内省的とは?内省的な人の特徴5選…恋愛傾向もわかる!

「内省的」という言葉をご存じですか? もしかしたら、そもそも読み方がわからないという人もいるかもしれませんね。内省的とは、自分と向き合っている思慮深い人のこと。今回はそんな内省的な人の特徴をご紹介。合わせて、内省的な男性へのアプローチ法や、そもそも自分が内省的だと思う場合の恋愛のコツも見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:「内省的」とは

そもそも内省的って読めますか? 街の女性に聞いてみました。

「ないしょうてき?」(Yさん・21歳女性/学生)

そう読みたくなりますが、違います。

「ないこうてき?」(Rさん・22歳女性/キャバクラ嬢)

「内向的」と間違えているのかもしれませんね。正解は「ないせいてき」です。「内省」の意味を見てみましょう。

ないせい【内省】

[名](スル)
1 自分の考えや行動などを深くかえりみること。反省。「過去を内省する」
2 「内観(ないかん)」に同じ。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

これをふまえると、「内省的な人」とは、常に自分と向き合っている人、思慮深い人、自分に厳しくいられる人などのことを指します。いわゆる「ちゃんとしている人」だといえそうです。

 

2:内省的な人の特徴5つ

(1)ちゃんと考えてから行動する

内省的な人は、思慮深いことが多いので、軽率な行動をあまりしません。そのため大きな失敗をしてしまうことも少ないのですが、反対に、なかなか動き出さないというデメリットも。しかし、ひとたび動き出した場合は、最後までしっかりやりとげる傾向にあります。

(2)規則を遵守する

内省的な人は、世の中で定められた規則やルールを重んじます。それにあわせて「自分はどうなのか」と「内省」するからです。なので、たとえばゴミの分別が厳しい地域に引っ越してもしっかりと分別するし、口約束も約束としてきちんと遂行します。一方で、臨機応変な対応やアドリブに弱いという側面もあるようです。

(3)自己完結できる

内省的な人は「自己完結型の人間が多い」という意見もあります。要するに、恋人がいなくても自分ひとりで生きていける人が多いのです。人間関係のトラブルも苦手で「他人を頼らないと成立しないようなことにはそもそも手を出さない」という人もいます。

(4)過去を振り返って恥ずかしさに悶絶する

過去の失敗をいつまでも引きずってしまうというのも、内省的な人の特徴です。別の言い方をすると、気持ちの切り替えが苦手。中学時代の黒歴史や、失敗した告白などを、ふと思い出しては「なんていうことをしてしまったんだ~!」とめちゃめちゃ恥ずかしくなってしまうようです。

(5)責任感が強い

自分の行動や考えを省みているということは、それだけ自分に厳しいということ。しかし、失敗を極端に恐れるあまり、なかなか新しいことにチャレンジできない傾向もあるようです。

 

3:内省的な男性とうまく付き合う方法3つ

恋愛に詳しく、内省的だと自称する恋愛コラムニストの草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)ひとりの時間を作ってあげる

草薙:内省的な人は過去を振り返ったり、自分を省みる時間を必要としています。そのため、「いつも一緒」を求めるのではなく、定期的にひとりになれる環境をつくってあげましょう。

週末、暇なのにデートしてくれないというケースもあるかと思います。でも、彼はあなたと距離を置きたいのではなく、ひとりになっていろいろと考える時間がほしいだけ。そっとしておいてあげてください。

(2)内省的な性格を変えようとしない

草薙:内省的な人に対して、「うじうじ考えてないでやってみたら?」といったアドバイスはNG。「前向きに考えたほうがいいよ」とか「やってみてから考えなよ」というセリフは、内省的な人の人格を否定することにつながります。

内省的な人をみるとネガティブな印象を持つかもしれませんが、それはあなたの評価に過ぎません。内省的な人は、自分の性格のメリットを自覚しているもの。なので、相手の内省的な性格を変えようとするのではなく、受け入れることが大切です。

(3)アドバイスの言葉を選ぶ

草薙:内省的な性格のデメリットは、行動する前に考えて、結局何もしないことが多いということ。とはいえ、内省的な人は、そのこともしっかりと自覚しています。

そのため、何かアドバイスをしても、「そんなことはわかっている」となりがち。「やらずの後悔よりやっての後悔」などというありきたりなアドバイスもやめたほうがいいでしょう。もし背中を押ししてあげるなら、「チャレンジしている姿が見てみたい。私は応援してる」という感じでお願いします。

 

4:内省的な女性がうまく恋愛する方法3つ

引き続き、草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)共通の友達を味方につける

草薙:内省的な女性は男性にアプローチをかけるのが苦手な傾向にあります。「もしNGだったらどうしよう」などと考えすぎてしまうからです。

しかし、恋愛こそ、自らが動かなくてはなにも始まりません。共通の友人を味方につけ、気になる相手が自分のことをどう思っていると思うか、聞いてみましょう。客観的に、彼が自分に好意を持っているかどうかを判断してもらうのです。その結果を踏まえることによって、突破口を思いつきやすくなるでしょう。

(2)ありきたりな質問をしてみる

草薙:内省的な女性の多くは、男性とのコミュニケーションも苦手なはず。どんなことを話していいかすらわからないという人もいることでしょう。まずは、相手に対して「お仕事は何をしているんですか?」とか「趣味は?」とか「学生時代はどんな部活をしていました?」とか、「最近、どんな映画を見ました?」というありきたりな質問をしていきましょう。

定番の質問とはいえ、男性に質問をするのと、自分からまったく何も話題提供をしないのとでは大違いなのです。

(3)オーバーな相づちを打ち続ける

草薙:あとはちょっと大げさな相づちを身につけておけばOK。自分の好きな話になればひとりで盛り上がっていく男性も多いのです。しかも、「あの子、俺に気があるかも」とポジティブな勘違いをする傾向があります。そのため、男性の話を聞いてあげているだけで、恋愛に発展することも少なくありません。

 

5:韓国ドラマ「内省的なボス」とは

内省的といえば『内省的なボス』という韓国ドラマも有名です。内気で超人見知りの内省的な社長と、超社交的な女性社員という、対照的な性格のふたりによるオフィスラブコメです。

いきあたりばったり、感情の赴くままに突き進む、行動力抜群の彼女が、社長の心を溶かしていき、そして彼女のほうは、ピンチを救ってくれる社長の熟考された発想に惹かれていく……。お互いの不足している部分を補える関係って素敵♡と思えるドラマです。

 

6:まとめ

内省的や内向的な人というのは、ネガティブに受け取られることも多いかもしれません。しかし、内省的だからといって幸せを手に入れられなかったり、恋愛ができなかったりするわけではありません。性格のメリットとデメリットをしっかりと理解して、自分の得意なことを把握してみましょう。そして、自分とは真逆な人に目をむけてみるのもいいかもしれません。

内省的なボス』みたいなドラマの世界のように、ドラマチックな恋愛が待っているかもしれませんよ。

 

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!