足首が太い…象足は生まれつき?原因と細くする方法

足首が太く、足にメリハリがない!……女性を悩ますそんな「象足」現象。いったいなぜ象足になってしまうのでしょうか? そして改善する方法はあるのでしょうか? そこで今回は、健康マネジメントの修士号を保持する筆者が、足首が太くなってしまう原因と、細くする方法についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:足首が太い…

何気なく鏡を見て「あれ? 足首がない…!」と思ったことはありませんか?

女性にとって「首」がつくところは、きゅっと引き締まっていてほしい部位ですよね。しかし、気付けばメリハリのない足首になっていて、悩んでいるという女性は多いもの。足首を気にして、ロングスカートばかり履いているという女性の声もよく聞きます。

このように、脚のラインにメリハリがなく、ふくらはぎと足首の太さがほほ変わらない状態のことを「象足」といいます。

 

2:象足は生まれつき?足首が太い原因5つ

(1)足首が冷えている

 

象足になってしまう原因のひとつに、足首が冷えているということがあります。女性に多い冷え性体質。足首を触って冷たいという場合には、脚が血行不良になっているということ。そのためにむくんで、太く見えてしまうのです。

(2)足首の筋肉の衰え

運動不足などで足首の筋肉が衰えているというのも、象足に陥ってしまう原因になります。ランニングなどの運動をしていると、ふくらはぎは発達しても、足首はキュッと引き締まるもの。普段から歩いたり走ったりしていない証拠です。

(3)1日中座りっぱなし

デスクワークなど、同じ姿勢で座りっぱなしの仕事の人は、脚が血行不良を起こし、むくみやすくなります。そのため、足首もむくんで太くなってしまうのです。さらに、夏場はクーラーがガンガンに効いたオフィスで、冬も冷える足元をストッキング1枚でカバー……となれば、足首はいつも冷え冷え状態。これも血行不良の要因に。

(4)入浴せずにシャワーで済ませてしまう

入浴をすれば体温が上がり、血行が良くなることで代謝が上がります。しかし、シャワーだけで済ませてしまうと、体全体は温まっていない状態のまま。その日のむくみを翌日に持ち越し、さらにむくむという悪循環に……。

(5)飲酒が多い

お酒を飲み過ぎた次の日、顔も脚もパンパンに……。そんな経験をした人は多いのではないでしょうか? 過度のアルコール摂取は、むくみを引き起こすと言われています。飲酒が普段から多いというのも、慢性的な象足の原因になっている可能性があります。

 

3:太い足首を細くする方法5つ

(1)足首を温める

象足になる原因のひとつ、足首の冷えを解消させましょう。日ごろの生活でも、足首を冷やさないように自身で工夫してみましょう。例えば、冷房の効いたオフィスでは、靴下やレッグウォーマーなど、足首を冷やさないグッズ持参するなどです。

(2)足首のストレッチをする

足首のストレッチも、むくみ太り解消にひと役買ってくれます。ゆっくりと痛気持ちいいくらいまで、伸ばしていきましょう。また、足首を起点に、足をぐるぐると回すのも効果的です。

(3)ゆっくり湯船につかる

 

忙しくてシャワーだけになりがちな人も、象足改善のためには、ゆっくり湯船に浸かる時間を作ってみましょう。入浴には新陳代謝を高める効果もあるので、その後のマッサージを組み合わせて、日課にするといいかもしれません。

(4)着圧ソックスを試してみる

筆者も使用している「メディキュット」をはじめとした着圧ソックスは優秀! 夜、履いて寝るだけで、眠りながらむくみケアができるものも。気軽に試すことができます。

(5)飲酒や塩分の多いものは控える

前述したように過度のアルコール摂取はむくみの原因に。加えて、塩分の多い食べ物もむくみを引き起こすと言われています。象足を解消するには、飲酒や塩分の多いものを控えた食事を心がけることも大切です。

 

4:まとめ

象足は日々の心掛けで改善できます。 今回ご紹介したことを日常に取り入れて、足首のむくみを撃退しましょう。

これから露出の増える夏本番、きゅっと引き締まった足首を目指してみてくださいね!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!