失恋から立ち直る方法3つ!失恋から立ち直る期間や言葉、引きずらない方法

失恋から立ち直るためには、一般的にはどれくらいの時間が必要なのでしょうか。できれば早く立ち直って、前向きな姿勢にシフトしていきたいものです。そこで今回は、失恋から立ち直るためのアレコレを特集。失恋から立ち直る期間や方法く、また、気持ちを切り替えるための言葉もご紹介。また引きずる恋をしてしまう女性の特徴と対処法もあわせてお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:失恋から立ち直れない…引きずる恋をしてしまう原因は何?

失恋は誰にとっても辛く悲しいもの。ですが、いつまでもその恋を引きずってしまう人と、すぐに次に進める人がいます。その違いは、いったいどこにあるのでしょうか。

引きずる恋をしてしまう原因は、自分自身のマインドにあるといえるでしょう。ひとりにのめり込んでしまうと、なかなか気持ちを切り替えることが難しくなってしまいます。

考え方を変えることで前を向いていけるのかもしれませんね。

 

2:女性が失恋から立ち直る方法3つ

失恋から立ち直る方法を3つご紹介していきます。

(1)新しい恋をする

一般的によく言われていることですが、終わった恋を忘れるには、新しい恋をするのがいちばん。好きな人ができれば、自然と気持ちが前向きになるはずです。逆に、この人しかいないと執着してしまうといいご縁を逃してしまうことも。

恋に傷ついた直後は、「今は出会いなんていらない」と消極的になりますが、出会いの場に足を運ぶことが、何よりも立ち直るためのアクションなのです。

(2)ほかにときめくことを見つける

ドキドキするのは対象は彼氏だけ、なんていう決まりはありません。アイドルや俳優、漫画やアニメのキャラクターなど、何でもOKですよね。女性は、スイーツの食べ歩きでもアクセサリー作りでもときめきますよね。このときめきの感情こそ大切。失恋で苦しいときこそ視野を広く持って、いろいろなものに目を向けてみましょう。

(3)自分磨きをする

次の恋までの充電期間を、まるっと自分磨きに当ててしまうのもアリ。悲しい思いをさせられた彼を見返してやりたいなら、もっときれいになって、いつかどこかですれ違ったときに、後悔させてやりたいものですよね。

今までデートしていた時間をダラダラ過ごすのではなく、習いごとをして内面を磨いてみたり、美容ケアに当てたりすることで自分に自信が持てるようです。

 

3:失恋から立ち直るのにかかる期間は?5例

失恋から立ち直るのにかかる期間はどれぐらいなのでしょうか。もちろん人それぞれ個人差があるでしょう。実際の体験談を5人の女性に聞いてみました。

(1)3か月

「私は、わりと引きずらないタイプだと思います。最近だとひと目惚れした先輩に自分から告白したら、彼女がいてフラれてしまいました。ショックだったけど、3か月もすれば忘れてケロッとしてるんですよね。

立ち直れないと思うと本当にそうなってしまうもの。ネガティブな言葉は口にしないのが早く立ち直るコツですかね」(Yさん・25歳/事務)

(2)半年

「私の場合、半年ぐらいかかることが多いかもしれません。早いのか遅いのかはよくわからないですけど、合コンに行くと半年恋人がいませんって人が多い気がするから、普通ぐらいなのかな。

やっぱり別れたら辛いですし、そのときはけっこうヘコみます。でも半年経てば思い出すこともなくなってくるし、気づかないうちに立ち直っているんですよ」(Rさん・24歳/受付)

(3)1年

「特に意識はしていないけれど、自然と忘れられるのは1年ぐらい。私は忘れよう忘れようとするのは辛いから、無理には忘れません。思いっきり泣いたり落ち込んだりします。

そうすると知らないうちに忘れてて、元気になるんですよね。1年ぐらいすると元彼と新しい彼女を見てもすっかり平気になるからビックリします」(Hさん・25歳/美容部員)

(4)3年

「いちばん長くて3年ぐらい元彼を引きずっていました。好きになるとその人しか見えなくなってしまうから、いつも2〜3年は立ち直るのにかかります。友達には長すぎとか、時間の無駄とかって言われることもあるんですけど、なかなか気持ちが切り替えられないし、また失恋するのが怖いから、自然とブランクが空いてしまいます。

一緒に撮った写真やもらった手紙も処分できなくて、たまに見返すことも。それが元彼を引きずってしまう原因かもしれないってことは、わかってはいるんですけどね……」(Aさん・28歳/保育士)

(5)特になし

「いつもまったく引きずらないです。自分から振ることも振られることもあるんですけど、どちらでも特に変わらないかも。お互いありがとうって言い合って、サッパリ終わることが多いからかもしれません。

それに、すぐ次にいかないともったいないじゃないですか。過去の恋愛を思い出して泣く暇があったら、新しい好きな人を見つけます」(Mさん・29歳/エステティシャン)

 

4:失恋から立ち直るための言葉3つ

失恋から立ち直るために自分に言い聞かせたい言葉を3つまとめてみました。

(1)あの人は運命の人じゃなかった

どんなに悲しくても、「運命の人じゃなかったからだ」と言われたら何となくすんなり納得できませんか? もしも運命の人だったならばうまくいっていたはず。自分にとっての運命の人は別にいると思えば、この失恋も乗り越えられそうですよね。

(2)あの人に自分はもったいない

どうせ自分なんか……と卑屈にならずに、心の中で「あの人に自分はもったいなかった」とポジティブに開き直ってしまいましょう。

失恋すると自分を否定された気持ちになって落ち込んでしまうもの。だからこそ、あの人が自分の魅力に気づかなかっただけだと自分で自分を励ましてあげましょう。

(3)この経験は無駄じゃない

辛い失恋は確実に人を優しく、強くします。決して無駄な経験にはなりません。この経験は無駄じゃないと思えれば、少しだけ前向きな気持ちになれそうですね。

 

5:失恋から立ち直れず引きずる恋ばかりする女性の特徴と対処法3つ

最後に引きずる恋ばかりしていまう女性のために、その特徴&対処法をお届けします。

(1)毎回本気になってしまう

毎回彼に本気になってしまう女性は、うまく切り替えができず引きずってしまう傾向にあるようです。

本気になるのは悪いことではありません。ですが、いつまでも前の恋にしがみついていてはいけません。次にいけるよう自分で気持ちを切り替えましょう。

(2)タラレバばかり考えている

こうしていたら、こうしていればとタラレバばかり考えている女性も、失恋から立ち直るのに時間がかかってしまいがち。後悔が残っていると、次に進むのに時間がかかってしまいますよね。別れたあとに、タラレバも考えるのは厳禁です。

(3)恋愛に夢を見ている

現実を受け止め切れず、別れた原因と向き合えない女性も要注意。悲劇のヒロインキャラに慣れてしまってはいけません。しっかり現実を見つめて前を向くことが、早く立ち直る近道ですよ。

 

6:まとめ

どんなに時間がかかっても、絶対に立ち直ることはできるはず。気づかないうちに思い出さなくなっていたりと、徐々に忘れていくこともあるでしょう。

引きずらないためにも全力で恋をして、後悔のないように過ごしてみてはいかがでしょうか。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!