肩幅の平均は?男性・女性の肩幅平均と肩幅を狭くする方法5選

やっぱり、華奢でスリムな体型で、かわいく見せたい。しかし、お腹などの部分は、ダイエットで何とかなると思えても、肩幅については初めから諦めていませんか? 実は、難物のように思える肩幅も、工夫すれば何とかなっちゃうんです。そこで今回は、肩幅の平均サイズや、肩幅を狭く見せる方法などについて、見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:肩幅を狭くすることはできるの?

女性らしく華奢に見せたいとき、どうにも邪魔になってしまうのが広い肩幅。

狭くしようとしても、贅肉と違って骨格によるものなので、「お腹の脂肪とかは頑張って取れたとしても、肩幅だけはどうにもならないでしょ」と諦めている人がほとんどではないでしょうか。

ところが、肩幅の広さは骨格だけが原因とは言えません。二の腕に余分な脂肪がついてしまい、腕を下ろしたときに肩幅が広く見えてしまうことがあります。

また、肩甲骨を支える筋肉が衰えて骨格の位置がずれてしまい、肩甲骨が開いて肩幅がワイドになっているケースも。このふたつを改善するだけでも、違ってくるものです。

肩幅が広くて悩んでいるあなた。もう一度鏡を見て下さい。二の腕がふっくらとしていませんか?

 

2:肩幅45cmはデカイ?肩幅の平均サイズって?

(1)バイデルトイドの平均値を参考に

実際に、日本人の肩幅の平均サイズってどれくらいなのでしょうか。経済産業省がまとめた「主要寸法項目の年代別平均値」を見てみましょう。

この資料の中でも、肩幅については、「バイデルトイド」と呼ばれる値を参考にします。これは左右の上腕の三角筋の最も外側に突出した点を結ぶ直線距離を測った数値。つまり、見た目の肩幅の間隔を示しています。

平均を知ることで自分の肩幅がどのくらいの大きさなのかがわかり、肩幅を狭く見せる方法や、肩幅を狭く見せられるファッションの工夫を考えることができるようになるので、まずは自分の肩幅を計測してみましょう!

(2)女性の平均は40㎝!?

最初に、女性の肩幅について、年代ごとに平均値を見てみます。

20〜24歳歳・・・40.8㎝

25〜29歳歳・・・40.7㎝

30〜34歳歳・・・40.6㎝

35〜39歳歳・・・40.7㎝

40〜44歳歳・・・41.1㎝

45〜49歳歳・・・40.6㎝

50〜54歳歳・・・40.8㎝

55〜59歳歳・・・40.7㎝

60〜64歳歳・・・40.8㎝

65〜69歳歳・・・40.7㎝

70〜74歳歳・・・39.8㎝

75〜79歳歳・・・39.0㎝

高齢になると、狭くなるのがわかりますね。表によると、概ね40センチ程度が平均となります。

(3)45㎝だと男性並みの広さ!?

次に男性の平均値を見てみましょう。

20〜24歳・・・44.9㎝

25〜29歳・・・46.0㎝

30〜34歳・・・46.6㎝

35〜39歳・・・46.5㎝

40〜44歳・・・46.5㎝

45〜49歳・・・46.3㎝

50〜54歳・・・45.9㎝

54〜59歳・・・45.3㎝

60〜64歳・・・44.0㎝

65〜69歳・・・43.8㎝

70〜74歳・・・43.2㎝

75〜79歳・・・42.3㎝

男性は各年代とも、女性の値にプラス5センチが平均となるので、肩幅が45センチとなると、男性並みでかなり広いとみることができます。

一方、身長との関係ですが、男女とも骨格が関係するためか、身長が高いほど肩幅が広くなる傾向があるようです。

 

3:肩幅を狭くしたい!肩幅を狭くする・狭く見せる方法

「縦長シルエットのファッションを楽しみたい」「夏にノースリーブを着てみたい」など、広い肩幅は見た目だけではなく、ファッションにも影響してしまいます。

でも「肩の骨を削るなんて、できないよ~」などと諦めてはいけません。二の腕や肩甲骨が原因なら、それに合わせた対応策があるからです。肩幅ダイエットに取り組んで、華奢な女性になるように頑張りましょう! 以下に5点ほど、対応策を示してみました。

(1)ダンベルなどで筋肉トレーニング

二の腕を細くするには、筋肉を鍛えるトレーニングがいちばん。基本はダンベルですが、トレーニングマシンを使うのもおすすめ。ベンチや椅子に両手を置き、上半身を持ち上げてから下ろすことを繰り返すのも効果的です。

(2)肩をぐるぐる回すストレッチ

肩甲骨に関しては、肩甲骨周辺の筋肉にも刺激を与えてほぐす。肩甲骨ストレッチと言えますが、最も簡単なのが肩をぐるぐる回す運動。お風呂上りに行うと、筋肉がほぐれやすくなるのでより効果が大きくなるでしょう。

(3)整体も活用してみよう!

整体では肩幅を狭くする施術を行なっている場合もあります。ストレッチやエクササイズとあわせて、こうした施術を受けるのもオススメ。ただし、すぐに効果は出ないので、毎週一回など、定期的に通いましょう。猫背や骨盤の歪みの矯正など他の悩みも一緒に解決できます。

(4)リンパマッサージ

ダイエットでもおなじみとなっているリンパマッサージ。むくみをなくして、二の腕のほっそりさせるために行うのもいいでしょう。

(5)思い切って肩出しもアリ!?

ファッションの工夫も肩幅対策では重要です。肩幅が狭く見えるトップスとして、おすすめなのがVネック。そして「思い切って肩を出す」ファッションも意外に効果的です。

女性の場合、体型を隠そうとするファッションが少なくありません。ですが、見せたくない部分が目立って逆効果になることも……。例えば、ゆったりした服だと余計に肩幅が広く見えてしまう場合もあります。それなら、あえて堂々と出してしまった方が案外と目立たないものです。

 

4:まとめ

肩幅はダイエットで解決できないから……と諦めていませんでしたか? まずはどうして肩幅が広く見えてしまうのかについて、原因を追及していけば、改善方法は見つかるものですよ。

 

【参考】

経済産業省「主要寸法項目の年代別平均値」

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!