襲われる夢や怖い夢の意味は?シチュエーション別泣いている夢の夢診断

誰かから襲われる夢を見たことってありますか? 怖い夢を見て、あまりの恐怖に起きてしまったということもあるでしょう。誰かが泣いている夢の場合、寂しさを感じることもあるはず。寝ているときに見る怖い夢には、どういう意味があるのでしょうか。そこで今回は怖い夢について、シチュエーション別の夢診断をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:殺される夢や友達が襲われる夢を見た…怖い夢が伝えていることとは?

まずは、物騒でありますが、殺される夢や襲われる夢に焦点を当ててみましょう。どのような意味があるのでしょうか。占い師の草薙つむぐさんにお話を伺いました。

草薙:殺される夢というのは目覚めの悪いものですが、夢占いでは吉夢とされています。死というのは破壊と再生を意味し、新しい自分に生まれ変わる心境の変化などを表していると考えられているのです。

もしも今、苦しい状況だという人は、自分が新たに生まれ変わることによって、悩みを克服できるという暗示かもしれません。

 

2:泣いている夢の意味は…?シチュエーション別泣いている夢の夢診断7つ

今度は、泣いている夢の意味についてご紹介します。引き続き草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)号泣している夢

草薙:大泣きしていたり、号泣している夢というのは、どちらかというと吉夢の部類。例えば恋人と喧嘩しているとき、どちらかが泣くと喧嘩がストップされるということはありませんか? ようするに泣くということはトラブルの終了を意味します。

あなたが今抱えている悩みや問題が解決される暗示かもしれません。大泣きしていればしているほど、好転する可能性が高いといえるでしょう。

(2)うれし泣きの夢

草薙:悲しくて泣く夢もあれば、うれしくて泣く夢もあります。うれし泣きの夢というのも、吉夢に分類される夢。うれし泣きをするようなシチュエーションというのは、今まで長きにわたり積み重ねてきた努力が実ったり、願い事が叶ったりするような場面ではないでしょうか。

そういう夢を見るということは、実生活でも「これだけ頑張ったのだから、もう夢が叶ってもいいはず」と思えるところまで努力した証拠。大きな飛躍が期待できるかもしれません。

(3)悔し涙

草薙:悔し涙というのは何かに負けたり、「自分はもっとできるはずなのに」という気持ちがこみ上げた結果のこと。つまり、あなたの中に衰えることのない成長願望があるという証拠なのです。

成長はまだまだ続きます。今は報われなかったとしても、その成長はいつか必ず具現化すると夢は教えてくれています。諦めずに頑張ってください。

(4)怖くて泣く夢

草薙:あまりの恐怖から涙をこぼしてしまうという場合もあるでしょう。恐怖という感情は、自分よりも大きなものに立ち向かおうとしているときに感じるものだったり、理解できないものを目の当たりにしたときに抱いたりする感情です。

普通は逃げて終わりでしょう。しかし、泣いているということは、必死に立ち向かおうと自分を奮い立たせたのかもしれません。そのことから、怖くて泣くという夢は何かにチャレンジする気持ちがあるということを表しています。今まで逃げてきた問題やトラブルに対して前向きに立ち向かおうという気持ちが固まりつつあるのかもしれません。

(5)友人の前で泣く

草薙:泣いている理由についての夢占い的な意味の考察は説明しましたが、今度は泣いているシチュエーションから意味を考えてみましょう。

友人の前で泣いている場合、その人に対してあなたが本音を出していないことを暗示していると考えられます。泣くことがトラブルの終了という意味をもつことはすでに説明しましたが、自分の気持ちをうまく伝えることができない憤りから泣いている場合もあります。

このとき、現実世界でもその友人に対して納得のいくコミュニケーションをとれていないのかもしれません。相手に対する感情を振り返ってみてください。

(6)人が死んで泣く

草薙:誰かが亡くなったことで涙を流すこともあるでしょう。そういった夢を見たというのであれば、現実世界で不安を感じているのかもしれません。例えば恋人が死んでしまった夢であれば、その人を失うかもしれないという不安を現実世界でも抱いているのかも。

しかし、それだけ大切に感じているということでもあります。今は怖いかもしれませんが、その感情を上手くコントロールして関係を改善に取り組めば、より絆を深めることができるはずです。

(7)喧嘩して泣く

草薙:誰かと喧嘩して泣くという夢を見ることもあるでしょう。こういった場合、喧嘩した相手とうまくいっていないことが多いと考えられます。現実世界では喧嘩にまで発展していないかもしれませんが、ちょっとした違和感を感じているのかも。

しかし、夢の中でしっかりとぶつかっていったのであれば、悪い夢ではありません。

なぜ夢の中で喧嘩していたのか、そのことをしっかりと振り返ってみましょう。その反省を生かしさえすれば、現実世界では喧嘩をしないで済む未来へもって行けるはず。

 

3:何度も見る怖い夢…繰り返し怖い夢を見る意味とは?

続いては、何度も見る怖い夢について草薙つむぐさんにお話を伺ってみました。

草薙:何度も怖い夢を見る場合、その意味はさまざまです。例えばテストで赤点を取ってしまう夢を何度も見るのは、「勉強しなければやばい」という気持ちがそういう夢を見せているのだと考えられます。

また、過去の怖い経験を何度も夢に見る場合、その経験を克服しようとしてるのかもしれません。夢を見ている最中は怖いかもしれませんが、何度も同じ夢を見ていると徐々に慣れてきて、印象も変わってくるはず。そうやって過去のトラウマを克服しようとしているのかもしれません。

何度も見る同じ夢を、自分なりに分析してみてください。

 

4:夢占いは意味があると感じたときに調べる程度が丁度いい?

夢というのは、全部が全部、意味をもつものではありません。しかし、ごくまれに、とても強いメッセージが含まれているものもあります。

そのため、夢を見る度に意味を確認するのではなく、「この夢には意味がありそうだ」と感じたときに調べてみる程度がちょうどいいのかもしれません。

 

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。