Omiaiのブロック機能とは?手順や相手からの見え方などを徹底解説

婚活アプリ『Omiai(オミアイ)』を使っている中で、特に距離を縮めたくない人から執拗にメッセ―ジを受けると困りますよね。そこでブロック機能を使おうと考えていても、相手からどう見えているか不安でなかなか使えない……と悩んでいませんか? そこで今回は『Omiai』のブロック機能について、使い方や使うとどうなるかなどを徹底的にまとめました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:『Omiai』のブロック機能とは?要点をサクッと解説!

Omiai(オミアイ)』のブロックは、メッセージのやり取りをしたくない人との関係を強制的に絶ってしまう機能です。

『Omiai』は、不特定多数の異性からマッチングするアプリなので、素性を知らない人とやり取りをしながらお互いを知っていくことになります。

その中で執拗にメッセージを送ってきたり、不快な言動を繰り返したりする人とは、二度とやり取りをしたくないと思うのが本音でしょう。

そういうときにブロック機能を使うと、変な人からメッセージを受けなくても済むようになるので、快適に『Omiai』を利用できるように。

また、知り合いや友達など、プロフィールを見られたくない相手が一覧に出てきたときに、あらかじめブロックしておけば、自分の存在を知られずに済みます。

ブロック機能は『Omiai』を使う上で非常に有効なので、どんどん使っていきましょう。

2:『Omiai』のブロック機能を使う手順を紹介

こちらでは、『Omiai』のブロック機能を使う手順について紹介します。簡単にできるので、ぜひ試してみてください!

(1)右上の「…」をタップ

『Omiai』のプロフィール画面の右上に、縦に「・」が3つ並んでいる場所があるので、そこをタップします。

そうすると、このような表示になるので「ブロックする」を選択してください。

執拗にビジネスなどへの勧誘をされている場合などは、違反報告をしてからブロックしましょう。

(2)確認画面で「ブロックする」を押す

最終確認として、上記の画面が表示され、「ブロックする」を選択すると、相手をブロックできます。ただし、一度ブロックをしてしまうと解除することができないので注意してください。

以上でブロックの工程は終了です。メッセージ画面からも完全に消えるので、ぜひ試してみてください。

3:ブロックすると相手からどう見える?画像付きで解説!

ブロックをすると、相手からどのように見えるか気になりますよね。そこで、ブロック機能を使うと相手からどう見えるかを解説します。

ブロック機能を使うと、メッセージ画面は以下のように表示されます。

「このお相手は退会しました」と表示され、タップしてもプロフィールに移行できません。つまり、相手のページに行くことが不可能な状態になります。

「他の画面からはどうなの?」と思うかもしれませんが、異性の一覧画面でも表示されませんし、タイムラインを更新しても、もちろん通知されません。

相手が別のアカウントを用意しない限り、確実に閲覧不可能です。

ブロックをしても相手に通知されず「退会しました」と出るだけなので、相手にも気づかれることなくブロックできます。

4:『Omiai』でブロック機能を使うとどうなる?3つの効果を解説

次に、『Omiai』でブロック機能を使ったとき、相手からどう見えなくなるだけでなく、実際にできなくなる3つの効果を解説します。

「プロフィールの閲覧ができなくなる」

「メッセージの送受信ができなくなる」

「二度とブロックの解除ができなくなる」

それぞれ詳しく確認していきましょう。

(1)プロフィールの閲覧ができなくなる

ブロック機能を使うと、プロフィールの閲覧ができなくなります。

それまでにどれだけメッセージをやり取りしていたとしても、「退会しました」という表示だけが残るので、プロフィールへ移動する手段がなくなります。

一覧画面や足あとにも表示されなくなるので、閲覧されたくない相手にはかなり有効です。

不快な文章を送ってくるなど、関係を切りたい相手には、ブロック機能を活用するようにしてみてください。

(2)メッセージの送受信ができなくなる

ブロックを行うと、メッセージの送受信ができなくなります。

メッセージ画面は残りますが、相手には「退会しました」という表示が出るので、メッセージの送信はできません。

厳密には送信だけならできるのですが、ブロックした側には一切届かない仕様になっています。LINEのブロック機能と同じと考えてください。

ブロックした側はそもそもメッセージ欄自体がなくなるので、絶対にメッセージを送れないようになっています。

二度とブロックの解除ができなくなる

ブロックをすると、二度とブロックの解除ができなくなります。

ブロック時にも最終警告として表示されるのですが、『Omiai』ではブロックを解除する方法がありません。

新たにその人とマッチングするには、別のアカウントを使うしかないのです。誤動作などで素敵な異性との関係を切ってしまわないように注意しましょう。

5:自分がブロックされているかをチェックする方法は?

