男好きな女の心理と特徴|男好きな女性と男好きする女性の違いは?

もしあなたが「男好きな女性」といわれたら、どのように感じますか? あまり気分のいいものではないですよね。では実際、「男好き」とはどんなことを指し示しているのでしょうか。そこで今回は、男好きと言われてしまう女性の心理と特徴について、男に好かれる女性と比べつつ、見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:男好きな女の意味って?

そもそも男好きな女ってどんな意味なのでしょうか。手っ取り早く辞書で調べてみました。

おとこ‐ずき〔をとこ‐〕【男好き】

1 女の容姿・気質などが男の好みに合うこと。「男好きのする顔」⇔女好き。
2 女が、男との情事を好むこと。また、そのような女。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

「男好きする服装」などという場合は、いかにも男性が好みそうな、という意味であり、実際に女性が男が好きかどうかは問われません。こちらは「顔」「服装」「メーク」「性格」など、何かを形容するときに多く使われるでしょう。

一方、人のことを称して「男好き」といえば、それはもう単純に、男が好きということ。エッチが好きな人もいれば、純粋にかっこいい男を追いかけるのが好きがという人も、これに当たるでしょう。

 

2:男好きな女性の心理と特徴7つ

先ほどの意味では2の「男が好き」という意味合いが大きいですが、そんな男好きな女性の心理と特徴を見ていきましょう。居酒屋で知り合った男女にお話を聞いてみました。

(1)男性との距離が近い

「距離感が近い女性っていうのは、ちょっと警戒します。写真を撮るときとか、“こんなに顔を近づける?”ってくらい距離を詰めてくる女性がいるんです。多分ですけど、そういう人は男好きだと思います」(Oさん・26歳男性)

スマホで写真を撮ったとき、画像の確認をするときに顔の距離が近いとか、話を聞いているときにずっと男性の目を見つめているなど、男性が「あれ、この人俺のこと好きなのかな」と勘違いしてしまう行動が多い様子。

(2)さみしがり屋

「さみしがり屋な女性っていうのは、男好きな人が多いと思います。さみしくてすぐに男性を部屋に呼んじゃうっていう知り合いがいるんですよ。その人はもう、何人の男性と関係を持っているかわからないです」(Eさん・27歳女性)

さみしがり屋な女性というのも、同性からすると「男好き認定」されやすい様子。さみしいとついつい誰かに構ってほしくて、声をかけてしまいたくなるもの。それが同性ではなく異性に声をかけるという部分に、男好きなところが表れているというわけです。まあ男の人のほうが甘えさせてくれる、というのもあるかもしれませんね。

(3)すぐ誘いに乗る

「知り合いに、男性の誘いにすぐに乗って、飲み会ばっかり行っている女性がいます。“そろそろ彼氏見つけたら?”って言っても、“今が楽しいからいい”って。いろんな男と遊ぶのが楽しいみたいですね」(Aさん・28歳男性)

男性の誘いにすぐに乗るというのも、男好きな女性の特徴のようです。タイプではない男性の誘いだってOK、ふたりきりでも抵抗なくデートに行ってしまうような感じでしょう。中には、「彼氏がいるのに誘いがあると遊びに行ってる女性」という意見も上がりました。

(4)同性の友達が少ない

「男好きな女性って、基本的に同性の友達が少ないと思います。やっぱり、女性の中でも“同性よりも異性のことを重視している”っていうのがバレるんでしょうね。だから、ちょっと距離を置かれているっていうのはあると思います」(Yさん・27歳女性)

男好きな女性というのは、女性と過ごすよりも、男性と過ごすほうが楽しいと思っている場合もあるでしょう。だからこそ、女性の嫉妬を買ってしまうのです。逆に言えば、同性との関係にそこまでの価値を感じていないのかもしれませんね。

(5)イケメン好き

「知り合いの女性に、とにかくイケメンが大好きな人がいます。カッコいい人を見ると、“ヤバイ、鼻血出そう”って呟いてます。なので、そういう人とばっかり恋愛してます」(Nさん・29歳男性)

イケメン好きな女性も男好きと思われてしまう様子。筆者の知り合いにもイケメン大好きな女性がいますが、結婚しているのにイケメンとデートを繰り返して、結果、不倫をしてしまいました。

(6)ボディタッチが多い

「ボディタッチとかを見てると、男好きだなっていうのがわかります。居酒屋とかで“うんしょ”とかいって男性の肩を支えにして立ち上がるのとか。テーブルの方が安定しているから、支えにするなら男性の肩よりも、テーブルに手を着けばいいのに……って思うんです」(Iさん・25歳男性)

ボディタッチが嫌いな男性はあまりいないでしょう。ネットなどでもモテテクとして紹介されていることも多いです。男好きな女性というのはそれを理解して使っているというわけ。ちなみに「ベタベタとボディタッチをしていたのに、飲み会が終わったら、“あの男はタイプじゃない”って言っていた女性がいました」という意見もありました。

(7)あざとい

「男好きな女性ってあざとくないですか? デートのとき、男性が好みそうな仕草とかを心得ていて、相手を喜ばせるために使っているんですよ。聞くと“そうすればいい雰囲気になって、おごってもらえるでしょ”って言ってました」(Kさん・26歳女性)

あざといというのも、男好きな女性の特徴。利発で隙がなく、計算された行動と外見によって男性を思いのままに操る。しかし男性は、案外、手の上で踊らされているときに、そこまで悪い気がしなかったりします。なぜなら、自分のために魅力的な女性を演じてくれているからです。

 

3:男好きな女…じゃなくて男好きする女の特徴3つ

今度は男好きする女性の特徴をご紹介します。冒頭でも説明しましたが、「男好きする女性」というのは「男が好きな女性」ということ。要するに男性からモテる女性ということ。では、それがどんな女性なのかについて、居酒屋などで男性にお話を聞いてきました。

(1)リアクションがオーバー

 

「悪い意味ではないんですけど、リアクションがオーバー気味な人って、話していて楽しいですよね。“え、嘘! 知らなかったー!”って、ちょっとしたことで驚いてくれる。そういう人とは話をしていても楽しいし、一緒にいたいと思います」(Dさん・28歳男性)

(2)仕草がかわいい

「仕草がかわいい女性っていうのは、魅力的だと思います。くしゃみとかも思いっきりするんじゃなくて、小声で“クシュン”みたいな。“君は小動物か!”って驚いたことがありますけど、その子は本当にかわいかったなぁ~」(Hさん・30歳男性)

(3)ちょっと適当

「ちょっと適当なくらいがいいですね。“電話した?”ってメッセージを返そうとしたんでしょうけど、打ち間違いで、“電車した?”ってなっちゃうみたいな。デートに誘ったりすると“わーい”とか言っちゃう感じ」(Gさん・27歳男性)

 

4:まとめ

今回は、男好きな女性や男好きする女性の特徴をご紹介しました。男好きな女性というのは、自分が好きていることもあり、ある程度は男性からもモテる様子。だからこそ、男好きする女性の特徴とも重複する部分があるようです。

男性からモテる努力をしている女性というのは、努力したぶんだけ、しっかりと男性からモテるのかもしれません。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!