、よくあるトラブルなどとともに、その実態を聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚相談所の体験談を集めました!

婚活にもさまざまな方法がありますが、そのひとつが結婚相談所。その名の通り結婚を相談する場所であり、入会すると、婚活のプロのアドバイスを受けながら、お相手探しやデートのセッティングをしてもらえて、無事成婚に至ったら成婚料を支払うというシステム。

とはいえ、入会金が高額の結婚相談所も多く、「まだまだ結婚相談所に頼るほどではない」と考えている人にとっては、ハードルが高い場所でもあります。

ということで今回は、実際に結婚相談所を利用した人に、その実態を教えてもらいました。

 

2:20代女性の結婚相談所体験談

まずは、20代で結婚相談所に申し込んだ人の体験談から。「20代で結婚相談所は早いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、意外とそうでもないようです。

(1)実家から出たい一心で…

「私の場合、20代後半になって、とにかく実家から出たいって気持ちが強くなったからです。でも両親は過保護なタイプで、絶対にひとり暮らしを許してくれるわけないと思ったし、彼氏もいなかったから結婚できないし……ということで結婚相談所で結婚相手を探してもらおうと」(Aさん・31歳女性)

――20代で結婚相談所を利用することに迷いはなかったですか?

「ぜんぜん。むしろ、女性の入会資格が29歳までというところもけっこうあったし、電車に乗っているときに見た広告にも、20代から始める人も多いとが書いてあって。ちゃんと責任をもって結婚相手を見つけてくれるっていうイメージだったので、信頼できました」

――結婚相談所はどうやって選びましたか?

「インターネットで情報収集をするところから始めました。広告で見た結婚相談所以外にも、20代割引があるところを探して、3つに絞りました。ただ、話を聞きに行くと強引に入会させられるという口コミを見て怖くなったので、結局、ホームページを吟味した中で、いちばんよさそうなところに絞って、入会するつもりで説明会に行き、そのまま入会しました」

(2)入会して2か月で…

――入会後はどんな感じでしたか?

「20代女性は男性からの人気も高いって説明を受けたんですが、その通りで、最初からすごい数の申し込みが来ました。“私って実はモテるんじゃない?”って錯覚しちゃいましたね(笑)。その中で自分の理想に合っている人をピックアップして週イチくらいでお見合いを重ねて、4人目で今の夫と出会いました」

――4人目って、すごく早いですね!

「はい。運が良かったと思います。あと、何がなんでも結婚して家を出るぞって気持ちだったので、必死さも勝因のひとつだと思います。結婚前提に付き合うことが決まったので、すぐに退会して、その1年後に結婚しました」

Aさんの場合、結婚相談所に入会していた期間のはたった2か月だったそうです。Aさん曰く、「結婚相談所は短期決戦向き」とのことでした。

 

3:30代女性&30代男性の結婚相談所体験談

続いては30代の体験談を聞いてみましょう。

(1)38歳でもうあとがないと思って…

「当時私は38歳で、仕事は契約社員をしていました。彼氏もいなくて、生活も不安定だったので、自分の老後のためにも結婚したいって思って。40代に入ると結婚相談所でも相手が見つからないんじゃないかっていう不安もあり、とにかく30代のうちに入会しないと!って思いました」(Kさん・41歳女性)

――結婚相談所を利用する以外の婚活は考えなかったですか?

「実は、結婚相談所は入会金とか成約料が高いこともあるので、最初は婚活アプリで婚活してたんです。でも全然いい人が見つからなくて……。このままじゃ彼氏すらできないぞと焦り始めて、思い切って婚活の場を結婚相談所に切り替えたんです」

――入会してみていかがでしたか?

「結果としては、今結婚を考えている男性と付き合えているので良かったかな、と。結婚相談所って、相手への希望年収とかを最初から絞った状態で、その希望に合う人がいるかどうかを探してもらえるのが良いですね。アプリよりも年収が高い人が多かったですし」

――今のパートナーさんとはどれくらいで出会えましたか?

「入会して3か月目です。1年以上かかるんだったら退会しようと思っていたので、早く出会えてよかったです。まぁ、私の場合、性格と年収が重要で、見た目にこだわらなかったのが良かったのかもしれません」

Kさんはその男性との結婚を決め、現在は結婚準備をしながら同棲中だそうです。

(2)婚約者に逃げられたから

「親への挨拶まで済んでいた婚約者に逃げられてしまって……。絶望の中、友達に誘われて結婚相談所に登録したというのが実情です」(Yさん・39歳男性)

――それは大変でしたね。結婚相談所に入会してみていかがですか?

「それなりに希望に合う人もいるので、お見合いは10回以上しています。ただ、会ってみるとなんとなく違うなって人ばかりで、お断りし続けてしまっています」

――マッチしやすいコツって、ご自身では何だと思いますか?

「うーん、他の人と比べたことがないのでわからないですが、純粋に、条件と好きなことを素直に書いているからではないでしょうか。嘘とかで飾ったりするのはすぐにわかりますし、相手にもバレると思います」

――今後も婚活は続ける予定ですか?

