自分が死ぬ夢の意味は?自分が死ぬ夢、親が死ぬ夢の「夢占い」10選

突然ですが、自分が死んでしまう夢を見たことがありますか? 死ぬ夢とひと口にいっても、自分の最期の瞬間を第三者の目線で見ているという状況もあるでしょうし、高いところから落ちてしまうような夢など、さまざまなパターンがありますよね。そこにはどんな意味があるのでしょうか。そこで今回は、自分が死ぬ夢をテーマにお送りします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:自分が死ぬ夢見たことある?人が死ぬ夢の意味は…

自分が死ぬ夢を見たなら、目覚めがいいものではありませんし、夢占い的に、悪い意味があったらイヤですよね。そこでどんな意味があるのか、占い師の草薙つむぐさんにお話を伺いました。

草薙:自分が死ぬ夢の意味というのは、夢占いの観点では、そう悪いものではありません。基本的には「過去の自分との決別」を意味します。要するに、今までの自分から生まれ変わるというもの。変わりたいと思っていた人からすると、チャンスの到来ということになります。

しかし、それが吉夢なのか凶夢なのかはその夢の中身次第。具体的にご説明します。

 

2:自分が死ぬ夢の意味5つ

それではさっそく、自分が死ぬ夢の具体的な意味についてみていきましょう。引き続き、草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)自分が死んでいた夢

草薙:夢の中で自分がすでに死んでいたという場合、自分と向き合う時期なのかもしれません。死体というのは、自分が排除したい人間関係を表していてこの人がいなくなったらいいなと思っている相手の象徴。つまり、夢で自分が死んでいるというのは、あなたがいなくなって欲しいのはあなた自身ということ。

もしかしたら潜在的に、自分のことを嫌っているのかもしれません。自分を好きになれないと周りの人とも距離を置いてしまうもの。自然と孤立していってしまいます。他人を信じられないという場合、まずは自分のことを好きになってみてください。この世の中であなたのことをいちばん好きになれる人は自分なのです。

(2)自分が死んで幽霊になる夢

草薙:自分が死んで幽霊になる夢というのは、自分の殻を破るチャンスを暗示しています。

幽霊になったのに前向きだったというなら吉夢の可能性大。しかし、思い残すことがあって悲しみにくれていたというのであれば、自分の過去を生産するときなのかも。

(3)自分が死んで生き返る夢

草薙:現実世界で一度失敗したことに対して、再チャレンジするチャンスが巡ってきているのかもしれません。例えば、縁が切れてしまった元恋人と偶然再会してやり直すことになったり、諦めていた目標を再び追えるような環境になったり。

生き返ったときに、何を思ったのかも重要です。気が重かったというのであれば、もう二度と経験したくないと思ったことを再び経験するのかもしれません。

(4)自分が病気で死ぬ夢

草薙:自分が病気で死んでしまう夢を見ることもあるでしょう。病気というのは、逃れられないものの暗示。簡単には解決しない問題を悩みを抱えているのかもしれません。もし現実逃避をしているなら、踏ん張りどころと心得て、自分と向き合ってみてください。

トラブルに立ち向かうことで運気が開けていくでしょう。

(5)自分が死ぬのが分かる夢

草薙:夢の中で死んではいないけれど、余命は長くないと悟っているという状況もあります。そういう場合、「どこか悪いのかも」と心配になってしまうかもしれませんが、そのようなことはまずありません。

実際には、勘が冴えている証拠。自分の死期が近いということを自分で理解できているということは自分のことを客観的に見れているから。こういう場合、物事をスムーズに進めることができます。

なので、何かにチャレンジしてみるといいかもしれません。

 

3:自分以外が死ぬ夢の意味5つ

今度は自分以外の人が死ぬ夢についてご紹介します。引き続き草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)親が死ぬ夢・親が死んで泣く夢

草薙:親が死ぬ夢は、自立を表すと考えられます。母親が死んでしまう場合は私生活での自立を、父親が死んでしまう場合は社会的な自立を意味します。

悲しくて泣いてしまうという場合、今現在、自立できない問題があるのかもしれませんが、それがいずれ解決して不安や悲しみから解放されるようになるのかもしれません。

(2)親以外の身内が亡くなる夢

草薙:親以外の身内が亡くなる夢についても触れていきましょう。例えば、兄というのは責任や威厳の象徴なので、兄が死ぬ夢を見た場合、後天的に芽生えた責任感が消えて本来のあなたが表面化されるという暗示。

弟は社交性や無邪気さの象徴で、姉はプライドや理想の高さ、妹は他人に甘えたい願望や依存心などを表すとされています。

(3)知らない人が死ぬ夢

草薙:知らない人が死ぬ夢という場合、変化や過去の自分との決別を表します。見知らぬ他人というのは、実は自分自身の象徴。自己投影した人物ということになるので、自分が死ぬ夢と意味は同じ。何かにチャレンジするチャンスかもしれません。

(4)好きな人が死ぬ夢

草薙:夢の中で好きな人が亡くなってしまうとき、どのように感じましたか? それが悲しかったのであれば、普段から好きな人と「離れたくない」と思っているのかもしれません。好きになればなるほど、逆に不安が募るもの。

あなたにとって、好きな人がそれほどかけがえのない存在になっていると解釈することができます。もし付き合っていないならアプローチを考えてもいいかもしれません。

しかし、現実での関係性が悪いという場合は、その人との別れを暗示している可能性もあります。

他の意味としては、好きな人に転機が訪れている暗示である場合もあります。例えば、関係性は良好なのに、恋人が死ぬ夢を見たのであれば、プロポーズを受けるなどのいい出来事の暗示かもしれません。

(5)赤ちゃんが死ぬ夢

草薙:赤ん坊というのは生まれ変わりや成長の象徴。そのため赤ちゃんがなくなる夢というのであれば、今のままでは成長できないと状態にあることを意味しています。

自分が置かれている状況や環境、自分自身の姿勢というものを振り返ってみましょう。心の整理整頓をすることで、新たな人生を始めることができるはず。

 

4:まとめ

基本的に、死ぬというのは、生まれ変わりや変化の象徴。なので、現状がつまらないと感じているのであれば、新しいことにチャレンジしてみるといいかもしれません。自分から変化を起こしていくと、運気が開けることでしょう。

 

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!