前髪が割れるのは薄いから?前髪が割れる原因と直し方5選

セットしたはずの前髪が割れるといった現象に悩まされている人はいませんか? セットした直後は整っていても、夕方には変な風に割れてしまって、見た目が悪くてテンションが落ちる……。そんな人のために今回は、前髪が割れる原因や直し方についてご紹介します。これで前髪の悩みから、おさらばしてしまいましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:前髪割れるのは男も女も悩んでいる…

前髪の雰囲気によって顔の印象も変わってきますよね。だからこそ、出かける前にはしっかりセットしていることでしょう。しかし、朝にはバッチリだった前髪が、夕方には割れてきてしまうということも……。

試しに「前髪が割れてきてしまって困ったことがある?」と筆者の友人に聞いてみたところ、「ある」と男女関係なく答えていました。前髪決まらない問題といいうのは、性別を超えた悩みなのかもしれません。

 

2:前髪割れるのは薄いから?前髪が割れる原因5つ

それでは早速、前髪が割れてきてしまう原因について見ていきましょう。居酒屋で知り合った人に、お話を聞いてみました。

(1)お風呂上がりに乾かさない

「自分の場合、お風呂上がりに髪の毛をすぐ乾かさないと、前髪の生え際のクセが出やすくなってしまいます。自然乾燥させると、クセが出やすいじゃないですか。だからお風呂上がりに油断して放置しておくと、そのままの形になっちゃうんです」(Tさん・28歳男性)

お風呂上がりはしっかりとドライヤーで乾かさないと前髪が割れる原因になってしまう様子。逆に、前髪が割れないように癖を直しながらドライヤーで乾かしていくと、調子がいいのだとか。

(2)皮脂が多い

「私の場合、夕方とかになって前髪が割れてきちゃうのは、前髪におでこの皮脂とか汗とかがついちゃうからなんです。髪の毛が湿るとクセが出やすくなるので……。だから、おでこに髪の毛があたらないように前髪を浮かせるようにしてセットしてます」(Uさん・28歳女性)

朝、髪の毛をバッチリセットしても、夕方あたりには前髪が割れてきてしまうという場合は、おでこの皮脂や汗が髪の毛に付着してしまうことが原因かもしれません。前髪を浮かせるようにしたり、カールするようにして髪の毛がおでこにあたる範囲を狭めると効果があるようです。

(3)つむじの位置

「僕はつむじが後頭部と前髪の生え際にふたつあるんです。このつむじがクセモノで、何をしても前髪が割れてきてしまう。だから、おしゃれな髪型とかは諦めてます」(Oさん・31歳男性)

つむじの位置によって前髪が割れてきてしまうということも。つむじの位置を変えることはできないため、前髪をバッチリセットしなくてもいいように、できるだけ短くしているそう。

(4)長年のクセ

「ずっと前髪を分けていたところでクセがついてしまっていて、髪型を変えたとき、すぐに昔の分け方になってしまうことがあります。でも、クセがついたっていうことは、今の髪型でも時間をかければきっと新しいクセをつくることができると信じて頑張ってます」(Kさん・29歳男性)

ずっと同じところで前髪を分ける場合、そこにクセがついてしまうことも。しかし、しばらくすれば直るということも。

(5)髪の毛が痛んでいる

「髪の毛が痛んでいると、思うようにまとまらないじゃないですか。だから、パサついてしまって、整髪料を使ってもうまくまとまってくれず、時間がたつと割れてきてしまいます」(Nさん・27歳女性)

髪の毛が痛んでいるというのも、前髪が割れてしまう原因のひとつのようです。お風呂上がりにヘアケア剤で保湿をしたり、保湿力の高いトリートメントで髪の毛のダメージをケアするように心がけるといいかもしれません。

 

3:前髪が割れるときの直し方5つ

今度は前髪が割れるときの直し方をご紹介します。みなさんに聞いてみました。

(1)根元を濡らす

「自分の場合はまず、根元を濡らして、クセをいったんリセットさせます。朝起きてヘアセットをするとき、髪の毛を濡らしてから始めるんですけど、それを割れた前髪だけで局部的に行うって感じです」(Mさん・28歳女性)

まずは前髪の割れてしまう部分の根元を濡らして、クセを取り除きましょう。前髪が割れてしまう原因は根元にある場合が多いので、毛先を濡らすよりも根元を濡らしたほうが効果的でしょう。

(2)癖を直しながら乾かす

「乾かす場合は、割れてしまう方向とは逆向きに髪の毛を引っ張りながら乾かします。そうすると、癖の向きとは違う方向に一時的なクセがついてくれるので、それで対応しています」(Mさん・28歳女性)

根元を濡らしたら、今度は割れてしまう向きとは逆方向に髪の毛を引っ張りながら乾かしましょう。癖を強制的に押さえ込むようなイメージ。これである程度は髪の毛をキープさせることができます。

(3)ヘアアイロンを使う

「ヘアアイロンを使うと、髪の毛の流れる方向のクセとかを矯正させることができると思うので、割れちゃったときはいですよね。私の場合は出先でもできるように、バッグの中に小さなヘアアイロンを忍ばせてます」(Mさん・26歳女性)

根元を濡らしてからドライヤーで乾かすというやり方よりもピンポイントでできるために手軽で、小さなヘアアイロンを持っていれば対応しやすいでしょう。

(4)スプレーでキープ

「髪の毛をキープさせるためにヘアスプレーを使うこともあります。前髪をセットするときとか、割れちゃった髪を直したらヘアスプレーを内側から根元めがけて吹きかけるんです」(Iさん・28歳女性)

髪の毛の上から吹きかけるのではなく、前髪が割れてしまう原因である生え際めがけて内側からスプレーするのがポイント。逆に毛先などは少量で仕上げて。

(5)ベビーパウダー

「私の場合、おでこの皮脂や汗が原因で前髪が割れてきちゃうので、ベビーパウダーを軽くおでこにつけて、肌をさらさらな状態に保つようにしてます」(Wさん・27歳女性)

おでこの皮脂や汗によって髪の毛が湿って割れてしまうという場合は、おでこにベビーパウダーをつけるという対策も。前髪が割れてくる前につけるか、直してからつけるのがコツです。

 

4:まとめ

今回は前髪が割れてしまう原因と直し方について、みなさんに聞いた話をご紹介しました。ほかにもヘアピンで留めて前髪分け目の癖をつけるという方法も効果的なのだそう。

もし、自分ではもうどうしようもないと思ったら美容室にいって相談してみることをおすすめします。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!