メッセージのやり取りをしていた相手が突然「退会しました」と表示された場合、ブロックされているかどうか気になりますよね。

先ほども述べましたが、ブロックされているかを確認したいと思っても、使っているアカウントでチェックする方法はありません。

唯一の方法としては、他のアカウントからチェックするというものがあります。ただし、ひとりあたり1アカウントしか作成できない規約になっているので、別アカウントを作成する規約違反です。

どうしてもチェックしたいなら、『Omiai』を使っている友人に頼んで、その人のアカウントで確認するようにしてください。

仮に友人のアカウントでその人が表示されたなら、そのアカウントは退会していないということになるので、ブロックされているということになるでしょう。

6:『Omiai』でブロック機能を使う3つのパターンとは

Omiai』でブロック機能を使うときは、以下のようなパターンが一般的です。

「不快なメッセージを送ってくる相手に使う」

「業者やビジネス勧誘者に使う」

「友人や知人など、利用を見られたくない人に使う」

それぞれ確認していきましょう。

(1)不快なメッセージを送ってくる相手に使う

不快なメッセージを送ってくる相手には、ブロック機能を利用しましょう。

マッチングアプリを利用していると、非常に多くの人とマッチングすることになりますよね。中には、相手の気持ちも考えないようなひどい内容のメッセージだったり、下ネタなどの不快になるメッセージを送ったりする人がいます。

一方的にメッセージを送りつけてくる人もいるので、そういう人とマッチングしたときは、サクッとブロックしてしまいましょう。

(2)業者やビジネス勧誘者に使う

『Omiai』には、業者やビジネス勧誘者が一定数存在します。

『Omiai』上での勧誘は固く禁止されていますが、それでもバレないように勧誘を続ける人は多いです。ネットワークビジネスなどはその後の勧誘もしつこく、こちらが何度断っても気にせずメッセージを送ってきます。

完全に規約違反の行動なので、運営に通報した後にブロックしてしまいましょう。

LINEを交換するとさらにやっかいなので、気をつけてくださいね。

(3)友人や知人など、利用を見られたくない人に使う

アプリの利用が周りの人にバレてしまうのは嫌という人は多いですよね。友人や知人などを『Omiai』で見かけた時に、ブロック機能を使うと効果的です。

『Omiai』は、Facebookで友達になっている人は表示されないようになっていますが、それ以外の友達は表示されてしまいます。そのときにブロック機能を使えば、相手の一覧画面に自分の写真が出てこないようになります。

ふと知り合いを見かけてしまった場合は、ブロックするようにしてみてください。

7:『Omiai』以外でブロック機能が充実しているアプリを紹介!

Omiai』以外でも、ブロック機能やそれに類する機能が充実しているアプリは存在します。そこで、ブロック機能が充実しているアプリを2つ紹介します。

「ブロック機能がある」=「ユーザーに配慮している」ということなので、他の機能も充実していて使いやすいですよ。

登録だけなら男女ともに完全無料なので、ぜひ色々利用して、自分に合うアプリを見つけてみてください。

(1)『Pairs(ペアーズ)』

Pairs(ペアーズ)』は、総登録者数が1,000万人を超える最大手のマッチングアプリです。登録者が多いのでマッチング率が高く、地方に住んでいても素敵な出会いを見つけやすいというメリットも。

ちなみに『Pairs』におけるブロックですが、「非表示機能」と「ブロック機能」の2種類が存在します。

「非表示機能」とは、特に問題があったわけではないが、表示しておきたくない相手を非表示にするための機能です。相手の画面のみ非表示になり、設定から解除が可能です。

一方、「ブロック機能」とは、お互い一切のコンタクトを取れなくなります。一度ブロックを行うと解除ができず、お互いの画面で有効になります。

知り合いなどには「非表示機能」、嫌な相手には「ブロック機能」と使い分けができるので、ぜひ活用してみてください。

Pairs』はコミュニティが充実していたり、マッチング率を増やすアイテムが使えたりと、他の機能面も充実しています。女性は利用が完全無料なので、ぜひインストールして試してみてください。

 

(2)『with(ウィズ)』

with(ウィズ)』は、メンタリスト・DaiGoさんが監修しているマッチングアプリ。心理学を用いたマッチングが可能で、相性の良い異性と出会いやすく、人気を集めています。

『with』にも「非表示機能」と「ブロック機能」の2種類があるので、うまく使い分けるとよいでしょう。ちなみに『with』も、ブロックすると二度と解除できないので、気をつけてくださいね。

 

 

8:まとめ

今回は『Omiai』のブロック機能について紹介しました。

『Omiai』などのマッチングアプリを使っていると、どうしても相性が合わなかったり、好ましくない内容を送ってきたりする人とマッチングすることがあります。

そんなときにブロック機能を利用すれば、快適に『Omiai』を利用できるようになるので、ぜひ試してみてください。

『Omiai』の他にも、『Pairs』や『with』などもブロック機能が充実しているので、快適な出会いを見つけたい方はぜひ他のアプリも併用してみましょう。

出会いの場を増やせば増やすほど、チャンスは広がりますよ。

 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!