浪費家を旦那や妻にするとヤバい!浪費家の男性・女性の特徴10選

お金の遣い方というものは、個性が出る部分。自分の稼いだお金をどう遣うかは基本的にが自由ですが、夫婦となると話は別! 夫や妻が浪費家だと貯金が貯まらなかったり、お金が足りなくなったりと自分まで苦労することも……。そんな浪費家を旦那や妻にしたらどうなるのでしょう。そこで今回は、浪費家の男性・女性の特徴を見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:浪費家の特徴は?

まずは浪費家の意味をしっかり知るところから始めてみましょう。辞書を見てみると……

ろう‐ひ【浪費】

[名](スル)金銭・時間・精力などをむだに使うこと。むだづかい。「資源を浪費する」「浪費家」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一般的には、お金を無駄に使う人を指す場合が多いですよね。

そんな浪費家には、さまざまな特徴があります。下記で男女に分けてご紹介します。

 

2:浪費家の旦那や彼氏はヤバい!浪費家男性の特徴5つ

浪費家の男性と結婚したために苦労している……という女性たちから、浪費家男性のリアルな特徴を聞いてみました!

(1)こだわりが強い

「こだわりの強すぎる男性は浪費家になりやすいですよね。私の夫も、こだわりがいたるところで強すぎて、結果として相当なお金を遣っちゃうんです。年収は2000万円ほどあるので、お金には苦労しないでいいと思ったんですが、甘かった……。

車にバイク、時計やバッグ、さらに家電など、彼のこだわりのグッズを買っていくと、全然貯金が貯まらない(泣)。私へのプレゼントは安いものなので、自分のことだけにお金を浪費するのもムカつく!」(Aさん・27歳女性)

(2)ギャンブル好き

「夫は休みの日に、朝からパチンコに行っちゃうんです。だいたい負けて帰ってくるくせに、全然反省しないし、やめる気もなくって。もともと少ない収入がどんどん消えていきます……。

私の収入は貯金に回すはずだったのに、食費や家賃を払う始末です。何も残らないのに、お金がもったいないって思わないのでしょうか」(Hさん・29歳女性)

(3)見栄っ張り

「夫は見栄っ張りな性格で、友達や知人の前でもいちばん立場が上じゃないと気に入らないんです。食事や飲み会で奢ったり、高級なブランド品で身の回りを固めたり……。

自分より収入が上の人と飲んだりすると、自分もお金を持っているとアピールしたいのか、身の丈に合わないお店に行くこともしばしばです。

周囲もそんなに稼いでいないことは勘づいているのに、本人だけはカッコつけているつもりで……。見ていて悲しい気分になります」(Mさん・35歳女性)

(4)服好き

「ショップ店員の夫は、服が大好きで、仕事のためと言い訳して、毎月、大量の服を買うんです。正直、メンズの服って、ひとつひとつはそんなに変わらないし、同じような色や形のアイテムばかりに見えます。そこまで数を買う必要はないと思うのですが……」(Aさん・40歳女性)

(5)お坊ちゃん

「夫は開業医の息子で、幼いころから贅沢が染みついているタイプ。私は庶民なので、価値観の違いに驚きますね。

パッと見はボロボロのバッグに数十万円払ったり、帰りが遅くなるからホテル泊まるなんて何の記念日でもないときに数万円もする部屋に宿泊したり、お義母さんとの外食で10万円以上使ったり……。ついていけません。

彼も医者なのですが、勤務医なので正直給料はそこまで多くなく、いまだに実家から仕送りしてもらってるんですよ」(Kさん・29歳女性)

 

3:妻には絶対したくない!浪費家だと思われる女性の特徴5つ

浪費家の女性……というのは男性に評判がよくないもの。浪費家だと思う女性の特徴を男性たちに聞いてみました! 思い当たる部分がある人は、浪費家判定されないように注意してくださいね。

(1)ブランドものが好き

「やっぱりブランドものが好きな女性って、浪費家なのかなって心配しちゃう。ひとつを長く使い続けるくらいならいいのですが、次々と新作めいたものを持っていると、不安ですね。

もし結婚したら、この先ずっと、定期的に奥さんのバッグに数十万円も支払うことになるんだなって思ったら、ちょっと暗い気持ちになります」(Kさん・27歳男性)

(2)収入に見合わない生活レベル

「普通の会社員なのに、驚くほど高級なお店での食事シーンをSNSにアップしている子っているじゃん。あれ、絶対援助してくれる男がいるよね? 聞いている仕事内容と、生活レベルが釣り合ってない。

俺の収入じゃ、そういう贅沢を心底楽しんじゃうようなタイプを妻にするのは無理かなぁ」(Hさん・32歳男性)

(3)グルメすぎ

「記念日とか特別な日でもないのに、いつもおいしい食事に行きたがる女性は浪費家認定して、ちょっといいなって思っても、それ以上は攻めないですね。

そりゃ、おいしいものは僕も好きですけど、いつもってわけにはいかないし、安くてもおいしいものはたくさんあるし……。グルメすぎるのも問題ですよ」(Tさん・29歳男性)

(4)ネイルがマメすぎる

「ジェルネイルをしている子に、値段を聞いてびっくりしちゃった。毎月、爪にそんなにお金をかける感覚がわからない……。それにサロンのメンテナンスにも、すごく頻繁に行っていて。

女性は末端が大切って言われているのは知っているけど、そこまで細かいところにお金をかけなくてもって思っちゃいます。だって、キリがないでしょう」(Hさん・25歳男性)

(5)マッサージやエステ

「マッサージとかエステが大好きな子と1年くらい付き合ったんだけど、すごい金額だなって引いちゃった。仕事頑張ったから、肩が凝ったから、日常のご褒美に……というように何かと言い訳をして、マッサージやエステに行くんだよね。

週に何回も……。彼女から聞いていた値段で、勝手にある月に計算したら、俺の家賃くらい使ってましたよ」(Yさん・36歳男性)

 

4:「浪費家」を英語でいうと?

ちなみに「浪費家」というと、英語では「spendthrift」や「spender」といった言葉になります。

浪費家は世界中にいます。お付き合いや結婚をする上で、お互いの価値観はとっても重要。相手の浪費癖、早めに見抜きたいものです。

 

5:まとめ

浪費家にもさまざまなタイプがいますし、浪費の定義や感覚も、人によって異なります。しかし結婚をするとなると、夫婦で財産を共有するので浪費家な相手は避けたい!と思うのは男女ともに共通でしょう。

結婚を意識するなら、相手が浪費家ではないかチェックしてみましょう。また自分自身が浪費家だと相手に認定されないように気を付けるのもお忘れなく!