男心がわからないと悩む女子必見!男心を知る&つかむ方法

男性を見ていると「女心がわかってないなぁ」と思うときはありませんか? その逆に「男心がまったくわからない」という女性もいるはず。男と女は別の生き物であるという意見もあり、両者が完全に理解し合うのは難しいのかも……。だからこそ男性に「男心」というものを解説してもらいましょう。今回は、男心について深掘りしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:片思い中は男心がわからなくてつらい

男性と接していると、男心って本当にわからない……と感じることありませんか? 特に片想いをしている最中は、どうすれば振り向いてもらえるのかがわからず、困ってしまうということもあるでしょう。

そもそも「男心」というもの自体、捉えどころがなく、ふわふわとしていて曖昧。これは一体、何なのか。街の男性にお話を伺いながら、男心について紐解いていきましょう。

 

2:男心理学からわかる男性心理の特徴10個

さっそく、男心について男性の意見を紹介します。

(1)駆け引きは苦手

「恋愛の駆け引きは苦手です。女性がわざと既読スルーとかしても、ちょっと意識させようみたいに思っているだなんて、全然気づけなくて、脈なしなんだなと思って諦めます。そうしたら、なんでもっと押してこないの?ってキレられて……。ムリだなって思いました」(Kさん・26歳男性)

女性の繊細な女心というものがまるでわからないため、恋愛の駆け引きは苦手。「今度デートしようとか、ストレートに誘ってもらったほうがわかりやすくてありがたい」という意見もありました。

(2)愛情表現は恥ずかしい

「口で言わないとわからないとは言いますけど、“好き”って面と向かって言うのは、恥ずかしくてちょっとムリ……。“私のこと好き?”って聞かれても、“まーねー”っていう感じで、はぐらかしてしまいます」(Sさん・28歳男性)

告白をするのは男性からでも、付き合った後に「好き」と言い続けるのは恥ずかしいもの。女性としては言葉にして言ってもらいたいのでしょうが、「お酒が入らないと言えない」という人も多いです。背中で語りたいのが男というわけ。

(3)ひとりの時間は欲しい

「恋人のことは好きですし、もちろん一緒にいることがイヤなわけがありません。でも、ひとりの時間が欲しいときもあります」(Kさん・30歳男性)

男性がひとりの時間がほしいのは、彼女に言えないことをしたいからだと捉えるのはナンセンス。何も予定を入れずにただただダラダラと過ごしたいときもあるのです。好きなゲームに1日中没頭するとか。

(4)仕事も彼女も両方大事

「仕事が忙しくて彼女と会えないと“私と仕事どっちが大切なの?”ってドラマみたいなこと言われたことありますけど、どっちも大事です。じゃあ、“仕事をクビになってもいいの?”って聞きたいですね。だって、お金がない男はイヤでしょ?」(Wさん・32歳男性)

男性にも、恋人以外の付き合いなどが当然あります。仕事の後に飲んでばかりいる……実はそれも仕事のうちだったりするわけです。上司とお酒を飲む時間が楽しいとは限りません。職場にも人間関係があったり、飲みによって仕事が生まれたりすることがあったりで、そうすんなりとは断れないのです。

(5)傷つきやすく繊細

「彼女とビリヤード行ったときに、案外彼女が上手で、勝負したら負けちゃったんです。それからビリヤードには1回も行っていません」(Dさん・27歳男性)

男性は傷つきやすく繊細。冗談で「こんなこともできないの?」と言った日には部屋から出てこなくなってしまうことも……。彼女にはカッコいいところだけを見せたいというのが男心。カッコ悪い姿を見せてしまったら、自分を許せなくなってしまうわけです。筆者からひと言伝えさせていただきます。めんどくさくてすみません。

(6)追われるよりも追いかけたい

「女性から告白されてお付き合いをしたことがありますけど、あんまり没頭できなくて、楽しくなかったです。追われるよりも追うほうが楽しい」(Sさん・26歳男性)

