おっぱい吸いたいと思う男性心理って?おっぱい吸いたいと思う瞬間と吸った感想

「おっぱい星人」という言葉を知っていますか? 筆者はあまり耳にすることがなくなりましたが、おっぱいが特別好きな男性を指す言葉です。こんな言葉が誕生した背景には、男性がいかにおっぱいが好きか、という事実があると言えるでしょう。そこで今回は、おっぱいな男性が、特におっぱいを吸いたいと思う心理や、実際におっぱいを吸った感想をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:おっぱいを吸いたいと思う男性は多い?

女性にとっては、自分に自信が持てたり、その反対に、悩みの種にさえなり得る「おっぱい」。多くの男性たちは、女性のそんなデリケートな悩みをよそに、「触りたい!」「吸いたい!」といった願望を抱いていることが多いです。

実際におっぱいを吸うというのは、男性たちにとってどれほど特別な行為なのでしょうか。

 

2:おっぱいを吸いたいと思う男性心理4つ

(1)癒されるから

「赤ちゃんのころ、母親のおっぱいを吸っていた名残なのか、おっぱいを吸うと不思議と心が落ち着いて、そして幸福感で満たされるような気持ちになります。彼女のおっぱいを吸っているときは本当に至福の時間です(笑)。

おっぱいをもんだり、顔を埋めたりするのもいいんですが、やっぱり吸うのが、いちばんしっくりくる。この気持ち、きっと同じ男性ならわかってくれると思います」(Uさん・23歳/大学生)

(2)女性らしさの象徴だから

「おっぱいって男にはないものだから、女性らしさの象徴的な部位だと思うんですよ。そんなおっぱいを吸うのは、なんていうか、その女性を真の意味で手に入れたというか、そういう支配欲のような欲求が満たされるんです。

女性の中には、“胸なんて、ただの脂肪のかたまりじゃん!”なんていう人もいますが、男性にとっては女性らしさそのもので、とっても崇高なものなんですよ」(Nさん・29歳/事務職)

(3)自分だけじゃなく、彼女にも喜んで欲しいから

「僕はよくおっぱいを吸うんですが、それには合理的な理由があります。まず、僕はおっぱいが大好きなので、おっぱいを吸っている時間はすごく嬉しいです。

そして、僕だけが嬉しいわけじゃなくて、彼女もおっぱいを刺激されて気持ち良くなる。そう、おっぱいを吸うのってすごく合理的で、双方にメリットがある。いわゆるウィンウィンの関係になるんですよ(笑)」(Tさん・30歳/コンサルティング)

(4)本能だから

「彼女と一緒にいるとき、おっぱいを触ったり、服の中に顔を入れておっぱいを吸うことはよくありますが、なんでそんなことをしているのかと改めて聞かれると、答えに困りますね……。なんとなくというか、手持ち無沙汰だから触っているっていう感じかも。

でも、無意識に、自然とおっぱいに手が伸びているということは、きっと本能的におっぱいに心地よさを感じていて、それで触ったり、吸ったりするんだと思う」(Hさん・25歳/公務員)

 

3:猛烈に!おっぱい吸いたいと思う瞬間と感想4つ

(1)胸のふくらみや谷間を見たとき

「この前彼女の家に遊びに行ったのですが、けっこうラフな服装をしていて、胸の谷間ががっつり見えたんですよ。特にエッチな雰囲気ではなかったんですが、おっぱいに吸いついてしまいました(笑)。

実際に、おっぱいを吸っても味はしません。洗剤とかボディソープの匂いがほんのりするか、暑い日はちょっと汗っぽいしょっぱさがあるくらいです。でも、なんていうか、おっぱいを吸っているという事実がたまらなく気持ち良い(笑)。

女性はたぶん知らないでしょうが、男性がおっぱいを触ったり吸ったりするのは、必ずしも性的欲求が理由じゃないんですよ。僕みたいに、衝動的におっぱいに飛びつきたくなるときもあるんです」(Yさん・27歳/飲食店)

(2)仕事で疲れているとき

「出張から帰ってきたときとか、大きなプロジェクトがひと段落したときは、めっちゃおっぱいが欲しくなります(笑)。ハグとかキスじゃだめ。おっぱいに癒されたい。おっぱいを吸いながら、よしよしって言って甘やかして欲しいですね。

こんなこと言うと、“うわ、気持ち悪い!”って思う女性もいるかもしれませんが、男って意外とみんなこんなこと考えている生き物なんですよ(笑)。

もっと引かれちゃうかもしれない発言をしますが、おっぱいって、日によって味がちがうのがおもしろい。女性の体調も関係しているのかもしれませんね」(Aさん・30歳/営業職)

(3)性的に興奮しているとき

「やっぱり、“おっぱいを吸いたい!”って思うのは、エッチな雰囲気のときですね。これは間違いない。エッチしているときにおっぱいを吸うと、ものすごく満たされた気持ちになるんですよ。

おっぱいは舌触りがとてもたまらないんです。白くすべすべな肌と、トップの少しざらっとした舌触りがなんともエロい(笑)。

中には、大きさやかたちに自信がなくて、彼にあまりおっぱいを吸わせてあげない女性もいるかもしれませんが、きっと寂しがっていると思うので、勇気を出して吸わせてあげるといいかも」(Kさん・23歳/大学事務)

(4)四六時中吸っていたい

「“特にこの瞬間におっぱいを吸いたいな~って思う!”というわけではなく、僕ぐらいのおっぱいフェチになると、もはや四六時中吸いたいです(笑)。

朝起きてすぐに吸って、トイレに行くときも吸ったまま、ご飯を食べながらも途中でおっぱいを吸って……。おっぱいならいつでもウェルカムですよ。

女性たちは、おっぱいが持っている魔力をよく知らないでしょう。女性が思っている以上に、男はおっぱいに弱いんですよ」(Tさん・28歳/フリーライター)

 

4:男はみな、おっぱいが大好き?

ほとんどの男性は、女性のおっぱいを愛しています。中には「俺はおっぱいよりもお尻派」という人もいますが、それはただ、比較論として、おっぱいよりもお尻が好きというだけで、「おっぱいが嫌い!」というわけではありません。

むしろ、大好きなお尻の比較対象にするほどですし、おっぱいも好きともいえますよね。

大きさや形で悩んでいる人も多いですが、男性を本能的に満たしてあげるためにも、隠さずに吸わせてあげるといいかもしれません。