吊り橋効果とは?吊り橋効果を恋愛に活かす方法と恋愛に活かせる心理学

吊り橋効果とは、 不安や恐怖を強く感じているときには、出会った人や一緒にいる人に対して、恋愛感情を持ちやすくなるという効果のこと。でも、それって具体的にはどんな理由からなのでしょうか。そこで今回は、吊り橋効果を恋愛に活かす方法や、恋愛に活かせるそのほかの心理学について紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:吊り橋効果とは?吊り橋効果を英語で言うと…

吊り橋効果とは、緊張や恐怖などでドキドキした感覚について、恋愛のドキドキだと脳が錯覚していまう心理のことをいいます。

カナダの社会心理学者のドナルド・ダットンとアーサー・アロンが、吊り橋の上という心拍数が上がる場所を選んで実験をしたことから、この名前が付けられました。正しくは「吊り橋理論」であり、それを恋愛に対して、実効力があるものとして指し示すときに、「吊り橋効果」と呼びます。

ちなみにこの吊り橋効果、英語で表現するなら、「The suspension bridge effect」となりますが、実際に海外でこうした表現が使われることは少ないそうです。ちなみに、ダットンとアロンが発表した研究では、「Some evidence for heightened sexual attraction under conditions of high anxiety(高度な不安条件下での性的魅力の証明)」であり、吊り橋がタイトルに使われていないことがわかりますね。

 

 

2:心理学で恋愛を紐解く!吊り橋効果を恋愛に活かす方法5つ

ではここからは、大学で心理学を専攻していた筆者が、実際に吊り橋効果を発揮して、恋愛を上手させる方法を紹介していきます。体験談も併せて見ていきましょう。

(1)お化け屋敷で

「男女の友達と6人で富士急ハイランドに行って、入ってから出るまで1時間もかかるお化け屋敷に入ったんです。で、男女ペアで動こうって話になって、出口に着いたときにはカップルが2組できてました(笑)」(Yさん・28歳女性)

お化け屋敷は、心拍数が上がる場所ナンバーワンといっても過言ではないでしょう。さらに怖いときに相手に抱きつくことも可能なので、さらに効果が増しそうです。

(2)スポーツで

「会社に社会人のフットサルサークルに入っている男性がいて、ちょっと気になっていたので、試合を見に行かせてもらいました。彼が勝った直後、タオルと飲み物渡したら、いい感じの雰囲気になれたんですけど、あれって吊り橋効果なんでしょうか?」(Gさん・27歳女性)

スポーツでも心拍数は上がります。また自分がやらなくても、一緒にスポーツの試合を観戦に行って応援しているときも吊り橋効果は発揮されるでしょう。

中学時代や高校時代、運動部に所属する男女の恋愛が盛んになるのは、思春期だからという理由だけではないんです。

(3)一緒にライブ鑑賞

「気になってる子が好きなアーティストが同じだったので、チケット取ってライブ鑑賞に誘いました。ライブのときはいつも見せないような笑顔で大声出してて、それも魅力的だったなぁ。帰りに勢いで告白しちゃいました」(Hさん・29歳男性)

好きなアーティストのライブって、緊張と興奮がマックスになりますし、会場の一体感も味わえるので、付き合う前デートにはおすすめです。

(4)教習所の先生に

「車の教習所の先生に惚れちゃいました。でも、私だけじゃなくて、一緒に通っていた友だちもみんな、どの先生がいいとか言ってたから、あるあるなんでしょ?」(Eさん・26歳女性)

高校卒業間近や大学生のとき、車の教習所などに通って免許を取った人も多いと思います。慣れない車の運転のとき、隣にいて守ってくれる年上の男性は、恋の対象になりやすいのでしょうね。

(5)プレゼンの直前に

「会社で好きになった子が、初めてのプレゼンで超緊張していたから、“落ち着いて。大丈夫だよ”って励ましたら、その後、デートに誘われました。プレゼンのときに助けてくれたからって言ってました」(Tさん・31歳男性)

人前で話さなければならないなど、会社の中でも緊張して心拍数が上がる場面もたくさんあります。そんなときに声をかけてみると恋が芽生えるかも。

 

3:吊り橋効果以外にもある!恋愛に活かせる心理学3つ

吊り橋効果以外にも、心理学で証明されている事実を恋愛に活かせる場面はたくさんあります。過去記事などをもとに、3つのワザを紹介します。

(1)好意の返報性

『Menjoy!』の過去記事「好意の返報性とは?心理学の好意の返報性を恋愛で使うテクニック」によれば、人は人から何かしてもらうと、自分も返さなければいけないと感じることを「好意の返報性」といいます。

相手に何かしてあげればあげるほど、相手はあなたに何かお返しをしなければと考えることが多くなり、それが擬似的な恋愛感情につながっていくのです。

(2)暗い場所でのデート

「“初めてのデートは暗い場所”がおすすめ!その心理学的理由とは…」の記事でも、心理学を恋愛に活かせるヒントを紹介しています。

お互いに知らない男女のペアを明るい部屋と暗い部屋に入れたら、暗い部屋に入れられたほうの男女は、距離が徐々に近づいて、親密になっていったというのです。

暗い場所での不安感がふたりの距離を近くしてくれるんですね。

(3)単純接触効果

3つ目は「単純接触効果」をご紹介します。『Menjoy!』の記事「なにもしなくて大丈夫!“目立つだけでモテモテ”心理学的理由」によると、人は繰り返し接触する人に好印象を抱きやすいのだそう。

ですから、気になる人とは、何度も出会える方法を画策してみましょう。会う度にあなたへの親密度が自然と上がっていきますよ。

 

4:心理学を利用して!

吊り橋効果って、吊り橋がないと使えないんじゃ……と思っていた人もいるかもしれません。ですが、実際には日常的にも同じような効果を狙える瞬間がたくさん転がっています。

心理学や脳科学を利用すれば、恋愛の勝ち組になることも夢ではありません。たくさんテクニックを吸収して使えるチャンスを逃さないようにしてくださいね!