追われるよりも、高嶺の花に恋をして、夢中になって追いかけているときのほうがが楽しいというのが男心。釣った魚に餌をやらないのが男とはよく言われることですが、ギャンブルと同じく「手に入りそうでギリギリ手に入らないくらいの状態がいちばん興奮します」と言っていました。

(7)好きとエロは別

「女性はよく甘いものは別腹って言いますけど、男性にとっては、エロが別腹です。まったく好きではない女性とだって、エッチだけはしたいって思いますから」(Tさん・25歳男性)

まったく好きではない人とでもエッチをしたいと思うのが男。街を歩いていて、露出度の高い女性に視線を持って行かれてしまうのは好きだからではなく、条件反射なのです。彼が悪いのではありません。もう一度言います。彼が悪いのではありません。男に産まれてきてしまったことが原因なのです。

(8)痩せている女子は必ずしも好きではない

「よく女性って“痩せたい”っていうじゃないですか。でも、男って痩せている女子のことが必ずしも好きじゃないですね。女性の理想の体型って、男からすると痩せすぎって思います」(Uさん・28歳男性)

スタイルのいい女性が好きな男性は多いことでしょう。しかし、女性と異なっているのは「スタイルがいい」ことの定義。たとえば桐谷美玲さんは女性の憧れボディかもしれません。ですが、男性からすると、ちょっと痩せすぎている印象を受けてしまいます。

(9)おっぱいは宝物

「おっぱいは宝物」(Eさん・29歳男性)

たったひと言だけのコメントでしたが、男心を体現した素晴らしいセリフだと思って、採用しました。「男って本当におっぱいが好きだよね」と思っている女性も多いことでしょう。その通りなのです。宝物なので他の誰にも触らせたくないし、つかんだら手放したくないのです。

(10)男同士の友情はかなり大事

「彼女と男友達から同時に遊びの誘いがあったときは、絶対に彼女を優先するとはいえません。正直、男友達と遊んでるときのほうが面白いですからね」(Gさん・22歳男性)

彼女と男友達、恋愛と友情とではどちらを取るのかといった場合、その答えはもちろん人それぞれ。しかし、男友達との友情がかなり大切であるというのも本音です。彼女よりも友人を優先してしまうと言う人もいるくらい。

 

3:嫉妬する?男心と女心の決定的な違い5つ

男心理の特徴についてご紹介しましたが、今度は女心と比較してみましょう。居酒屋で知り合った男女にお話を聞いてみました。

(1)外見のちょっとした変化には気づけない

「髪の毛を切ったとか、新しく買ったワンピースを着てきたとか、そういう変化には気づけません。なので、“似合ってるよ”とか“可愛いね”とかいうセリフを期待されても言えないかな。“なんで怒ってるの?”って聞くことがありますけど、あれは本気で言ってます」(Mさん・26歳男性)

女性と比べると男性は他人のちょっとした変化には気づかないもの。期待しても、期待に応えられないわけです。

(2)会話にはオチとか結論がほしい

「女性と話していると、会話にオチがなかったり、結論がなかったりするじゃないですか。共感を第一優先にするような女性特有の会話っていうのは、ちょっと苦手ですね」(Nさん・28歳男性)

会話にはついつい結論を求めたり、オチを求めてしまうというのが男性。女性と男性とでは会話に求めるものが違うというわけです。

(3)買い物は即決

「女性の買い物は長い! お店でも、いらないものとか必要のないものとかまで、すっごい見て回るじゃないですか。男は欲しい物の売り場に直行して、買って、すぐ帰るだけです」(Aさん・32歳男性)

買い物に関しても男女で大きく違うようです。「買い物に行く前というか、出かける準備も女性は長い」という男性の意見も。

(4)元カノの結婚になぜかショックを受ける

「元カノが結婚したって聞くとショックを受けますね。女性って、別れた男のことはスパッと忘れてさっさと次の恋愛に行ってしまうイメージがあります」(Dさん・28歳男性)

