「女郎花」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

本当はエッチな言葉なんかじゃないのに、漢字の字面や先入観だけで、めくるめくようなオトナなイメージが膨らんでしまう……そんな漢字ってありますよね。読めないのに妄想だけは先走って、ついニマニマ……。そんな漢字の正しい読み方と意味を調べてみましょう。今回は「女郎花」です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【問題】「女郎花」正しく読めますか?

女郎のお花って……遊女さんの神秘的かつ魅惑的な、聖なるアノ部分のこと……?

あんまり好き勝手言っていたら怒られそうなので、このあたりで自主規制しておきましょう。でも、やっぱり読み方がわからない~!

ヒント1

お花の名前です!

ヒント2

漢字で「女郎花」と書くようになったのは、平安時代の半ばごろから。なので、漢字が当て字なのでしょうね。

「鬱金」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

 

気になる正解は…オミナエシ!

ちなみに、正しい意味はこちら!

おみなえし〔をみなへし〕

1 オミナエシ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル。葉は羽状に裂けていて、対生する。夏の終わりから秋に、黄色の小花を多数傘状につける。秋の七草の一。漢方で根を敗醤(はいしょう)といい、利尿剤とする。おみなめし。《季 秋》「ひょろひょろと猶露けしや―/芭蕉」

2 襲(かさね)の色目の名。表は縦糸が青、横糸が黄、裏は青。または、表は黄、裏は萌葱(もえぎ)。7、8月ごろに用いる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

はい、当たり前ですが、ピンク色した妄想は、まったくの間違いでした。ごめんなさい。お色気ムンムンなイメージを爽やかにぶった切る、清楚で可憐なお花でしたね。

「御凸」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!