美人は得するしブスは損する!女子たちが美人は得だと思ったリアルすぎる瞬間5つ

美人は得をすると言われていますが、実際はどうなのでしょう? 「人生、損ばかりしている」と感じているのは、美人じゃないからなの? そして美人はみんな、得して生きているのでしょうか。そこで今回は、自分の顔に自信のある女性に、得をしたと思った瞬間などを教えてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「美人は得か」論争に結論を出します!

「美人は得する」と昔から言われていますが、はたして実際のところはどうなのでしょう。

美人が得であれば、相対的にブスは損する運命になるのでしょうか。そんなリアルな現実を見るのはつらすぎる……。

そこで今回は、ぶっちゃけ自分のことを美人だと思っているという女性に、ルックスで得をしたと思った瞬間などを聞いてみました。

 

2:自称美人な女子が「美人は得する」と思った瞬間5つ

(1)就職活動で有利

「ぶっちゃけ、就活は楽勝でした。ESの書き方も、入りたい企業に男性のOBがいて、丁寧に考えてくれたし、その人に人事部の人を紹介してもらったりしたので、すんなり第一希望の会社に入れました」(Hさん・24歳)

美人は就活に苦労しないと言います。企業によっては、能力よりも顔面重視と考えているのか、大学のレベルに見合わない大手企業の内定をもらえたという子もいるほど。

(2)服が送られてくる

「インスタグラムを始めて、自撮り写真を載せていたら、すぐにフォロワーが1万人を超えました。そうしたら、モデルの仕事の依頼やインスタで宣伝してくださいとかっていうDMが毎日届いて、服とか小物とか化粧品とかを送ってもらえるようになりました」(Oさん・22歳)

美人な女性というのは、異性からだけではなく、同性からも憧れの的。インスタグラムなどついついきれいな女の子を見つけて、フォローしちゃうという人は多いのではないでしょうか。

(3)頼まなくても男性が奢ってくれる

「私は男の人と食事に行ったとき、自分でお金を払ったことがありません。出sますと言っても、みんな奢りたがるんですよ。むしろ、帰りのタクシー代までもらったり、ごちそうしてもらった上にプレゼントまでいただいたり……。申し訳ないなぁって思うんですけど」(Dさん・27歳)

男性というのは、美人の前では「ワンチャンもない」ってわかっているのに、ついつい良い格好をしてしまう生き物なのでしょう。

(4)お店でのサービスがいい

「カフェやレストランに行ったとき、なんとなくラッキーなことが多いですね。頼んでないのに、窓際の眺めがいい場所や個室に案内されたり、ワインをグラスで頼んだら、ちょっと多めに注いでくれたり。この前、ひとりでカフェにいってコーヒーを頼んだら、サービスですってケーキが出てきました」(Dさん・27歳)

接客態度に不快に思ったことがないだけでなく、プラスオンのサービスまで受けられているなんて……ちょっと嫉妬しちゃいますね。

(5)飲み会に参加しただけでお金が!

「今、家賃25万円のマンションでひとり暮らししてるんですけど、その費用はギャラ飲みでまかなっています。だいたい、1回2時間くらいで2万円くらいもらえます。1日に2件行くこともあるし、タクシー代を別でいただけることもあるんで、それはもらって車持ってる男の子に送ってもらったりしてると、どんどんお金が溜まっていくんですよ。

この前は、ハワイのギャラ飲みに行きました。もちろん飛行機代も宿泊費も向こう持ちで。みんな好きなブランドでバッグや時計を1個づつ買ってもらって……。人によってギャラは違うんでしょうが、私は3泊5日で15万でした」(Cさん・24歳)

美人は飲み会に参加しただけで美人はお金がもらえます。いわゆるギャラ飲みですが、そのお金だけで暮らしていけるくらい稼いでいる人も。ただしこれは今話題の闇営業。納税義務はちゃんとあるので注意が必要です。

 

3:仕事、恋愛、お金…美人が得してブスが損するエピソードで5つ

美人が得するなら、非美人はどうなのでしょうか? 自分の顔に自信がないという女性が、損をしたと感じた瞬間をご紹介します。

(1)割り勘

「かわいい友達と食事に行った際、この前、〇〇さんとご飯をごちそうになっちゃった♡って言っていて。私のときは割り勘だったのに……と軽くショックを受けました」(Sさん・28歳)

美人は男性に奢ってもらえるというけれど、そうでなければ、当然のように割り勘を提案されるという話はよく聞かれました。

(2)裏方に回される

「飲食店でアルバイトをしています。私としてはホールをやりたかったし、面接でも希望を伝えたんですが、なぜかキッチンに配属されました。キッチンは熱いし、むさくるしい男子ばかりだし、搬入とかもあって力仕事なんです。

店長はホールのかわいい女の子たちとわちゃわちゃしていて。そういうことか……と思いましたね」(Nさん・22歳)

飲食のアルバイトの面接で、何も聞かれぬままキッチン担当になったという女性のエピソードです。こうした差別は知らず知らずのうちに行われているのかも……虚しい。

(3)よく睨まれる

「電車の中でよく睨まれるんですよね。ちょっとぶつかっただけで舌打ちされたり。気分悪いんですけど」(Rさん・21歳)

何もしていないというのに他人の標的になるのが、非美人の宿命なのでしょうか……。

(4)利用される

「私は決して美人ではありませんが、けっこう男子がよってきます。授業のレジュメのコピーを求められたり、出席の代理などを頼まれたり……。まあ、都合よく使われているだけなんですけど、断ると心までブスになりそうなので、優しくしてしまいます」(Rさん・21歳)

美人にはそういったことは頼みにくいけど、そうでない人には頼みやすい、という面もあると思われます。

(5)セックスが常にバック

「セックスをするとき、なぜかバックばかりなんですね。どうしてだろうって男友達に相談したら、“そういう体つきなんじゃないの?”って言われましたが、私はたぶん美人じゃないからだと思っています」(Rさん・21歳)

顔が悪いとセックスにも影響があるようですね。

 

4:男性があからさまに美人に待遇してしまう場面3つ

美人とブスとで、あからさまに男性の態度が違うのが分かる場面をご紹介。

(1)合コン

「正直な話、合コンのときは、ブスの話に興味があんまりないかな。とはいえ、場は盛り上げないといけないので、ちゃんと食いついている感じは出しつつ、ごはんを食べますね。だから、内容はまったく覚えていません」(Tさん・35歳男性)

合コンの場では、あからさまに男性の態度が違います。美人が話せばテーブルが華やかになり、ブスが話しているときは男性はついつい食に走ってしまったりするそうです。

(2)エレベーター

「エレベーターに女性が駆け込んできそうなとき、美人だったらかなりの時間、ボタンを押して待っていてあげますが、そうじゃなければ、ボタン連打して一本見送ってもらいますね」(Tさん・35歳男性)

エレベーターでの所作って、人間の本性が出ます。これでブサメンだったら、こっちが同乗拒否してやりたいですよね。

(3)道を聞かれたとき

「美人に道を聞かれたら、丁寧に教えますし、近くまで案内することもあります。でも、もしブスだったら……急いでるんでって言って小走りします(笑)」(Dさん・25歳男性)

道に迷っておろおろしている女子が美人であれば、むしろこちらから声をかけるけれど、非美人なら当然無視という正直な意見も。

 

5:まとめ

美人とブスを比べるとやはり美人のほうが得してるといえるでしょう。でも、美人にも美人なりの悩みはありますし、美人に負けるとも劣らないものを持っているブスもいます。

自分の顔に不満を抱くのではなく、明るくポジティブに生きていきましょう!