Omiaiでマッチングして初回デートするまでのポイントをご紹介

彼氏が欲しいけど、出会いが全然ない……! マッチングアプリは、そんな女性にとって救世主のような存在。数あるアプリの中でも、特に注目を集めているのが『Omiai』で、結婚も視野に入れた相手を探したいという真剣度の高いユーザーが集まるのが特徴。そこで今回は『Omiai』を活用して実際にデートするまでのポイントを、体験談と合わせてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.『Omiai』のマッチング方法は?


Omiai』でマッチングするための方法はふたとおりあります。

自分から気になる相手に「「いいね!」」する方法と、相手からきた「「いいね!」」に「ありがとう!」を返す方法です。

それぞれのマッチング方法について、ご紹介します。

(1)気になる相手に「「いいね!」」する

自分から気になる相手に「いいね!」をする方法です。

まずは検索機能を使って、「いいね!」する相手を探します。

「さがす」タブをタップすると、相手候補の一覧画面が表示されます。更に細かく検索したいときは、画面右上の虫メガネマークをタップしましょう。

年齢や居住地、身長、体型、最終ログイン日など、さまざまな詳細条件で絞り込めるので、自分の理想に合った相手を見つけやすくなります。

もうひとつ、相手を探すのに役立つのが、「足あと機能」。足あと機能とは、自分のプロフィールを見た人を確認できる機能です。自分に興味を持ってくれている人を見つけられるので、「いいね!」した後にマッチングできる確率が上がります。

良い相手が見つかったら「いいね!」して、相手からありがとうが返ってきたらマッチング成立です。

(2)相手からきた「いいね!」に「ありがとう!」する

相手からきた「いいね!」に「ありがとう!」する方法です。

自分に「いいね!」を送ってくれた相手は、左から2番目にある「お相手から」タブに一覧表示されます。

「この人いいな」と思った人に「ありがとう!」を返せば、マッチングが成立。

すぐにメッセージに移行してやりとりできるようになります。

2.『Omiai』でマッチングしやすくなるポイント

Omiaiを始めてみたけど、なかなかマッチングしない…」

そんな方でも、ちょっとしたコツさえつかめば、マッチングする確率を一気に上げられます。

ここでは『Omiai』でマッチングしやすくなるポイントをご紹介します。

(1)プロフィールを充実させる

『Omiai』に登録したら、まずはプロフィールを充実させましょう。

マッチングアプリは、顔の見えない会ったこともない相手とコミュニケーションを取ります。

プロフィールが不十分だったらどんな人なのか伝わらないため、相手に興味を持ってもらえません。

相手から「いいね!」が来ないだけでなく、自分から「いいね!」をしてもマッチングできる確率は下がります。

相手に興味を持ってもらうためには、プロフィールで自分のことをしっかり伝えることが大切なのです。

「何を書けば良いのか分からない……」という人は、『Omiai』のプロフィールに用意されている、たくさんの項目を全部埋めてみてください。

また、プロフィールの顔写真も大切です。マッチングアプリでは、顔写真は相手を選ぶための重要な判断基準となります。

良く見せたいからといって加工しすぎたり、恥ずかしいからと、スタンプで顔の一部を隠したりするのはNGです。ハッキリと顔の分かる写真を選びましょう。

(2)どんどん「いいね!」する

マッチング率を高めたいなら、相手からの「いいね!」を待っているだけでなく、自分からどんどん「いいね!」することも大切です。いわゆる「数打てば当たる」作戦ですね。

『Omiai』では、マッチ度が高い相手を表示する機能があります。この機能を活用して、理想のタイプや年齢などから、マッチ度の高い相手に「いいね!」しましょう。

共通点のある相手だと親近感を持たれやすく、「いいね!」を返してもらえる確率が高くなります。

マッチング後も会話が広がりやすく、距離を縮めることができます。

(3)オンライン中の人を選ぶ

「いいね!」するときは、オンライン中の人を選ぶようにしましょう。プロフィールを見れば、最後にログインしたのはいつなのかはすぐに分かります。また、検索機能を使って最終ログイン時間で絞り込むこともできます。

あまりログインしていない人に「いいね!」しても、反応が悪い場合が多く、「いいね!」に気付いてもらえない可能性も高いです。

気付いてもらえないのならば、どれだけ真剣に「いいね!」しても、マッチングできません。

オンライン中の表示になっているのは、出会いに対する真剣度が高い証拠。そんなオンライン中の人を選ぶことで、マッチング率を高められます。

3.マッチング後のやりとりのコツは?

