ミュールとは?サンダルとの違いやミュール×靴下の足元コーデ術も大公開

足元を美しく見せてくれるミュール。フォーマルコーデからカジュアルコーデまで幅広く使えるので、愛用している女性も多いですよね。ちなみにみなさんは、ミュールとサンダルの違いを考えたことはありますか? そこで今回は、ミュールとサンダルの違いをご説明しつつ、流行りのミュール×靴下コーデをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ミュールとは?サンダルとミュールの違い

そもそもミュールって、どういう靴のことを言うのでしょうか。「サンダルのオシャレな言い方でしょ?」と思っている人もいるかもしれません。この両者に違いはあるのでしょうか。

まずはミュールの意味を辞書で調べてみると……

ミュール【mule】

かかとの部分にベルトなどがついていない、つっかけて履くサンダル。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

となっています。一方、サンダルは以下の意味でした。

サンダル【sandal】

足をおおい包まず、甲の部分にかけひもなどをつけた婦人靴。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

つまり、サンダルというのは、足全体を包んでいない靴。しかも、正確には婦人靴だそうです。だからこそ、「男性用サンダル」という言葉があるのかもしれません。

そして、ミュールというのは、サンダルの一種なんですね。サンダルはかかとにベルトがついていてもいなくてもサンダルですが、ミュールは、かかとがフリーになっているもの限定。いわゆる「つっかけサンダル」ということになります。

 

2:ミュール×靴下の足元コーデ術6選

最近人気なのが、ミュールと靴下を合わせる足元コーデ。ここからはオススメのミュール×靴下の足元コーデをご紹介します。

(1)クリアミュール×柄ソックス

この投稿をInstagramで見る

 

靴下屋TOKYO公式アカウントさん(@kutsushitaya_tokyogirls)がシェアした投稿

大流行中のクリアミュール。今季ゲットしたという人も多いのではないでしょうか。合わせる靴下によって印象が大きく変わるので、コーディネートの幅が広がって楽しいですよね。柄モノなど、派手なデザインの靴下を合わせるのがトレンドです。

(2)同色系ミュール×ソックス

この投稿をInstagramで見る

 

靴下屋 Tabio 公式アカウントさん(@tabio.jp)がシェアした投稿

同色系のミュールと靴下を合わせると、グラデーションができて美しく、上品な印象に仕上がります。

(3)黒ミュール×原色系ソックス

この投稿をInstagramで見る

 

靴下屋 Tabio 公式アカウントさん(@tabio.jp)がシェアした投稿

黒に原色系の強い色を合わせるのって「ちょっとやりすぎかな」と感じてしまって勇気がいりますが、足元なら程よいインパクトとこなれ感が出せます。シンプルなコーデのワンポイントにすると、一気におしゃれに。

(4)黒ミュール×レースソックス

この投稿をInstagramで見る

 

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

今季はハイブランドも靴下に力を入れています。ハイブランドから登場している靴下は、レースやシースルーなど薄い素材感のものが多め。ミュールを黒にして引き締めると、セクシーな印象に仕上がります。

(5)サテンミュール×ラメソックス

この投稿をInstagramで見る

 

靴下屋 Tabio 公式アカウントさん(@tabio.jp)がシェアした投稿

サテン素材のミュールとラメソックスを合わせると、とてもクラシカルな印象に。フォーマルな場面でも活躍してくれますし、カジュアルコーデに合わせても素敵です。

(6)ペタンコミュール×スポーティーソックス

この投稿をInstagramで見る

 

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

今季はスポーティコーデも大変な人気です。スポーティな靴下にスニーカーを合わせるとカジュアルすぎておしゃれが決まらないという人は、ミュールを合わせてみるだけで、一気に新鮮なコーデに。ペタンコミュールなら、スポーティな靴下にぴったりマッチします。

 

3:メンズのミュール愛用者も多い?

ミュールは最近メンズにも人気があるそうです。確かに、一見ローファーやスニーカーかと思いきや、かかと部分がなく、ミュールになっている靴を履いている男性を見かけることも増えてきました。履きやすくムレないということで、愛用者が増えているのだとか。

全国展開している「ABC-MART」や、ショッピングサイト大手の「ZOZOTOWN」にも取り扱いがあるようなので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

4:ミュールは英語でどう表現する?

ミュールは英語で「mule」と表現します。そのままですね。

ただし「mule」とすると、1足、つまり片足だけの表現になるので、基本的には「mules」と複数形で表します。

 

5:まとめ

靴下と合わせるコーデの流行で、春夏だけでなく秋冬も履きやすくなったミュール。 「おしゃれは足元から」と言う言葉があるように、足元コーデにこだわると、おしゃれ感が飛躍的にアップします。自分が好きな足元コーデを見つけてくださいね。