「そうですね。やっと元カノに逃げられた傷が癒えてきたので、そろそろ前向きにならないとと思っているところです。高い入会金を払ったわけですから、結婚相手を見つけて取り返したいって気持ちもありますし(笑)」

Yさんは今も結婚相談所を利用して婚活に勤しんでいます。相談所では、条件などが合致してお見合いまでは至っても、その先が難しいということもあるようです。

 

4:40代女性&40代男性!結婚相談所体験談

(1)ひとりでいるのが寂しくて

「結婚相談所に入会したのは、ひとりでいる時間が寂しく感じるようになったからです」(Mさん・44歳男性)

――どうやって結婚相談所を決めましたか?

「正直、そんなに深く考えずに、インターネットで検索して出てきた中から、いちばん印象が良かった会社に説明を聞きに行って、すぐに入会しました。思い立ったが吉日って言いますからね」

――理想の相手はいましたか?

「それがなかなか見つからなくて。仕事は土日が基本的に休みなので、お相手がいればお見合いはしてたんですけど、半年間はお見合いから先につながったことが一度もありませんでした。やっぱり僕みたいなハゲでデブは相手にされないのかって思って、そこからダイエットも並行して始めました」

――その後はどうでしたか?

「ダイエットしながらお見合いを続けてたら、7か月目に理想の女性と出会えたんです。初めて会ったとき、“この人とは絶対に2回目デートをしたい!”って思いました。だからけっこう強引にアプローチしちゃいました」

――うまくいきましたか?

「強引なアプローチが良かったのか、初めて2回目デートのOKがでました。今はその女性と定期的にデートを重ねています」

Mさんはこの女性とデートを重ねつつも、まだ結婚相談所での活動は続けているそうです。

(2)老後が心配になって

「バツイチなんですけど、子どももいないし、このままひとりで年をとっていったらって考えると不安で仕方がなくなって。だから結婚相談所に話を聞きに行きました」(Iさん・45歳女性)

――結婚相談所の決め手はなんでしたか?

「最初対応してくれた人の印象が良かったのがいちばんですね。3か所行ったんですけど、その中でいちばん勧誘が強引じゃなかったんです」

――入会してみていかがですか?

「入会して5か月目ですが、いいなって思える相手がどんどん少なくなっています。このままだと、毎月誰とも会わないままじゃないかって思うので、もう少し様子をみて、ダメなら退会するかもしれません」

――合う相手がいない理由はなんだと思いますか?

「こっちの理想が高いのかな? あと、入会している男性がそもそも少ないのかもしれません。今後は年齢の幅を広げてみたり、希望年収や相手の住んでいる場所を広げてみたりしようかと思っています」

入会してすぐは人がたくさんいるように見えても、実際に活動してみるとマッチングする人がどんどん少なくなっていくという話は、筆者も聞いたことがあります。今後、良い男性と出会えることを願っています。

 

5:結婚相談所のよくあるトラブル5つ

(1)入会が強引

口コミなどでもよく見られますが、ただ説明を聞きに行っただけなのに、無理やり入会させられてしまったということがあります。

中には、入会のところにサインするまで帰らせてもらえないくらいの勢いで3時間以上引き留められたという人もいるようです。

(2)公約と実際が違う

結婚相談所では、毎月2人以上とお見合いができなければキャッシュバックするなど、独自のルールが設定されているところが多いです。

ですが実際には、マッチングする人が最低人数を超えている場合は、お見合いに至らなくても最低人数はクリアしたとして対処してもらえないなど、さらに細かい条件がついていて、結局、入会しても誰とも出会えなかったというケースも。

(3)お見合いでのトラブル

お互いの条件に合う人が見つかり、実際に初めて会ってみることを結婚相談所では「お見合い」と呼ぶことが多いです。そのお見合いで、男性がお茶代を払うという規定があるのに割り勘にされてしまったり、情報商材を勧められたり、当日になってドタキャンをされたりというケースも。また、強引にホテルに誘われ困惑したという人も。

結婚相談所がセッティングするお見合いは1対1というところが多いです。よく知らない相手と対峙しないといけないわけですから、このあたりは肝を据えて対応したいところです。

(4)サポートが少ない

結婚相談所には仲介役となってくれる人がいます。それぞれの会社で、アドバイザーやコンシェルジュなど、呼び名は違いますが、そういう人が相談に乗ってくれたり、相性が良さそうな人を紹介してくれるのが結婚相談所のメリットのひとつと言えます。

ですが、会社によってはこの仲介役の人がほとんど連絡をしてこないということもあるようです。手厚いサービスやアドバイスを期待している場合は、ガッカリしてしまいますよね。

(5)成約料を支払ったのに…

結婚相談所での成約とは、お互いが結婚を考えて交際を始めることと定義している会社が多いです。

ですが、実際には、結婚に向けて交際を始めたものの、やっぱり無理……ということもあるでしょう。人によっては実際には結婚できていないのだから、返してほしいと思う可能性もありますよね。でもそれは認められない場合がほとんどのようです。

 

6:結婚相談所にはメリットもたくさん

実際に結婚相談所を使ってみたり、使っているという人の体験談をご紹介しました。結婚相談所のメリットとしては、結婚したいという気持ちが強い人が集まっていることや、相手の身元がはっきりしていること、第三者からの紹介が受けられることなどがあるでしょう。

もし、あなたの婚活スタイルが結婚相談所向きだと思うなら、年齢やタイミングはあまり深く考えず、一度入会を検討してみても良いかもしれませんよ。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!