たくさんの人に「いいね!」を送り、無事にマッチング! しかし、マッチングしただけではお付き合いまでは至りません。

大切なのはマッチング後のやりとり。

ここでは、マッチング後どのようなやりとりを心がけたら良いのか、そのコツをご紹介します。

(1)すぐに返信する

マッチングした相手からメッセージ来たときは、すぐに返信するようにしましょう。

マッチングアプリを使っていると、たくさんの人と同時進行でやりとりすることも多いです。

あなたのことをいいと思ってマッチングして、メッセージを送ってくれていたとしても、時間が経てば経つほど、他の人に埋もれてしまいます。

返信したころには「これ誰だっけ……」「こんな人いたかなぁ」なんていう状況になっていることも。

なるべくすぐに返信することで、相手に自分を印象付けることができます。

(2)返信しやすい内容を心がける

メッセージを送るときは、相手が返信しやすい内容を心がけましょう。

最初のメッセージとしてありがちなのが、「はじめまして! よろしくお願いします!」といった内容。

このような挨拶を送ると、向こうからも挨拶だけが返ってきます。そしてきっかけがないまま、会話が終了してしまうケースが多いです。

余程あなたに対して興味を持っている人でないと、この返信から会話が膨らむことはないでしょう。

会話を終わらせないためには、適度に質問を織り交ぜることが大切です。

「何を質問すれば良いか分からない…」という人は、プロフィールから会話のネタを拾ってくるのがおすすめです。

プロフィールの文章や写真などから、趣味や休日の過ごし方などの情報をキャッチして、それについて聞けば、自然な流れで会話を始められます。

始めのメッセージは挨拶だけで終わらせず、「〇〇がお好きなんですか?」などと質問を投げかけましょう。

(3)ほぼ敬語で少しだけタメ口がベスト

マッチングアプリはまったくの他人から関係がスタートするので、お互いに敬語でのやりとりになるケースが多いでしょう。

しかし、ずっとガチガチの敬語で会話をしていると、敬語の辞めどきが分からず、距離が縮まりにくくなってしまいます。

雰囲気を柔らかくして親近感を感じてしまうためには、「ほぼ敬語で、少しだけタメ口」がおすすめです。

完全な敬語だとよそよそしくなってしまい、かと言っていきなりタメ口や親しすぎる口調だと「軽い子なのかな」「常識がなさそう」と悪い印象を与えてしまうでしょう。

最初のうちはきれいな日本語に少しだけくだけたタメ口、顔文字や絵文字を織り交ぜながら、「敬語9割、タメ口1割」を心がけると良いでしょう。

(4)3往復以内にデートのきっかけをつくる

マッチングしてメッセージのやりとりを始めたら、3往復以内にデートのきっかけをつくるようにしましょう。

マッチングアプリにはたくさんの人がいるので、先の見えないやりとりが長引くと、その間に別の相手との関係が進んでしまうこともあります。また、どうやって誘っていいか悩んでいるうちに、フェードアウトしてしまうことも……。

相手から誘われるのをつい待ってしまいがちですが、フェードアウトしてしまう前に、自分からデートのきっかけを作ることが大切です。

デートのきっかけを作るには、共通点を見つけて、相手から誘いやすい雰囲気にするのがおすすめ。

趣味や好きな食べ物に共通点があれば、「これ気になってるんだよね」「私も行ってみたいな~」などとさりげなくデートに行く流れを作れます。

4.『Omiai』を実際に使ってみた!リアルな体験談をご紹介

ここまでOmiaiについてご紹介してきましたが、本当に出会えるのか不安だという人も多いでしょう。

そこでリアルな『Omiai』ユーザーの体験談をご紹介します。

「『Omiai』は他のマッチングアプリに比べると、登録している人の年齢層が少し高めだと感じました。

でも、結婚適齢期の年代の人が多いからこそ、遊び目的や冷やかしではなく、本気で出会いを探している人が多い印象ですね。

会員数も多いので、出会いのチャンスはたくさんあると思います。

結婚を前提に付き合える相手を探したい人におすすめのマッチングアプリです!」(28歳女性)

5.『omiai』と他マッチングアプリの比較

Omiaiは、他のマッチングアプリとどう違うのでしょうか。

ここではふたつの人気マッチングアプリ、『marrish』と『with』について、Omiaiを比較してみます。

(1)『marrish(マリッシュ)』

marrish(マリッシュ)』は、『Omiai』と同じく、婚活に焦点を当てたマッチングアプリです。

女性は完全無料で、男性は月2,500円と、『Omiai』に比べるとややリーズナブルな価格設定です。

ただの婚活だけでなく、離婚歴のある方やシングルマザーの婚活、年の差婚、地方婚などのマイナーな婚活にもしっかり対応できるのが『marrish』の魅力です。

こうした項目は、一般的なマッチングアプリではどうしてもマイナス要素になってしまいがち。

しかし『marrish』なら同じ境遇の人を見つけやすく、むしろ共通点となるのでプラス要素にもなり得ます。

(2)『with(ウィズ)』


with(ウィズ)』は、メンタリスト・DaiGoさんが監修しているマッチングアプリです。

さまざまな診断テスト機能があり、自分にぴったりの相手を見つける手助けをしてくれます。

利用料金は、女性は完全無料で、男性は月に3,400円。『Omiai』とほぼ同じくらいの料金設定です。

『Omiai』に比べると20代前半の若いユーザーが多く、婚活よりも恋活を目的としている人が多いのが特徴です。

逆に婚活が目的なら、『with(ウィズ)』よりも『Omiai』を選ぶのがおすすめです。

6.真剣な相手を探せる『Omiai』

今回はOmiaiを活用して実際にデートするまでのポイントを、体験談と合わせてご紹介しました。

『Omiai』は真剣に出会いを探しているユーザーが多いので、マッチング後にデートに繋がる確率も高いです。

しかし待っているだけではチャンスを逃してしまいます。「いいね!」したりデートのきっかけを作ったりと、自分から積極的に行動しましょう。

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!