気にしない心が欲しい!細かいことを気にしない方法5選

日常生活の中で、細かいことが気になってしまうタイプですか? それとも適当に流せるタイプでしょうか? 本屋さんに行くと、細かいことを気にしないで生きていくためのマニュアル本がたくさん売られているので、それだけ小さいことが気になって生きづらい人が多いのでしょう。そこで今回は、「気にしない心」はどうすれば手に入るのかを調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:あなたは細かいことを気にしないタイプですか?

小さいことや細かいことを気にしている人って、結構多いのではないでしょうか? 『Menjoy!』では男女500人に「あなたは細かいことを気にするタイプですか?」と質問してみました。

結果は以下のとおりでした。

気にする・・・264人(52.8%)

気にしない・・・236人(47.2%)

大した差ではありませんが、「気にする」と答えた人のほうがやや優勢という結果に。細かいことを気にしすぎると、毎日疲れてしまいますし、「細かいことを気にする人だ」と思われるのが嫌だという人もいるでしょう。

ここから脱却するためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

2:細かいことを気にしない方法5つ

(1)自分を褒める日記を書く

 

小さいことが気になる人の多くは自己肯定感が低く、「自分がダメだから周りの人を怒らせたり、イライラさせたりしているのでは?」と不安になってしまうことがあります。

それを解消するためには、寝る前に5分間だけでも良いので、その日、自分ができたことを記録する習慣をつけるのがおすすめです。少しずつですが、自己肯定感が生まれてきますよ。

(2)人を変えようとしない

どんなに仲が良い友達や恋人であったとしても、相手の気持ちや行動を変えようとするのは無理があります。ですが、細かいことが気になって「もっとこうしてほしい」「こういう反応をしてくれたらいいのに」などと思ってしまうと、人間関係がつらくなってしまいます。

「人は人、自分は自分」と割り切ってみましょう。

(3)完璧主義をやめる

なんでも自分の思いどおりにはいかないと気が済まないような完璧主義の人は、細かいことまで気になってしまうでしょう。完璧主義は性格的なことなので、やめることは大変ですが、一度試しに、完璧に物事を終わらせずに放置してみましょう。

意外とそのままにしておいても、世界が終わらないことがわかって、気が楽になるかもしれません。

(4)のめり込める物を見つける

自分が本当に楽しめることがあるときって、細かいことなんてどうでも良いほど毎日が楽しく感じたりしませんか?

楽しくて楽しくてどうしようもない趣味を見つけて楽しんでいるうちに、ポジティブな生活を送れますよ。

(5)小さいことを考えるのは無駄と思う

小さいことを考えるのが無駄だと思えるようになれば、小さいことを考えている自分に気が付いた時点で、それを放り出すことも可能になります。

 

3:気にしない心を手に入れたい人におすすめの本3選

気にしない心を手に入れたいと思ったら、本にそのヒントが隠されているかもしれません。おすすめの本を3冊紹介します。

(1)『気にしない練習』名取芳彦

真言宗豊山派のお寺「密蔵院(みつぞういん)」の住職をしている著者が、仏教の考え方を元に、気にしないための練習方法をわかりやすく解説してくれています。

見開き2ページでひとつのかたまりになっているので、気になるページから読み進めていけるので、普段本を読み慣れていないという人にも、気軽に手に取りやすいでしょう。

(2)『いちいち気にしない心が手に入る本』内藤誼人

心理学者による著書らしく、心理学的な観点から、自分のことを認めて、細かいことを気にしないようになる、強い心を持つためのコツやアドバイスが盛り込まれています。

実際にすぐに試せるような行動も多数紹介されていますよ。

(3)『つい、「気にしすぎ」てしまう人へ』水島広子

対人関係療法を得意とする精神科医による一冊。気にする気持ちが強くなるとどうしてもネガティブな感情が膨らみやすくなってしまいます。そうして心が疲れてしまったときに、特におすすめの本です。ネット社会の今だからこその悩みを解決してくれる糸口にも最適です。

 

4:ビジネスでも使える!「気にしないでください」の表現方法

最後にビジネスなどでも使える「気にしないでください」に関するさまざまな言い方や表現を見てみましょう。

(1)「気にしないでください」を敬語で言うと?

気にしないでほしい気持ちを敬語で表すにはどうしたら良いのでしょうか。 「気にしないでください」も丁寧語ではあるので、これで気を害す人は少ないかもしれません。

ただし、尊敬語を使って「お気になさらないでください」と言ったほうがもっと丁寧で、相手に与える印象が良くなるでしょう。また、お礼のメールの返信をお断りするなどの際は、「メールの返信、お気になさらずお願いいたします」と書き添えるといいでしょう。

(2)「気にしないでください」をビジネス英語で言うと?

「気にしないで」は英語で「No problem.」「Don’t worry about it.」「You’re welcome.」などたくさんの表現があります。

また、ビジネスでも使える表現としては、「Don’t mention it.」や「Please don’t be sorry.」などがふさわしいでしょう。

(3)「気にしないでください」を中国語や韓国語で言うと?

最近日本でもよく耳にするようになった中国語や韓国語でも、「気にしないでください」くらいは覚えておいて損はありません。旅行にいったり、インバウンドで来日している人たちとのコミュニケーションに、ひと言覚えておくと便利でしょう。

中国語では「没关系。(メイグァンシー)」や、「どういたしまして」の意味で、「不用谢。(ブーヨンシエ)」と言えばOKです。

韓国語なら、「신경 쓰지 마세요(シンギョン・スジマセヨ)」と言います。

 

5:気にしない人になれる?

細かいことを気にしなくなれば、ネガティブな考えに取りつかれることなく過ごせそうですが、みんながみんな、あまりに細かいことを気にしなさすぎるのも問題です。

疲れてしまうほど気にする必要はないですが、適度に人のことは気遣いたいですね。