女性は上書き保存、男性は別名保存とはよく言われることですが、過去の恋愛に対して未練を持ちやすいのは、男性のほうだと言えそうです。

(5)女性の「可愛い」が理解できない

「女性のいう、“可愛い”という言葉が理解できません。あれは男には理解できない類いのコミュニケーションスキルなのではないでしょうか」(Hさん・27歳男性)

女性が頻繁に使いがちな言葉に「可愛い」があります。「彼女がどう見ても可愛くないものに“可愛い”と言っていて、理由を聞いても“え、だって可愛いじゃん”としか言わないので、もう理解することを諦めました」という男性もいました。

 

4:男の本音と男心を虜にする!男心をつかむ方法3つ

それでは今度、男心をつかむ方法についてご紹介します。

(1)露出よりもボディライン

「露出度の高い服を着ている人はワンナイトの相手なら全然OKなんですけど、彼女には選びたくないです。でも、スキニージーンズとかのボディラインがわかる服はそこまでのやらしさがないけど、魅力的に見えて自分は好きです」(Yさん・28歳男性)

(2)失敗を笑って許してくれる

「デートとかで失敗することってあるじゃないですか。お店を予約し忘れて入れなかったり。そんなときに、笑って許してくれると本当に性格がいいなと思います」(Kさん・31歳男性)

(3)男を立ててくれる

「男を立ててくれる女性っていうのは魅力的です。友人に彼女を紹介すると、“こいつと付き合うの大変でしょ?”とか言ってくるんです。そんなときに“そんなことないですよ。大切にされてます”って感じで立ててくれる女性がいたんです。その人とは結婚を考えました。まぁ、考えただけですけど……」(Wさん・33歳男性)

 

5:気になる女性への男心…好意のサイン3つ

今度は気になる女性への行為のサインをご紹介します。

(1)歩調を合わせる

「女友達と遊んでいるときは“歩くのが速い”って言われることがあるんですけど、好きな人といると自然と歩調を合わせてしまいます」(Rさん・25歳男性)

(2)いじる

「好きな人がいると、その人とどうにか接したくて、つい相手のことをいじってしまうことがあります。好きな人にはどうしても素直に接することができなくて、意地悪しちゃうんです」(Oさん・23歳男性)

(3)終電で返す

「終電を逃すように飲み会を延ばすのはワンナイトが目的。もし、本当に好きな人がいたら絶対に終電までに返します。逆に、恋愛対象外ばかりの飲み会だったら、すぐにお開きにします」(Yさん・26歳男性)

 

6:男心をくすぐるアイテムの特徴3つ

今度は男心をくすぐるアイテムをご紹介しましょう。男性がついグッとくるものを聞いてみました。

(1)バトル漫画

「漫画は読みますね。『ドラゴンボールからはじまってワンピースHUNTER×HUNTERと、バトル漫画を中心にいろいろと読みました。最近はキングダムにハマってます。相手が同じ漫画を読んでいると、話が弾むから楽しいし、読んでなくても、ストーリーを説明したときに、真剣に聞いてくれると、“この子、可愛い!”って思っちゃいます」(Sさん・28歳男性)

(2)アウトドアグッズ

「アウトドアグッズが好きです。キャンプとかバーベキューとかももちろんするんですけど、まずはアイテムを全部そろえたくなっちゃうんです。なので、まだ一回も使っていない道具とかけっこうあるんですが、そういう話をしたときに、“楽しそう! キャンプ行きたいな~”と言ってくれる女の子には、マジで恋しちゃいますね」(Kさん・34歳男性)

(3)可愛い下着

「男心をくすぐるアイテムっていったら、絶対に可愛い下着です。色白の女性がピンクの下着とかきてたら興奮するじゃないですか。セクシー系の黒とかも捨てがたい。そういう話をするときに、“え、私の今日の下着、ドンズバだよ♡ 見る?”とか言われてみたいです」(Dさん・27歳男性)

 

7:まとめ

今回は男心についてご紹介しました。男心を聞いて、なおさらわからなくなったという女性もいるかもしれませんね。しかし、安心してください。基本的に男性は単純です。もし男性の気を引きたかったら、単純なやり方が効果的だということを覚えておいてください。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!