胸の成長はいつまで続く?胸が成長しない原因や胸の成長痛についても

女性の胸って、いつまで成長するものなのでしょうか。一般的には思春期と重なるようなイメージがありますが、中には20代でも成長痛を感じるほど大きくなったという人も……。そこで今回は、胸の成長がいつまで続くのかについてリサーチ。また胸が成長しない原因について、調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:胸の成長痛ってあるの?高校生だけでなく20代を過ぎた大人の成長痛の実態

思春期に胸の成長痛を経験した女性も多いのではないでしょうか。20代でも成長痛を感じることがあるのかどうか、医師の小田切ヨシカズさんに伺ってみました。

小田切:胸の成長というのは一般的に、初潮を迎える約1年前から4年間に渡って続くと言われています。その時期に胸が張るような痛みを感じたなら、それが成長痛でしょう。もちろん、人によって胸の成長の時期は違ってきます。まれに20代でも胸が成長する人がいるので、そういった人は成長痛を感じることもあるかもしれません。

 

2:胸の成長はいつまで続いた?それぞれの場合5つ

今度は胸の成長がいつまで続いたのか、居酒屋で知り合った女性にお話を聞いてみました。

(1)わからない

「まったくわからないです。なにせAカップなもので。いつ大きくなったのか、そしていつ成長が止まったのか、まったく覚えていません。むしろこれから大きくなるんじゃないかって期待している部分も……」(Eさん・26歳女性)

ちなみにEさんは「大きくならなかったのは、中高時代、部活で陸上をやってたからかなって思ってます。胸の大きな陸上選手ってあんまりいない気がします」と話していました。

(2)10代

「自分の場合は、高校生のときに胸の成長が止まったと思います。中1になって、スポーツブラをつけるようになったのですが、はじめのころは、ただ付けているって感じで、胸は膨らんでいなかったと思います。

それから徐々に大きくなっていって、高校2年生か3年生のころ、年齢で言えば17歳くらいの頃でストップしたはずです。とはいえ、今でも太ったりするとカップが上がったりはしますけど」(Rさん・27歳女性)

10代が胸の成長期だったという人はたくさんいました。10代半ばで成長痛を感じるくらい急激に大きくなっていき、20歳になるころには落ち着いてくるというのが一般的な様子。

(3)20代

「私の場合、人よりも成長が遅かったようで、23歳か24歳くらいまでは大きくなっていました。もちろん、20代に入って急激に成長することはないのですが、あるときブラがきついなって思ってカップを測り直したら大きくなっていて。気づいたら、少しずつ成長していたみたいな感じです」(Rさん・28歳女性)

胸の成長期は一般的に約4年間だそうですが、それ以降も成長が完全に止まってしまうというわけでもないようです。ちなみに、Rさんは「彼氏のおかげかも」と言っていました。揉まれると大きくなるという都市伝説を信じているようです。

(4)30代

「出産後に急激に胸が大きくなりました。10代のころに胸の成長は止まったのですが、妊娠と出産を経験したら、カップが3つもアップ。ママ友にも同じような経験をした人がいたので、珍しくない現象なのかなと思ってます」(Aさん・34歳女性)

彼女の場合、授乳期間だから胸が張るのだろうと思っていたそうですが、授乳期間が終わっても胸は戻らず大きくなったままだったのだとか。逆に、妊娠中から爆発的に胸が大きくなったものの、授乳を終えたら妊娠前よりも小さくなってしまったという人もいました。

(5)40代

「40代でも成長していました。というか、40代で成長したというほうが正しいかもしれません。20代、30代のころはサイズはキープされていたので。40歳になっていきなり大きくなりはじめたので、自分でも驚いています。

原因は何なのか自分でもわかっていません。変わったことといえば、健康のことを考えて野菜中心の食生活に変えたこと。キャベツを今まで以上に食べるようになったのですが、それが理由ですかね?」(Tさん・45歳女性)

Tさんは、妊娠と出産を20代後半と30代前半に経験済みなのだそう。そのとき胸の大きさは変わらなかったそうですが、40代になってから少しずつ大きくなっていったのだとか。「若いころに大きくなってもらいたかった」と言っていました。

 

3:いつまでたっても小さいまま…胸が成長しない原因3つ

今度は、胸が大きくならない原因をご紹介します。医師の小田切ヨシカズさんにお話を伺いました。

(1)ストレス

小田切:思春期にホルモンバランスを崩してしまうと、胸の成長に影響を与えてしまうこともあります。特に思春期は、厳しい部活動や試験などでストレスを感じやすい環境にありますから。

しかし、ストレスまったくを感じないというのは難しいので、発散する方法を見つけておくといいかもしれません。

(2)生活習慣の乱れ

小田切:ホルモンバランスを崩してしまう原因として、ストレスのほかにも、生活習慣の乱れが挙げられます。睡眠不足や不規則な食生活は自律神経を乱してしまいます。

規則正しい生活を心がければ、思春期の胸の成長にもひと役買ってくれるかもっしれません。

(3)無理なダイエット

小田切:成長期の無理なダイエットは、胸の成長にも大きく影響を与えます。栄養バランスが偏っていたり、皮下脂肪を必要以上に落としすぎて逆に胸が小さくなってしまうことも。

特に、成長期に無理なダイエットは禁物。栄養バランスを考えた食事と適度な運動を心がけましょう。

 

4:まとめ

一般的には胸が大きくなる時期は思春期ですが、思春期を過ぎたら完全に成長が止まる、ということでもないよう。

規則正しい生活と食事を心がけてバストアップマッサージを行ったり、大豆製品などを過不足なく取ったりすることで、バストアップに成功したという人もいました。ぜひ参考にしてみてください。

 

【取材協力】

小田切ヨシカズ・・・湘南育ちのサーファー医師。ワークライフバランス重視。現在、横浜の内科クリニックに勤務中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!