マッチングアプリ『Omiai』のイエローカードを完全解説!対処法も合わせて紹介

『Omiai(オミアイ)』とは、お見合い形式で会うことができるマッチングアプリです。これから『Omiai(オミアイ)』を利用する上でぜひとも知っておいてほしい「イエローカード」についてご紹介していきます。イエローカードはいわゆる「ペナルティ」。イエローカードを貰わないための対処法や概要についてもあわせて解説していきます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.『Omiai』でイエローカードをもらう人とは!?

マッチングアプリを使っていると、出会い目的の他に、中には「誹謗中傷」や「ビジネスの勧誘」など、本来の使い方とは別の出会いを求めるユーザーも中にはいます。

イエローカードと聞くと、そういったユーザーに向けたものと考える人は多いでしょう。でも、その他の理由でもイエローカードをもらうことがあります。

では、『Omiai(オミアイ)』では、一体どんなユーザーがイエローカードをもらってしまうのでしょうか? 下記で詳しく解説していきます。

(1)卑猥なメッセージやヤリモクを連想させる言葉を使ってくる

マッチング後、すぐに卑猥なメッセージを送って相手を不快な気持ちにさせることは基本的に禁止です。「どうせバレないでしょ」と思っていても、『Omiai(オミアイ)』の運営側が常に24時間体制で監視しており、ヤリモクなどを連想させるような言葉は基本的に禁止となっています。

さらにわかりやすく言ってしまうのであれば「セックス」や「エッチ」など明らかにそれと思わせる単語を使ってしまうと、一発アウトで退会させられてしまうこともあるので注意してください。

あくまで健全な出会いを目的としているマッチングアプリなので、ルールを守ってすてきな出会いを見つけるように心がけましょう。

(2)誹謗中傷してくる

これは『Omiai(オミアイ)』以外のマッチングアプリでも禁止している場合がほとんどですが、「キモい」「消えろ」などの暴言に値する言葉は、一発退会となってしまう可能性が高いので注意してください!

例えば、メッセージで待ち合わせの約束をしていたけれど、約束の時間に来なかったことで相手が逆上し、暴言を吐いてきたという例は多々あります。

誹謗中傷された側はすぐに通報するので、今後も『Omiai(オミアイ)』ですてきな出会いをも見つけたいのであれば、一時的な感情で相手を傷つける言葉を向けないように、気をつけましょう。

時間をおいてもう一度登録しようとしても、ブラックリスト入りしている可能性もあります。相手を思いやった言葉遣いを心がけてください。

(3)プロフィールの虚偽

実際の自分とは異なる写真を載せたり、プロフィールに事実と異なることを記載することは禁止されています。

プロフィールの虚偽は、相手を不快な思いにさせるだけでなく、「本当にこの人は真剣な出会いを求めているのだろうか……」という不信感にもつながってしまいます。

また、写真の虚偽は、一発退場の恐れもあるので注意してください。写真の虚偽は、男女関係なく一定数のユーザーが、自分のことをよく見せようとするためにしてしまうことが多いです。

実際に会ってみて「あれ? 写真と全然違う」となれば、後で通報される可能性もあります。加工しすぎた写真を使用すると、逆にマッチング率が低下する可能性もあるので十分注意してください。

(4)お問い合わせから不審なユーザーと報告される

極めて稀な場合ですが、お問い合わせから「マッチングしたユーザーが怪しい」と通報されてしまうと、イエローカードをもらってしまう場合があるので注意してください。

自分は相手に不快感を与えていないと思ったとしても、場合によっては後から通報されてしまうことがあります。

中には、嫌がらせで通報するユーザーもいます。その場合は、お問い合わせから連絡すれば解除してくれることもあるので試してみてください。

2.『Omiai』でイエローカード表示を受けたらどうなるの?

では、実際にイエローカードをもらってしまうと一体どうなってしまうのでしょう。

Omiai(オミアイ)』を使ってすてきな出会いを見つけるためには、イエローカードはもらいたくないですよね。

イエローカード表示をされたらどうなるのかについて解説していきます。

(1)一部の機能が使えなくなる

最悪なことに、イエローカードをもらってしまうと一部の機能が使えなくなってしまいます。

実際にどの機能が使えなくなるのかは明かされていませんが、いい出会いを追求するマッチングアプリにおいて、一部でも機能が使えなくなってしまうのは致命的。せっかく、これからたくさんのユーザーとのマッチングに期待していたばかりなのに……と思う人もいるでしょう。

『Omiai(オミアイ)』には真面目な出会いを探すユーザーが多いと評判なので、アプリ運営側からしても、会員の質にはこだわりを持っているようです。不審なユーザーがいれば排除していこうとするのは、運営側としては安全を守る意味でも重要なのです。

(2)マッチング率が下がる

イエローカードをもらういちばんのデメリットは、大幅なマッチング率の低下でしょう。イエローカードをもらった場合、相手にはこのように表示されます。

 

誰しも、イエローカードをもらった相手と会いたいとは思いませんよね。一度でももらってしまうと、『Omiai(オミアイ)』で出会いを探すことは、ほぼ不可能になります。

