ローションの代用品になるものは?女性に優しいローション代わりになるアイテム

セックスの際に滑りをよくするため、また、エッチな気分を盛り上げるため、ローションを使っているということは、決して珍しくありません。しかし「ローションがない!」という場合、どうしますか? そこで今回は、ローションの代用品について。家にあるものでローションの代わりになるものを見ていきましょう。実やあんなものやこんなもので代用が可能なんです。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ローションは別の物で代用できる?

セックスの際、「濡れにくい」「もっとセックスを楽しみたい」という人向けに使われるローションのことを特に「ラブローション」と言います。

普段から愛用している人もいれば、セックスを覚えたてのころに、痛みを軽減するために使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、ローションを使いたいなというシーンで、ローションが身近にないときや、または、ラブローションを買うのはちょっと……というときだってあるでしょう。そんなとき、ラブローションは他のもので代用できるかどうか、知りたいものですよね。。

そこで今回は、ローションの代用品についてまとめてみました。普段からローションを使っているという人も、ラブローションの感覚を味わってみたい人も必見ですよ~。

 

2:乳液はどう?ローションの代用として使える物10個

「ローションを使おうと思ったら、切れてしまっていて、ない!」そんなとき、家にあるもので代用は可能なのでしょうか。ローションの代用として使えるものをご紹介します。

(1)ベビーオイル

赤ちゃんの肌にも使えるベビーオイルは、デリケートな部分にも使っても安心。お風呂上りに保湿ローションとして肌に塗っている女性も多いのではないでしょうか。

本来のラブローションと比べて、多少粘度は下がるものの、代用品にはなります。

(2)オリーブオイル

食用のオリーブオイルも、ローションの代用として使えます。天然成分の油であれば、特に人体に害はないです。

しかし、体に塗るとかなりベタベタになりますし、シーツなどにつくと洗濯してもなかなかベタつきが落ちないというデメリットも。もう捨ててもいいと思えるバスタオルの上などで使うのがおすすめです。

(3)ボディソープ

ボディソープは体を洗う際に使うものなので、体につけるのに躊躇する人は少ないかと思います。

しかし、殺菌成分などが含まれているので、膣の中まで入れるのは避けましょう。一般的な家庭用のボディソープは酸性であり。一方、膣の中というのは中性の状態です。そのため、ボディソープが膣内に入ると痛みを伴うことも。その辺りのことを気を付けでくださいね。

(4)乳液

ローションの代用として優秀なのが乳液です。こちらも肌につけるものなので、躊躇することなく、使用することができるでしょう。

ノンアルコールやパラベンフリーなど、肌に優しいものを使用すれば、さらに肌への負担は減ります。

乳液はローションと近い粘度と滑らかさを備えていますし、行為の際、その匂いが気になるなんて人は香り付きの乳液を使うと気にならなくなるかもしれません。

(5)片栗粉

料理を作るときなどに使用する片栗粉、あの粉がローションの代用になると言ったら驚く人も多いかと思います。もちろん、粉のまま使うわけではありません。

片栗粉は水に溶かすと粘り気のある液体に変化します。いわゆる「水溶き片栗粉」というものです。これをローションの代用として使用するのです。

抵抗ある人も多いかもしれませんが「手作りラブローション」と呼ばれるほど、かなり万能。口に入れても平気なものですし、肌に触れても刺激性のあるものはまったく含まれていないので安心。加える水の量で、好みの粘り気に調整するのも簡単です。

(6)ハンドクリーム

手に付けるハンドクリームも、ラブローションの代用が可能。缶タイプのバーム系のものよりも、チューブタイプのクリームタイプのほうがやわらかくて、使いやすいです。

しかし、香りが強いハンドクリームは、そのぶん強めの香料が使われていることが多く、肌に負担がかかります。成分などに注意してください。

(7)はちみつ

最近は、はちみつの美容成分が注目され、コスメなどにもその成分が利用されるようになりました。

質のいいはちみつは、肌に触れても口に入っても安心、粘度も十分にあるので、ローションの代用品として使えます。

しかし、はちみつを体に塗りたくるとなると、かなり量が必要でしょう。はちみつは安いものではないので、そのぶんコストがかかると思ってください。

また、塗ってからすぐに乾いてしまうために、ギシギシとした肌触りになること。代用は可能ですが、人によっては心地よくないと感じるかもしれません。

(8)コンドーム

コンドームにもローションが塗ってあることはご存じですか? 少量にはなりますが、濡れにくい人にとってコンドームは、性病感染の防止、妊娠の予防以外にもローションの役割があることも覚えておいてください。

また種類によっては、たくさんローションが含まれたものも存在します。もしも濡れにくいことが原因でローションが必要であれば、そういったアイテムにスイッチするのもいいかもしれませんね。

(9)卵白

卵白も、ローションの代用として挙げられるものです。食べるものなので、アレルギーでない人以外は、肌に触れても安心でしょう。

アダルトビデオの撮影現場では、コンデンスミルクと卵白を混ぜたものを「疑似精子」として使用している、という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

(10)唾液

濡れにくいという人は、ローションの代わりにアソコを彼氏に唾液で濡らしてもらってください。唾液も若干ですが、粘り気はあります。

さらにアソコを舐めたりしながら唾液を垂らしていくことで、濡れにくいという人であっても、少しくらいは濡れてくるはず。

 

3:ローション代用品を探すときの注意点3つ

(1)アレルギーがないか

代用品の成分に、アレルギーがないか確認しましょう。また、代用にするものは、なるべく天然素材で無添加のものを使ったほうが良いでしょう。よくわからない、聞いたことのない成分が入っていたら、注意が必要です。

(2)あくまでも代用

先に挙げたものは、あくまでもローションの代用品。ローションとまったく同じ効果は期待しないほうがいいでしょう。粘度や乾燥のスピードなど、やはり、多少の差異はあることを承知してから、使用に至ってください。

(3)なるべく膣内は避ける

上でも書きましたが、あくまでもローションの代用品です。肌に塗るぶんにはそれほど問題はないですが、膣内に入ってしまうと、病気の原因になることも……。このことは絶対に忘れないでくださいね。

 

4:まとめ

今回はあくまでもローションの代用品の話です。ローションのような効果や、膣内に入っても絶対安心!というわけではないので、使用をする際には、十分に気を付けてください。

また「濡れない」という人は、ローションに頼るばかりではなく、パートナーとのセックスの際に十分に前戯が足りているのか話し合うことも大切だと思います。

もちろん体質にもよりますが、パートナーからの愛撫が足りないことが濡れない原因でもありますからね。ひとりでも多くの人がセックスを楽しめるよう願っています。