「男郎花」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

本当は全っ然エッチな言葉じゃないのに、使っている漢字やイメージだけで、ぼんやりエッチなことを思い浮かべちゃう……そんな漢字ってありますよね。どんどん妄想が広がっていって、自分でツッコミを入れちゃったり……。そんな漢字の正しい読み方と、その意味を調べてみましょう。今回は「男郎花」です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【問題】「男郎花」正しく読めますか?

男郎っていうと、かつての遊郭などにいたセクシーお姉さん、「女郎」の男バージョンなのでしょうか。そうなると、相当なテクニシャンの男性なのではないか……なんていう想像が膨らみます。

「花」というからには、植物の名前のようですが、一体どんなセクシーな造形をした花なのかしら……。読み方が知りたい!

 

ヒント1

お花の名前です!

ヒント2

「女郎花」というお花もありますが、その読み方とも微妙に違います。

 

「女郎花」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

 

気になる正解は…オトコエシ!

ちなみに、正しい意味はこうです!

おとこえし【男郎花】

オミナエシ科の多年草。山野に自生し、高さ約1メートル。オミナエシに似るが全体に毛が多く、葉が大きい。晩夏から秋、白い小花を多数つける。敗醤(はいしょう)。おとこめし。《季 秋》「森の家いねて月さす―/秋桜子」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

なんて可憐で可愛らしいお花でしょう……。鼻息を荒げて、セクシーな形状のお花を想像してしまったのは恥ずかしい。

でも意味をよく見てみると、「全体に毛が多く、葉が大きい」ですって。やっぱり最後はニヤッとしてしまいました。

 

「旋毛」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!