せっかく良い感じの相手とマッチングしていたのに、イエローカードをもらった途端に連絡が返ってこなくなるなんてこともあります。

それだけイエローカードをもらってしまうというのは重大なこと。

マッチング率が低下すると出会いは絶望的なので、仕方ないですが『Omiai(オミアイ)』での出会いは諦め、他のマッチングアプリを使って出会いを探したほうがいいと考えましょう。

3.Omiai(オミアイ)のイエローカードをもらってしまった時の対処方法

では、実際にイエローカードをもらってしまったらどうすれば良いでしょうか。もらってしまったときの対処法を紹介していきましょう。

(1)他のマッチングアプリを始める

正直、イエローカードをもらってしまってから『Omiai(オミアイ)』で出会いを探し続けるのは不可能です。イエローカードは一度もらってしまうといつ消えるのかもわかりません。

どうしても『Omiai(オミアイ)』を使わなければいけない理由がない場合には、他のマッチングアプリに登録して出会いを探した方が断然おすすめです。

中には「1か月でイエローカードが消えた」という人もいれば、「全然消えない」という人もいます。

いずれにせよ、イエローカードが消えるか消えないかは、すべて運営側によって管理されていて、自分自身でどうにかできるものではありません。当てにならないものを待ち続けるのは苦しいもの。『Omiai(オミアイ)』と年齢層が同じ『Pairs(ペアーズ)』などを利用することを検討してみましょう。

4.Omiai(オミアイ)でマッチング相手にイエローカードがついたら?

次は、自分ではなく、もしもマッチング相手にイエローカードがついてしまった場合の正しい対処法をご紹介していきます。

(1)すぐにメッセージを断つ

イエローカードをもらった相手との連絡は、はっきり言って危険です。

たとえ、それまで普通にメッセージを取っていたとしても、何かしらの理由でイエローカードがついてしまっているわけですから、連絡をとるのをきっぱり止めるのが無難です。たとえ会うことになっていたとしても、断ったほうがいいでしょう。

会ってから危険な目にあったとしても、すべて自己責任。リスクが高すぎます。

相手に「なんでイエローカードがついたの?」と聞いても逆上したり、はぐらかされて執拗に「会おうよ」と言ってくる場合もあるので注意してください。

(2)LINEや連絡先を教えない

マッチングアプリでいちばんトラブルの元になりやすいのが、個人情報の流出です。イエローカードがついたユーザーには極力顔も見られたくないのが本音でしょう。

場合によっては連絡先を悪用されてしまう場合もあるかもしれません。

マッチングアプリで出会ったユーザーとは、実際に会うまで個人情報を教えないほうが無難です。

もし個人情報を教えてしまうと、身に覚えのない電話がいきなりかかってきたり、知らないメッセージが大量に届くなんてこともあるかもしれません。最悪の場合、住んでいる住所がわかってしまうなんてことも……。

LINEや連絡先の交換には十分注意してください。

5.まだの人はまず登録したいマッチングアプリ4選

マッチングアプリでの出会いは、複数のアプリに登録してマッチング率を上げることで、チャンスを増やすというのが賢い使い方です。

実際にマッチング率が高いアプリを主戦場に、自分に合ったマッチングアプリを見つけてみてみましょう。

(1)Dine:写真のマッチング率を判定してくれる!

Dine(ダイン)』は写真であなたとのマッチング率を判定してくれるデートに特化したマッチングアプリです。

不要なメッセージもなくて、お互いに気が合えば食事先と日程まで決めてくれるので非常に使い勝手が良いのが特徴です。

(2)with:性格診断でマッチ!写真に自信がなくてもOK

with(ウィズ)』は性格診断を軸にしたマッチングアプリです。

メンタリスト・DaiGoさん監修のもと、さまざまな診断テストや、それに基づいた相手を探すことができるので、ルックスに自信がない人でも、すてきな出会いを見つけることができます。

(3)Pairs:マッチングアプリのド定番、会員数No.1

Pairs(ペアーズ)』は日本で最も会員数が多い、大人気のマッチングアプリです。名前はイニシャル表記なので、身バレ防止対策もバッチリ。安心して利用することができます。

(4)ゼクシィ縁結び:結婚を前提とした人が恋人が見つかる!

ゼクシィ縁結び』は、結婚情報誌でお馴染みの「株式会社ゼクシィ」が運営元となっているマッチングアプリです。

結婚を前提とした出会いを探しているユーザーが多くいるので、より真剣な出会いを探したい方にはおすすめです。

6.まとめ

今回はマッチングアプリ『Omiai(オミアイ)』の「イエローカード」についてご紹介しました。

『Omiai(オミアイ)』は真面目な出会いを探しているユーザーも多くて、実際に筆者が使ってみたときも、たくさんのすてきな出会いを経験することができました。

また、イエローカードのような機能があることによって事前に怪しいユーザーと出会わなくて良いのも大きな魅力のひとつでしょう。

真面目な男性と出会いたい婚活女子は、ぜひ試してみてくださいね!

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!