バランスボールダイエットの効果は?バランスボールで二の腕や下半身を引き締める方法

バランスボールとは、座るだけで体感が鍛えられて、体を引き締めることができるエクササイズツール。今回は、その正しい使い方とダイエットの効果、そしてバランスボールで二の腕や下半身を引き締める方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ダイソーのはどう?バランスボールはどこで買える?

バランスボールとは、塩化ビーニル樹脂など、体重を預けても壊れにくい素材でできた弾力のあるトレーニングボールのこと。イタリア製の「ギムニク」のものが最も有名で、一般名称は「エクササイズボール」「ヨガボール」「フィットネスボール」などになります。

ネット通販サイトやスポーツ量販店などで購入できますが、100円ショップ大手の「ダイソー」でも販売されています。こちらは、大小2サイズあり、サイズ20cm程度の小さいタイプが100円。55cm程度のなかなかの立派なサイズ感でも500円と、大変お買い得です。耐久性も200kgあり、お値段以上の商品といえるでしょう。

 

2:バランスボールダイエットで期待できる効果3つ

(1)腰痛や肩こりの改善

バランスボールに座って姿勢を維持したり、運動することによって、全身の血行がよくなります。そのため、座りっぱなしや姿勢の悪さによる腰痛や肩こりの緩和に役立ちます。

(2)ダイエット

弾力のあるボールに体を預けて全身を揺らしたり、不安定なボールの上に立ったりというバランスボールエクササイズは、一般の運動よりも激しくなく、また、非日常の感覚があります。そのために、楽しく続けられて、結果的に痩せられるというメリットも。

(3)体幹が鍛えられ、姿勢が良くなる

バランスボールダイエットの基本は、体幹を意識し、インナーマッスルを鍛えること。バランスボールに座ってバランスを取ることを習慣にすると、骨盤のゆがみが改善されるとともに、次第に体の軸が安定して、正しい姿勢がとりやすくなります。すると、日常生活でも姿勢がシャンとして、見た目も美しく。

 

3:バランスボールダイエットでお腹を引き締める方法3つ

(1)簡単に腹筋全体を鍛えられる「バランスボールの上で静止」

まず、膝立ちの状態で体の前にバランスボールを置きます。次に、両肘をバランスボールに置き、両手を組みます。そして、息を吐きながらお腹をボールに近づけ、ボールの上にお腹が乗るように膝を伸ばしていきます。膝がまっすぐになったところで30秒~1分静止します。そして、息を吐きながらゆっくり元の体勢に戻します。これを、3セット程行いましょう。

(2)バランスを取りながらで効果がアップ「バランスボールの上で腹筋」

背中でバランスボールの上に乗ります。足幅は広めに開き、足の裏をしっかり床につけて、体を安定させせましょう。両手は頭の後ろか胸の上で組みます。

そのまま、おへそをのぞき込むような気持ちで、肩から上半身をゆっくり起こします。それを10回×3セット。できるようになったら、回数を増やしていきましょう。

バランスボールの上での腹筋運動は、倒れないようにバランスを取る必要があるため、体幹も鍛えられて、一石二鳥の効果があります。

(3)椅子替わりに使うだけでも効果あり!

バランスボールは、普通に座るだけでも効果が期待できます。デスクの椅子やソファの代わりにバランスボールに座り、腰を前後に揺らしたり、回転させるだけでも、骨盤のゆがみ解消に。また、常に体を安定させようとする意識がはたらくため、知らず知らずのうちに体幹が鍛えられていきます。

 

4:バランスボールダイエットで下半身を引き締める方法3つ

(1)バランスボールの上に膝で立つ

バランスボールの上に膝で立ち、腕でバランスをとりながら、姿勢を正します。太ももとお尻の筋肉を意識するようにすると、下半身の引き締めに効果的です。バランスを崩すと、転倒して怪我をする恐れがあるので、周囲に気を遣うなど、注意して行ってください。

(2)バランスボール使ったスクワット

壁と背中でボールを挟み、まっすぐ立った姿勢からゆっくりと腰を落としていき、再び元の体勢に戻します。呼吸は、しゃがむときに吐き、立ち上がるときに吸います。

バランスボールを落とさないように意識することで、上半身の体幹を鍛えながら、太ももの前側の筋肉が鍛えられます。

(3)バランスボールを使った片足スクワット

(2)の進化系です。同様に、壁と背中の間にバランスボールを挟んでまっすぐ立ちます。

そこから片足を膝を曲げずにまっすぐ前に出して、片足立ちになり、そのままスクワットをします。可能な範囲で腰を下ろし、バランスを保ちながらゆっくりと元に戻します。これを交互の足で行います。

 

5:バランスボールのサイズの選び方は?

バランスボールには、身長によって適正サイズがあります。

身長140㎝~155㎝の小柄な女性であれば、55㎝のバランスボールがベストでしょう。また、身長が155~170cmくらいであれば、65㎝がおすすめだと言われています。

もっとも需要の多い65㎝のバランスボールは、日用雑貨店やスポーツ量販店で簡単に手に入れることができますが、色や形など、自分に好みにあったものを探すなら、インターネット通販がおすすめです。

 

6:初心者は座るだけでも効果あり!

バランスボールは座るだけでも体幹を鍛えられるなどの効果があり、手軽にダイエットを始めようと思っている人もおすすめです。例えば、テレビを見ながらバランスボールに座ることを日課にしたり、慣れてきたら上記のトレーニングを取り入れたりと、バランスボールで効率よく美ボディを手に入れてみてはいかがでしょうか。