男の子の名前は何が人気?おしゃれで響きがいい男の子の名前ランキング

令和ベビーが続々と生まれていますが、今はどんな名前が人気なのでしょうか? 男の子の名前でいうと、今は漢字一文字で響きのいい名前や、古風な名前をつける人も増えているそう。そこで今回は、最新の男の子の名前ランキングや、珍しい男の子の漢字二文字の名前、また自然をイメージさせるおしゃれな男の子の名前もリストアップしました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:人気は何?最新の男の子の名前ランキングトップ10は?

令和ベビーが続々と生まれていますが、どんな男の子の名前が人気なのでしょうか?

日本中に存在する「名前情報」や「名前の由来」「字画情報」「字画診断」を専門家が独自研究・調査しているという名付け専門サイト「赤ちゃん名付け」の「2019年男女別夏にまつわる名前ランキング」を参考にして、ご紹介します。

第10位・・・和葵(かずき)

第9位・・・涼(りょう)

第8位・・・輝星(こうせい)

第7位・・・凛空(りく)

第6位・・・葵 (あおい)

第5位・・・碧海(あおと)

第4位・・・湊斗(みなと)

第3位・・・優空(まさあき)

第2位・・・陽翔(はると)

第1位・・・碧(あお)

多くの名前が、漢字のパッと見からは想像できないような読み方をしていますよね。漢字の本来の読み方よりも、漢字からイメージされる映像や音の響きの美しさなどを重視する人が増えているのかもしれません。

 

2:男の子の名前を一覧で見たい!漢字一文字で響きがいい男の子の名前5つ

漢字一文字で響きがいい男の子の名前には、どんなものがあるのでしょうか? 一覧にしてみました。

(1)輝(あきら)

「あきら」と読む男の子の名前は人気、昔からがあります。また「輝」いう字も人気が高く、他にも「ひかる」「てる」「きら」「こう」と読む場合もあります。将来が明るく光が差したものになりそうなイメージなので、名前につける人も多いのでしょう。

(2)凛(りん)

男女ともに人気の名前としてよく挙げられるものとして、「凛(りん)」があります。心が引き締まる様子を指した「凛とした」という言葉の印象からも、クールなイメージがあります。「誰にも阿らずに、自分の道を堂々と道を進んでほしい」のように名前の由来から、そう名付けているのかもしれませんね。

(3)蓮(れん)

植物の蓮(はす)という意味もあるこの名前。男の子の名前に人気があり、漫画『NANA』の登場人物に同じ名前の男性がいることから、男の子が生まれたらこの名前をつけたいという女性が増えたようです。

(4)澪(れお)

この「澪」という漢字は、本来、川や海の船が通行するのに適した水路という意味合いがあります。読み方はさまざまで、「れお」以外にも、「れい」や「みお」「しづく」「しずく」「りょう」「れな」と読む場合もあります。

男女問わず人気の漢字で、スマートな印象がありますよね。

(5)律(りつ)

「律」という漢字にはさまざまな意味があり、「法律」のような硬さや、「旋律」のように音を奏でる柔らかさなど、その解釈にも幅があります。

漢字の成り立ちに、人として進むべき正しい道が記されたものという意味があるので、「まっとうな人生を歩んでほしい」という気持ちが込められているのかもしれませんね。ちなみに、「りつ」以外に「りち」とも読むケースも多いようでです。

 

3:古風な名前も!珍しい男の子の漢字二文字の名前5つ

今どきの名前よりも、古風な名前が逆に珍しいとうことで、漢字二文字の男の子の名前も再び注目されています。そこで筆者周辺の女性たちに、好感をもった名前について、インタビューしてきました。

(1)瑛久(あきひさ)

「近所の男の子の名前が瑛久(あきひさ)くんなのですが、名前にピッタリの端正な顔立ちをしています。

“瑛”には“美しい玉”っていう意味があるらしく、玉のように美しく輝いている人になるように名付けたってその子のママが言っていました。古風だけど、かっこいい名前だなって思っています」(Cさん・25歳女性)

(2)明人(あきと)

「友人の次男が、明人(あきと)くんっていう名前で。由来を聞いてみると“何があっても明るい人になってほしい”という、ストレートでシンプルだけど、ちょっといいなって思いました。

実際、その子はすごく性格も明るくて、保育園でも人気者だそうです」( Yさん・27歳女性)

(3)瑛吉(えいきち)

「うちの子の名前は瑛吉(えいきち)です。名前の漢字は違うけど、由来は矢沢永吉から。何歳になってもかっこいい、矢沢永吉さんみたいな人になってほしいと思っていて、でも同じ漢字にするのはおこがましいかなと思って漢字は一文字変えました。

男の中の男っていうイメージの名前にしたかったんですよね」( Fさん・31歳男性)

(4)和臣(かずおみ)

「親戚の子供の名前が和臣(かずおみ)って言います。歴史的な人物に出てきそうな名前にしたくて、かなりこだわってつけたそうです。古風な日本っぽい名前にしたくて、漢字と響き、字画のいいものにしたんだとか。確かこんな名前の偉人を、歴史で習った気がします(笑)」(Hさん・25歳男性)

(5)亜門(あもん)

「友達の子供の名前が、亜門(あもん)って言います。ハーフの子で、将来的に日本国籍と海外の国籍のどちらを選んでもいいように、国際的な名前にしたかったらしいです。

由来としては、“アジアの門になるように視野を広く、世界を股にかける人になってほしい”とのこと。どこか古風だけど、印象に残る名前なので、一度聞くと忘れられませんよね」(Sさん・30歳男性)

 

4:自然をイメージさせるおしゃれな男の子の名前3つ

自然をイメージさせる男の子の名前をつけるなら、こんな名前も人気があります。

(1)柊(しゅう)

柊(ヒイラギ)は、晩秋~初冬にかけて花をつける、モクセイ科の常緑高木。冬の寒い時期でも立派に絶ち続ける木のように大きくなってほしいという意味を込めて、この名前をつける人も多いそう。響きもきれいですよね。

(2)颯 (はやて)

風が立つと書くことから、「颯」はさわやかな印象を与える漢字ですよね。「風」という漢字が入るとクールな印象を与えるので、男の子の名前によく使われます。またこの字は「はやて」以外にも、「そう」「かける」「そうや」「そら」「はやと」「はやた」とも読みます。

(3)渓(けい)

「渓」には、谷や細く繋がる谷川という意味があり、流れる水の音が聞こえてきそうな自然の美しさをイメージできる名前です。清らかな印象も与えられる名前ですよね。

 

6:子供の未来をイメージして

自分の子供に名前をつけるときにはどんな人になってほしいのか、子供の明るい未来をイメージして名前を考えてみてください。

人気のある漢字や響きの良いもの、歴史上の人物や有名人から連想して名前を選ぶのもおすすめです。どんな方向性で子供を育てたいのか、さまざまな面から考えてみたいですね。

 

【参考】

参考資料 無料 赤ちゃん名づけ

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!