朝バナナダイエットの方法まとめ!朝バナナダイエットが成功・失敗する理由

朝食にバナナを食べるだけという朝バナナダイエットは、簡単そうではありますが、ただバナナを食べるだけで終わりになってしまう側面も。そこで今回は、朝バナナダイエットの具体的な方法や、順調に体重などを落とすコツなど、成功するためのポイントをまとめました。失敗例も合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:朝バナナダイエットって?

朝バナナダイエットとは、朝食にバナナを1~2本食べ、常温の水を飲むというダイエット方法です。ダイエットにありがちな運動や栄養バランスを考えた食事管理をするのではなく、シンプルに朝、バナナを食べるだけです。

バナナ1本(約100g)のカロリーは86kcal。ご飯1杯(150g)252kcalや食パン1枚(80g)の211kcalと比較しても、かなり低いことがわかります。

バナナには、食物繊維や炭水化物やタンパク質のほかにも、ビタミンB群、葉酸、カリウム、マグネシウムなどの栄養素がバランス良く含まれており、ダイエット食材にぴったりだと考えられています。

 

2:1週間で効果ある?朝バナナダイエットの方法まとめ

朝バナナダイエットは、どのようにして始めればいいのでしょうか? その方法をまとめました。

(1)2週間以上の継続が必要

朝バナナダイエットで1kg以上減量するためには、2週間以上の継続が必要だと言われています。朝バナナダイエットで痩せる理由は、今までよりも、摂取カロリーが抑えられるためです。

しかし、あくまで摂取カロリーを減らすだけなので、効果が現れるまでには、ある程度の期間が必要になります。

(2)朝食に生のバナナと常温の水を

朝バナナダイエットは、生のバナナと常温の水を摂ります。バナナは加熱したり、味付けしたりせずに、そのまま食べるようにしましょう。そのままの生のバナナを食べることによって、大幅に摂取カロリーを下げることができます。

朝バナナダイエットで食べるバナナの本数については特に細かいルールはないようですが、基本はバナナ1〜2本程度で、お腹が空いている場合には3本食べてもいいとされています。

(3)昼と夜は普通に食べる

朝バナナダイエットでは、朝食にバナナを食べ、昼食と夕食は通常通りの食事を摂ります。繰り返しになりますが、朝バナナダイエットは、1日に摂取する総カロリーを下げるのが目的。なので、朝ごはんをバナナだけにするなら、昼食と夕食に暴飲暴食をしてもいいというわけではありません。腹7分目を目安にし、食べすぎないように注意しましょう。

(4)間食してもOK

朝バナナダイエット中は、1日の摂取カロリーが一気に減るので、お腹が空く可能性があります。どうしてもお腹が空くときには、間食をしても大丈夫です。しかし、食べすぎるのはNG。間食は100kcal程度にとどめておきましょう。

おすすめは高カカオチョコレートやドライフルーツ、ナッツ類です。間食にもバナナを食べるのもおすすめです。

(5)24時までには眠る

朝バナナダイエット中は、夜ふかしをせずに早めの就寝を心がけましょう。遅くとも午後12時までには就寝することを目指しましょう。

ダイエットには食事だけではなく、睡眠も大事です。睡眠時間が少ないと日中の空腹感が増し、食べすぎてしまいがちです。また摂取カロリーが抑えられていても、睡眠時間が少ないと、脂肪の燃焼が通常よりもゆっくりになってしまいます。

 

3:朝バナナダイエットで痩せた!成功させるコツ3

続いて、朝バナナダイエットを成功させるコツをご紹介します。

(1)ゆっくり食べる

皮を剥くだけで手軽に食べられる果物だからこそ、テレビやケータイなどを見ながらあっという間に平らげてしまうと、なかなかお腹いっぱいだと感じにくいですよね。朝バナナダイエットで痩せるには、ゆっくりとバナナを食べること。時間をかけて食べることによって、満腹が得られやすくなります。

(2)飲み物をアレンジする

朝バナナダイエットの基本は、生のバナナと常温の水を飲むことですが、2週間以上も朝食にバナナばかりを食べていると、飽きてしまう可能性があります。何か別の飲み物に変えたくなった場合には、水を白湯にしたり、牛乳や豆乳など栄養のある飲み物を飲むのもOK。

ただし冷たい飲み物だと内臓が冷えてしまうので、温度には気をつけましょう。

(3)適度に運動も取り入れる

朝バナナダイエットで効率よく成果を出すには、運動を取り入れるのがおすすめです。お腹が空いたときに体を動かすと気分転換にもなり、食欲を紛らわすことができます。

ジムに通って本格的に体を動かすのがベストですが、20分程度のウォーキングを取り入れるだけでもいいでしょう。通勤時にいつもより多めに歩くなどして、運動量を増やしていきましょう。

 

4:朝バナナダイエットが失敗する理由3つ

朝バナナダイエットで痩せるどころか、太ってしまう人もいます。失敗してしまう理由をまとめてみました。

(1)アレンジしすぎ

朝バナナダイエットの基本は、生のバナナを食べることです。それでは物足りずに、ヨーグルトやハチミツ、チョコレートやナッツなどを一緒に食べてしまうと、総カロリーは下がりません。ある一定期間、継続することが必要な朝バナナダイエットは、飽きやすいのがデメリットとも言えます。

バナナを食べるためにバリエーションをつけすぎると、ダイエットにはならずに普通の朝食と変わらないカロリーになってしまうのです。

(2)バナナを食べすぎた

失敗パターンとして多いのが、1日にバナナを食べすぎてしまうこと。朝食に4本以上、間食にも2本以上バナナを食べてしまうと、明らかに食べすぎになります。ダイエット成功のカギの9割を食事が占めるとも言われています。食べ過ぎには注意しましょう。

(3)昼食や夕食もバナナにした

あくまで朝食をバナナに置き換えるのがポイントです。昼食や夕食までバナナにしてしまうと、脳や内臓など体を正常に働かせるためのエネルギーや栄養まで足りなくなってしまいます。

偏った食事は健康面でも良いとは言えません。朝だけバナナに置き換えるようにしましょう。

 

5:朝バナナダイエットは続けることが大事

朝バナナダイエットは即効性はないものの、緩やかに体重が落ちていく人が多いようです。運動をする余裕がなくても、新たに食事や栄養の知識をつけなくても手軽に始められることで注目されたダイエット方法です。

途中で飽きてしまい、別のものを食べたくなってしまうと継続が難しくなります。具体的な目標を決めてから、朝バナナダイエットを始めたほうがいいでしょう。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!