好きな人とのLINEが終わった…やりとりを復活させる方法と終わらせないテクニック

好きな人からの突然の既読無視……からの未読無視。好きな人から一通のLINEで、なんでもない日常がとってもハッピーになる一方、LINEが終わってしまっただけで、世界の終わりのような喪失感に襲われます。そこで今回は、好きな人とのLINEが終わってしまったときに復活させるテテクニックや、そもそもやりとりを終わらせない方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:好きな人とのLINEが終わった…

大好きな人と毎日続いていたLINEのやりとりがいきなり途切れてしまった……。それがたった1日でも、「何かあったのかな?」と心配になりますよね。まだ彼女の立場になっていないという場合、毎日続いていたLINEの返信が急に数日に1回になってしまったとしても、「何してたの?」「何で返信くれないの?」と聞くのは、なかなか難しかったりします。

 

2:好きな人とのLINEから脈ありを探せ!LINEを続けさせるテク5つ

まずは、LINEを途切れさせないためのテクニックから見ていきましょう。

(1)もっと知りたいですアピール

もっと知りたいという言葉は、ドキッとさせる魔法のフレーズです。これには、男子もキュンキュンすること間違いなし! 自分のことを知りたいと思ってくれる相手をいきなり嫌いになる可能性は低く、それまで恋愛対象として見ていなかった場合にも、この言葉をきっかけに関係に変化が起こることも多いです。

(2)頼ってます!作戦

男性が「その分野なら任せとけ!」って思えるような状況をつくってあげるのも、女子のテクニック。相手の得意なことを質問するLINEメッセージは、やりとりのきっかけとしては最強なのです。内容によっては、相手からデートのお誘いを引き出すことも。

(3)ちょっと甘えたさん

女の子からの、「ちょっと寂しいから構って」くらいの甘えたLINEは、男子としても返事がしやすいもの。もちろん誰にでもそういうLINE送っているとしたら、「ちょっと面倒な子だな」と認識されてしまう場合もあるので、そのあたりは要注意です!

(4)聞いてあげなきゃ作戦

「話を聞いてあげなきゃ」と男子を思わせられるのは小悪魔女子! 男子は頼られると、なんだかんだ言っても嬉しいものです。もしそれが口実だったとしても、それがきっかけで、デートにつながれば問題なしですね。

(5)意味深な夕焼け写真

休みの日に家でボーっとしてたら、ちょっと前に知り合って連絡先だけなんとなく交換した子からいきなりキレイな夕焼けの写真が送られてくる……なんてロマンティックなんでしょう。相手は、こういう景色に感動できて、しかも、こんなセンスがいい風景の写真が撮れるなんて、きっといい子に違いないって思ってくれますよ。

 

3:好きな人とのLINEを復活させるテクニック3つ

(1)効果的な泣きの1回を!

LINEが続かず、最後に送ったメッセージに返信がなくても、諦めずに「泣きの1回」を送りましょう。その一通が送れなくて、その後まったく発展しなかったとしたら、それは悲しすぎます。しつこすぎるのも問題ですが、泣きの2回くらいはアリかも。

中には、どう会話を続けていいかわからず、考えているうちに返事をするのを忘れてしまうという男性もいます。彼からのメッセージを待つのではなく、自分からの発信と話題づくりをこころがけましょう。

(2)知りたくなるような女の子になる

どんな男性でも、興味が沸いた女の子のことを拒否することはありません。最初から自分ばかりが彼を必要とするのではなく、彼が興味をもつ女の子になるように、日ごろから努力をしましょう。自分磨きを怠らず、常に向上心をもっていれば、きっと彼もその存在の重要性に気づいてくれるはずです。

(3)早めに会う約束をする

LINEだけで距離を縮めることは難しいもの。特にLINEの返信が遅かったり、まめじゃない男性は、LINEでの他愛ない会話のやりとりが得意ではないのかも。そのためには、LINEの内容は7〜8割程度に留め、まずは会える方向性にもっていくことをおすすめします。

 

4:まとめ

LINEが続かないからといって、それだけで終わりというわけではありません。もしかすると、その後再会するチャンスが来て、想像すらしていなかったハッピーな出来事が待っているかもしれませんよ。未来を予期することは誰にもできません。どんなチャンスもしっかりつかめるように、準備をしておきましょう!