むかつく上司の特徴と対処法!ムカつく上司に仕返しする方法は?

あなたの会社にはむかつく上司はいますか? 上司とうまくいかないと、仕事の効率も落ちるしストレスはたまるし、つらいですよね。今回は、そんなむかつく上司のタイプ別の特徴と、むかつく上司への対処法、さらに仕返しの方法などをまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:むかつく上司がいると仕事も進まない…

あなたは自分が働いている職場の環境に満足していますか? 職場環境といえば、会社の場所や設備、人間関係などさまざまありますが、いちばん影響が大きいのは、人間関係ではないでしょうか。特に上司とうまくいかなくて、いつもイライラと腹を立てていると、終わるはずの仕事も終わらなかったりしますよね。

ということで今回は、もっとも職場環境の質を下げるといっても過言ではない、むかつく上司のタイプ別特徴や、対処法をご紹介していきます。

 

2:【タイプ別】むかつく上司の特徴5つ

まずは、むかつく上司の特徴をタイプ別にみていきましょう。

(1)高圧的

とにかく上から目線で、高圧的な上司。威張り散らすのが自分の仕事だと勘違いしている人もいます。こういう上司のもとにいると、言いたいこともハッキリ言えず、ストレスが溜まってしまうことも。

(2)仕事ができない

仕事ができない、いわゆる「無能タイプ」と言われるような上司も困りものです。新しいツールやパソコンの操作などに追いつけない上司や、なぜ昇進できたのかわからないくらい物事の理解ができない上司などもいるかもしれません。

下手に仕事に手を出されると現場がかき乱されるので「そこで静かに座っててください」と言いたくなります。

(3)すぐに感情的になる

すぐに感情的になり、怒りを爆発させる上司もむかつくとの声が多いです。仕事とプライベートを公私混同してイライラしていたり、単に虫の居所が悪くて怒鳴り散らしたり。こういう上司の下にいるといつもビクビクすることになって、精神的な負担が大きくなってしまいます。

(4)責任転嫁する

自分の手柄は自分のもの、部下の手柄も自分のものというジャイアンタイプの上司もいます。こういう上司は自分の失敗を部下に押し付ける傾向もあり、本当に厄介です。「上司の仕事は責任を取ること」ということから逃げまくり、おいしいところだけ奪おうとするタイプです。

(5)説教好き

すぐにお説教をしてくる上司も困りますね。口癖は「こんなこともわからないのかね」でしょうか。一緒にお酒を飲みに行ったりした日には、ずっと説教を聞かされ続けるハメになりそうで憂鬱になります。

 

3:ムカつく上司潰す方法は?ムカつく上司への対処法5つ

(1)同じ土俵に上がらない

人が相手に対して怒りの感情を覚えるのは、同じレベルの人間だと思うからだと言われます。例えば、上司が5歳児だと考えてみたらどうでしょう? わめき騒いでいても「まぁ、子供だからな」と思いますよね。そこで、上司を子供または面白い動物キャラに変換してみては? またゴリラがウホウホ言ってるよ……と思えれば、ちょっと笑えてきて、むかつく気持ちも多少は収まるかもしれません。

(2)仕事以外でストレス発散する

会社で上司に腹が立ったとしても、しょせんは会社を出たら他人です。仕事場のイヤな気持ちをプライベートまで引きずってしまうのは時間の無駄。ストレスが溜まったのなら、仕事以外で発散して楽しく過ごすことを考えましょう。

(3)離れて反面教師にする

むかつく上司となるべく距離を取るという選択肢もあります。最低限の会話以外はメールで済ませたり、なるべく目を合わさないようにしたり。それでもダメなら、反面教師として役に立ってもらうのも良いかもしれません。自分が部下に対してどういう行動をとると嫌われるのかを学ぶ手本にするのです。

(4)専門家に相談する

むかつく上司の中でも、モラハラやセクハラをしてくるような上司は野放しにしておかないほうがいいでしょう。とはいえ、個人で訴えを起こしたりするのはかなり大変。まずは人事部の人や産業カウンセラーなどに相談してみましょう。

(5)転職する

上司とどうしても馬が合わず、会社に行くのが苦痛になるほどなら、あなた自身がその場所から離れる方法もあります。会社内で他の部署に異動をお願いするか、転職も視野にいれてみてはいかがでしょう? いつでも離れられるという気持ちになるだけでも、精神的に楽になりますよ。

 

4:ムカつく上司に仕返しする方法3つ

ムカつく上司にどうにかして仕返しする方法はあるのでしょうか?

(1)上司より出世する

威張っている上司にとっていちばんイヤなことは、部下が自分より出世することでしょう。ムカつく相手のことは放っておいて、とにかく上に行くことだけを考えてみましょう。

(2)さらに上の人を味方につける

上司が社長の場合は別ですが、基本的には上司にも上司がいるはず。会社全体のイベントのときなどの、社内の人と話せる機会に、そういう相手を味方につけておきましょう。何かあればその人を通してお説教してもらえるくらいに懇意になれると良いですね。

(3)助けない

上司が窮地に陥っているときに助けないというのも仕返しになるでしょう。忙しくて目が回りそうと言っている上司を放置してみるなど……。ただし、その上司が責任をあなたに押し付けてくるかもしれないので、やりすぎないようにしたほうがよさそうです。

 

5:ムカつく上司はスルーがいちばん?

ムカつく上司はどこの会社に行ってもいます。そういう人をまともに相手していたら、心が擦り減ってしまいます。できる限りスルーして、自分の仕事だけに集中し、自分はどんどんキャリアアップしていく……というのが、相手にとっていちばんの仕返しかもしれませんよ。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!