色っぽいメイクの方法!大人可愛いから妖艶メイクの仕方のポイント

みなさんは普段、どんなメイクをしていますか? 女性はメイクによって、印象を大きく変えられますよね。そこで今回は、時短美容家の肩書きを持つ筆者が、さまざまなメイクの方法を伝授。色っぽいメイクから大人可愛いメイク、妖艶なメイクや40代の失敗しないメイクの仕方まで、一気に解説していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:色っぽいメイクの決め手となるのは?

色っぽさをメイクで出そうと思ったら、その決め手となるのは、質感と色使い。

女性らしさやミステリアスさを意識すると、色気のある雰囲気に仕上げやすいです。自分なりの色気を強調できるメイクを覚えておくと、恋愛のシーンで役に立つでしょう。

 

2:大人可愛いメイクの仕方5つ

(1)肌にはツヤ感を出す

 

ベースメイクでは、ツヤ感を出すのが、大人可愛いメイクの鉄則。目のまわりや頬の高い位置にツヤがあると、顔にメリハリが加わり、フレッシュな印象にもなります。

(2)まつ毛はインパクトを出す

まつ毛にインパクトがあると、大人可愛いイメージになります。とはいっても、盛りすぎは時代遅れ。長さやコシを意識するようにしましょう。

(3)アイメイクは手をかけていないようできちんと手をかける

アイメイクは、手をかけていないように見せて、きちんと考えられたグラデーションがベスト。

ベージュ系のアイシャドウで目が大きく見えるようにグラデーションをつくるのがおすすめ。優しくて落ち着いた色合いが、大人可愛いイメージをつくってくれます。

(4)チークで健康的な血色をプラス

大人可愛いメイクには、チークも欠かせません。強すぎない発色のものを選び、健康的な血色を加えていきましょう。

(5)ほどよいツヤでうるるんリップに

口元にも、ツヤ感を加えることで、大人可愛い印象をアップ。

もちろん塗りすぎはご法度。ベタベタした印象は不潔感にもつながるので、ほどよいツヤを与えられるグロスや口紅を使って、うるるんとした印象に仕上げていきましょう。

 

3:妖艶メイクの方法5つ

(1)肌には立体感を重視

ハイライトやシェーディングを取り入れて、立体感のある肌を重視することで、妖艶な印象に近づけられます。

ブロンザーや細かいラメの入ったハイライターを使い、彫りの深い海外セレブのような肌感を目指すのがいいでしょう。

(2)アイメイクはインパクトを強めに

アイメイクのインパクトを強めると、妖艶な印象が強まります。

ブラックのアイライン、ブラウンのアイシャドウ、ブラックのマスカラ……と、インパクトを強めるほど、ミステリアスなイメージになります。

(3)眉毛はクールな仕上げに

妖艶な仕上がりを目指すなら、眉毛はクールめに仕上げるのがポイントです。

パウダーでふわっと仕上げるよりも、リキッドやペンシルを中心に、キリッとした輪郭で仕上げましょう。

(4)チークで女性らしさをプラス

妖艶な雰囲気のメイクでも、チークはマスト。

女性らしいピンクやローズを選び、頬にうっすらと塗ることで、女性らしいムードが引き立ちます。

(5)口紅は濃いめの発色を

濃いめの発色の口紅を選ぶと、妖艶なメイクが際立ちます。わかりやすく妖艶さを出すなら、赤い口紅の一択でしょう。

 

4:可愛いアラフォーの作り方!40代のメイクの仕方ポイント3つ

(1)乾いた印象のパーツをつくらない

40代の肌は、どうしても若いころと比べると、乾きがち。なのでメイクでは乾いた印象になるパーツをつくらないよう、保湿やうるおいを感じさせる仕上がりが理想的です。

特に、生え際周辺や鼻のまわりは、乾燥が目立ちやすいので、しっかりとフォローしていきましょう。

(2)「毛」を豊かに仕上げる

加齢とともに、あらゆる「毛」が寂しくなってくるのも、ありがちなお話です。

そこで40代がフレッシュなメイクを目指すなら、眉毛やまつ毛などのを豊かに仕上げるのも重要なポイントに。

盛りすぎると古めかしくなるので、地毛が豊かに生えているような自然な仕上がりを目指していきましょう。

(3)シワを必ずカバーする

目のまわりや唇などにうっすらと出ているシワは、メイクで必ずカバーしておきましょう。

シワを目立たなくすることで、より若々しくて、可愛さのあるメイクに仕上げられます。顔にも使えるバーム状の保湿クリームは特におすすめ。メイクをしながらシワをフォローできて便利です。

 

5:モテる顔はメイクでつくれる!

メイクは「こんな顔になりたい!」に、効率的に近づけてくれる便利な方法のひとつ。

「妖艶な顔になりたい」「ミステリアスな女性になりたい」「年齢を感じさせない、可愛い顔になりたい」などの願望は、メイクが解決してくることも少なくありません。デート用、飲み会用、会食用……と、いくつかのメイクのバリエーションを持っておくといいかもしれませんね。