繊細な人診断!繊細な人の特徴や恋愛傾向、向いてる仕事は?

あなたは自分のことを繊細な心の持ち主だと思いますか? 鈍感すぎるのも問題がありそうですが、繊細すぎても気疲れしますし、生きづらい面もあるかもしれません。そこで今回は、繊細な人を特集。繊細な人の特徴や、効果的な恋愛アプローチ、さらにおすすめの職業までまとめました。これを読めば、繊細さに悩む人も勇気がでるかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:あなたは繊細な心の持ち主ですか?

あなたは自分のことを、繊細な心の持ち主だと思いますか? 日本人は欧米などと比べると、繊細な人が多いと言われてますが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の男女500人に独自のアンケート調査を実施。そこで「自分のことを繊細な心の持ち主だと思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下の通りです。

思う・・・253人(51%)

思わない・・・247人(49%)

ほぼほぼ半分という結果に! 半数の人が、自分を繊細だと自覚していることがわかりました。

20~30代半ばくらいまでの人たちは、ちょうど、ゆとり教育を受けていた世代でもあります。叱られることに慣れていない……と言われたりもしますが、そんなことも繊細さに影響しているのかもしれません。

 

2:繊細な人診断!繊細な人の特徴5つ

ここからは、繊細な人に共通する特徴をまとめました。

(1)他人の目を気にする

自分の振る舞いが周囲にどう思われているのかを気にしてしまうのが、繊細な人の最大の特徴と言えるでしょう。

ある程度気になってしまうのは仕方がありませんが、こんなときこそ「自分が思ってるほど周りは気にしてない」という通説を思い出してくださいね。

(2)自己主張をあまりしない

繊細な人は、周囲の人の反応を気にしやすい傾向があるとお話ししましたが、自己主張の面においても、似たようなことが言えます。

周りの反応が気になるゆえ、自己主張をあまりしない人も。反応を気にしてしまう気持ちを整理するのはなかなか難しいものですね。

(3)他人から嫌われるのが怖い

人から負の感情を受け取ることを恐れがちなのも、繊細な人によく見られる特徴です。他人から嫌われるなど、対面で否定的な負の感情を伝えられることを、最も怖がっているとも言えます。

(4)一生懸命に空気を読む

繊細な人は、他人の反応を気にするため、一生懸命に空気を読みがち。プラスに言い換えるならば、周りと歩調を合わせるのが上手だということです。

繊細であるということは、他人の心の機微を読み取ることに長けている人とも言えますね。

(5)他人からの評価が気になる

繊細で他人に嫌われることを怖れている人は、他人からの評価も気にしがちです。一見ネガティブなことのようにも思えますが、評価が気になることをきっかけに努力したいと思う動機にもなります。

 

3:繊細な人が恋愛を成就させる方法5つ

(1)空気を読む力でベストなタイミングを探る

繊細な人は空気を読むことが得意であることが多いです。そのため、好きな人に声をかけるときは、いちばんいいタイミングを読み取るようにしてみましょう。

また、好きな人が疲れているようであれば、

「何かお手伝いしましょうか?」

と積極的に声をかけてみるのも有効。自分のことを心配してくれる人に対して、悪い気はしないものです。

(2)好きな人の前では自己主張をしてみる

普段自己主張をしない繊細な人ほど、効果的なテクニックです。

「○○くんが来るって聞いたから、この飲み会参加したんだ」

など、自分の思いを伝えてみてください。

そこまでは難しい!という場合は、「嬉しい」ということを満面の笑みで伝えるだけでも、相手は普段とのギャップにドキドキするでしょう。

(3)素直に相談して距離を縮める

あえて「他人から嫌われることが怖いんだよね」などと相談して、自分の繊細な部分を出してみるのもいいでしょう。筆者はこれを「カミングアウト戦法」と呼んでいます。

この戦法は、気になる相手の「庇護欲」を掻き立てることで、「俺が守ってあげなきゃ」と思わせ、さまざまなシーンで接点を得ることができます。

(4)些細なお礼などの気遣いを丁寧にする

些細なお礼を言うことは、当たり前のようで意外とみんな忘れがち。そこにアプローチのチャンスはあります! 普段から繊細で周囲の空気を読める人だからこそ、「ありがとう」や「ごめんね」を大切にしてみてはどうでしょうか。

お礼にひと粒のキャンディーやチョコレートや、簡単なメモを添えるだけでも、相手は嬉しい気持ちになりますよ。

(5)相手に特別感を出す

相談することにも通じますが、普段たくさんの人の空気を読んでいる繊細な人だからこそ、「あなたは特別で大切にしている」と伝えることに意味があります。

勉強や仕事の場で

「○○くんだから意見をちゃんと言えたんだ」

などと、その人を特別な存在として伝えることで、相手もあなたを特別に感じることができるはずです。

 

4:繊細な人に向いてる仕事3選

(1)事務職

繊細な人に向いている代表的な仕事といえば、事務職が挙げられるでしょう。決まったメンバーの中でルーティンワークをしていく仕事なので、安定した環境で安心して働けるはず。なによりも、細かなところに気がつく繊細な人にもってこいのお仕事です!

(2)ローカルなカフェのスタッフ

カフェといっても、「スターバックスコーヒー」のような大規模なお店ではなく、個人経営のお店で働くこともおすすめです。仕事仲間も少数なところが多く、店長や周りの人もあなたとじっくり関わってくれるでしょう。

(3)ハンドメイド作家

歴史的に、対人関係に繊細な人の多くは、職人業に就くことが多かったそうです。繊細な作業に集中できる性格が、仕事内容と合っていたのでしょう。和紙や革製品の職人も有名ですね。

最近ではハンドメイドアクセサリーを販売できるアプリやサイトもあり、多くの人が活躍しています。

 

5:繊細さを武器にする方法を身につけよう!

繊細な人の特徴や恋愛アプローチ法、そして適職を見てきました。

一見大変なことが多いと思われる繊細な性格ですが、その特性をうまく活用することができれば、強力な武器になると覚えていてくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!